都内沿線 パワスポ巡りの旅

TOP > パワースポット > 都内沿線パワスポ巡りの旅 > 山手線編 第2回 「東京カテドラル聖マリア大聖堂」(目白)
「都内沿線パワスポ巡りの旅 山手線編 第2回 東京カテドラル聖マリア大聖堂(目白)」についてつぶやく →
都内沿線パワスポ巡りの旅
第2回 「東京カテドラル聖マリア大聖堂」(目白)

[前半] からの続き

山手線沿線の旅ということで、「目白駅」から向かうのですが、徒歩だと 30分と少々遠いので、今回はバスを利用しました。
「椿山荘前」で降りれば、バス停の目の前が東京カテドラル教会です。

私が訪れた時は、何かイベントがあったようで敷地内にはほとんど人がおらず、少し離れたホールと思しきところから賑やかな声がしていました。
私はそこまで入ることができませんでしたが、運動会か何かだったのでしょうか?

肝心の「ルルドの洞窟」は、正門から道なりに進んだ先、駐車場の奥にあります。

なんでも、この教会のつくりは、西洋の教会のように敷地に入ってすぐ直接教会に入るのではなく、一旦、敷地内奥の「ルルドの洞窟」に向かって進んでいき、それから転回するように階段を上って聖堂に至るようになっているんだとか。

この構造は、まず鳥居や山門をくぐり、参道を歩きながら神聖な空気を感じ、少しずつ気持ちや心身の状態を整え、それから「本尊」に至る、という日本の伝統的な手法を用いたものなんだそうです。

その場のエネルギーが聖性を生み出していることに加え、こうして神聖さを生み出す「構造」にもなっているのですね。

早速、ルルドの洞窟へ…

私は、こういうところでの作法にはあまり詳しくないので、とりあえず手を組んで取材のことをお祈りした後、頭を下げてから撮影。

上の写真では照り返しでよく見えませんが、右上にルルドに現れたというマリア様の像が置いてあります。
(出現の目撃者曰く「ちっとも似てない」そうですが……受け取り方には個人差があるのでしょう。)

≪ マリア様からの言葉が刻まれた石碑 ≫

また、洞窟の横には、ルルドの泉ができたときにマリア様が言ったとされるお言葉が刻まれた石があります。
少々見づらいですが、「泉に ゆきて 飲み 且つ 洗へよ」と書いてあります。

実際に見てみると結構こじんまりとしています。
また、オリジナルとは違って、この近辺に水の出る場所はありませんでした…

タイミングの問題もあるのでしょうが、非常に静かで落ち着いた場所でした。
この静かな場所でゆっくりしていると、時間を忘れそうな心地良さがあります。
果たしてマリア様のエネルギーが満ちているのかどうか……「気」やエネルギー的なことはよく分かりませんが、感じたとしたら「包み込まれるような」優しい気持ちでしょうか。
聖母の大きな愛のエネルギーとは、こういうものなのかもしれません……深いです。

信心のある方は一度巡礼してみてはどうでしょうか?

ただ、屋外にあるので、熱中症には十分気を付けてください。……[次回 に続く]

アクセス情報

電車 …… JR 山手線「目白」駅より5番「新宿駅西口」行き都営バス乗車、
もしくは、JR 山手線「新宿」駅より「練馬車庫」行き都営バス乗車
いずれも「椿山荘(関口三丁目)」下車 徒歩1分

東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅、出口 1a、1b より徒歩 15分。
東京メトロ有楽町線「護国寺」駅6番出口より徒歩 10分

※ 駐車場あり(混雑する場合があるので、電車などの公共の交通機関のご利用をオススメ)
お問い合わせ先
東京カテドラル 関口教会聖マリア大聖堂 オフィシャルサイト
〒112-0014
  東京都文京区関口 3-16-15
TEL:03-3941-3029
FAX:03-3941-1902
9:00~17:00(12:00~13:00 を除く)無休
入場は無料です。

ライター紹介
ライター:コウ
この取材を行うまで、パワースポットブームがあったことすら知りませんでした。 「スピリチュアル」と聞いて思い浮かぶのは、ネット上で聞きかじった都市伝説的な簡単な呪いや、少しだけ使ったことのあるタロットカードくらい。 それ以上踏み込んだものはほとんど知りませんが、今回ご縁があって取材をさせていただくことになりました。 皆様に良い情報が伝えられるよう、頑張って取材してきたいと思います!(ライター:コウ)
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-