特集・コラム


大野 百合子

第6回 「時間を冒険する! ~What is "time"?」
時間が伸び縮みする?

円形劇場に住みついた不思議な女の子モモは人のお話を聞くのが大得意。 モモと話すと皆、なんだか楽しくなってくる。 新しい遊びも思いつく。 そんな町に灰色の男たちが徘徊し始め、子供も大人もゆとりを失っていく。 ミヒャエル・エンデ作「モモ」の物語はこんな風に始まります。 灰色の男たちは時間泥棒。 灰色の男たちから時間を取り戻すために、モモは「どこでもない場所」に行き、時を司るマイスター・ホラに、時の源を見せてもらいます。 今日は「時間」のお話。

つまらないことやしんどいことをしている時の時間は、時計を見てもちっとも針はすすまない。 逆に大好きなことに没頭している時や、みんなとわいわい夢中で楽しんでいる時は、あっという間に時間がたってしまいます。 まるで、時間は延びたり縮んだりする、パンツのゴムみたい。

時間については先人たちが、その正体を解き明かそうとしてきました。

24時間きちんと等間隔で刻まれる万人に共通の時間は「ニュートン時間」、伸び縮みする主観的な時間は「ベルクソン時間」と呼ばれています。 アンリ・ベルクソンは「時間と自由」という論文の中で、時間という本来分割できないものを、空間的、つまり等質で独立した数えられるものに無理やり分けてしまったから誤解が生じたのだと批判しました。 時間を音楽にたとえるなら、過去と現在を各々一つの♪としてとらえるのではなく、すべてが融けあったシンフォニーとしてとらえるべきだ、つまり時間というものは、過去も現在も一つに融合した「持続」であると。

ニュートンは、進化を刻む肉体の時間──ミクロの時間、ベルクソンは永遠不変の魂の時間──マクロの時間を表現していると言えるでしょう。 私たち人間はそのミクロとマクロが創りだす砂時計のど真ん中で生きているのです。

- page -
1
2 「過去も現在も、未来さえもここに。」
3
大野 百合子 PROFILE
神戸女学院大学英文科卒業。日本航空勤務後、同社と筑波大学との共同研究によるレジャーライフセミナーのカウンセラーとなる。
同時期、旧文部省の JET プログラムで来日した外国人教師の通訳に従事。1993年より、心理学、精神世界関連の通訳・翻訳に従事する傍ら、放送大学を卒業。専攻科目は「発達と教育」、卒論のテーマは「シャーマニズムと癒し」。14年間、通訳・翻訳を通してゲリー氏をサポート。以来、様々な叡智についてゲリー氏や他のスピリチュアルティーチャーから学ぶ。
自身も幼少の頃から神秘体験を数多く体験。その体験と自身の学びを統合した講演、ワークショップ、前世療法を中心とした統合セラピーを扱う個人セッションを行うとともに、執筆、翻訳、通訳、イラストライティングなど幅広い分野で活躍中。

PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-