特集・コラム


薬師寺 一彦

■ 彫刻家 薬師寺 一彦 (Kazuhiko YAKUSHIIJI)
1968年大阪生まれ。1996年よりガラスやアクリル等の透明な素材を用いて、イルカやクジラ等の海棲哺乳類をテーマとした彫刻作品の創作を開始。 2002年より沖縄美ら海水族館で暮らす尾びれを失ったイルカ “フジ” のために、ブリヂストン社と共に世界初の試みである「人工尾びれ製作プロジェクト」に参加。2006年、ネイティブアメリカン、ホピ族の長老との運命的な出会いから新たにシルバー素材のジュエリーを手がける。現在個展を中心に活動をしている。
アーティスト名の「HARAKARA(はらから)」は、日本の古語で「仲間・兄弟」という意味。
第9回 「写真家、星野道夫さんとトーテムポール」
薬師寺さんの彫刻作品の中に、ちょっと不思議なトーテムポールの作品がある。空中に小さい赤ちゃんが浮いている。 アラスカを撮り続けた写真家、故・星野道夫さんに捧げるトーテムポールの作品だという。
── このトーテムポールはどういった作品でしょうか?
アラスカを撮り続けた写真家の故・星野道夫さんに捧げる作品として創り上げたものです。
実は、星野さんが亡くなられる直前、まだ、駆け出しの彫刻家の私は、
彼から励ましの言葉をもらったことがありました。

ジャンルが写真と彫刻と違えど、
尊敬する目標のアーティストだった星野さん。
彼が亡くなったと聞き、一時期は、彼のエッセイを読めない時もありました。
しかし、月日が経ち、“アラスカに行きたい” という思いが湧き上がり、
彼のエッセイを読み返すようになりました。

エッセイの中に、歴史の中から忘れ去られたように、ひっそりと朽ちるままに存在するトーテムポールを、星野さんが探すくだりがありました。
故・星野道夫さんに捧げるトーテムポール。創作途中段階
故・星野道夫さんに捧げる
トーテムポール・創作途中段階
そこには、お墓となるトーテムポールがあり、長い年月の間、木々の種子がポールに舞い降り、人の養分も吸収し、新たな木として育つ姿が描かれていました。
読んでいて、なんだか、このポールが星野さんの生き様を表しているような気がして、いつしか、このポールをイメージした星野さんに捧げる作品を創り始めました。
── 実際にそのトーテムポールを見にいらしたのですか?
はい。
実際にエッセイの中で、描かれているそのポールをこの目で見るまでは、ずっと完成させることが出来ませんでした。
故・星野道夫さんに捧げるトーテムポール。アラスカの写真をバックに作品を展示
故・星野道夫さんに捧げるトーテムポール
アラスカの写真をバックに、作品を展示。
バンクーバーから、小型機で、小さな村に移動し、泊まり、そこから、チャータの水上飛行機に乗り換え、ローズハーバーというさらに小さなキャンプ地へ、そして更にそこをベースに、ボートで約1時間行ったところに、その小さな島はありました。

“遠かった” と思いつつも、森を抜けたところに存在した実物のトーテムポールに出会った瞬間、そんな疲れは吹き飛びました。

実は、ここに来たかった理由がもう1つありました。
ここのトーテムポールの内、大きく立派なものは、バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学内の人類学博物館の中庭に移設されていました。
以前、その博物館を訪れた時、そのトーテムポールに近づくにつれ、このポールに以前出会ったような感じがしました。
一歩一歩近づくにつれ、自分がカヌーを降り、足を海につけ、貝殻や小石を踏みしめながら、島に上陸しているイメージというか、まるでデジャブのような感覚に陥りました。
薬師寺さんとトーテムポール
薬師寺さんとトーテムポール
そのポールが元々立っていたのが、星野さんのエッセイの中のこの島だと知ったのは、ずっと後のことでした。
そして、あのポールが元々立っていたのが、この浜辺だったんです。
感動的な、どこか懐かしいような、幸せな時間でした。
ポール達ともじっくりと向き合うことができ、そうして、作品を完成することができました。
── 上に浮いている小さな赤ちゃんみたいなのは?
それは、“ミチオくん” って僕が勝手に呼んでいるんですけど。
── 星野さんご自身なのですね。
星野さんをイメージして彫りました。
トーテムポールの柄も自分で考えました。
カナダ、アラスカの先住民の文化的な色合いの濃いトーテムポールを日本人の私がテーマとして創っていいものかと悩んだこともありましたが、出来る限り真剣に取り組みました。
紋様も星野さんをイメージして、デザインしました。
アラスカにて
アラスカにて
一番下にクマが座り、そのクマの膝の間に人間が守られているように座り、クマの耳の中には、フクロウ達がいて、その上にワタリガラスとオオカミ、そして、生まれ変わりを司る精霊がいます。

そして最後にポールの裏側を磨き上げ、透明にしました。
その透明な部分から作品を眺めた時に、創って良かったと思えてきました。
まるで、ポールの中に入り込んだような感覚がしたからです。
あの村で出会ったお墓のトーテムポールのもう一つの顔を表現出来た気がしたからです。
“私にしか創れないものになったな” と、その瞬間ようやく思うことができました。
この作品を一度アラスカに持って行くつもりです。
そして、その後、星野さんの奥様の直子さんに差し上げる約束をしています。
故・星野道夫さんに捧げるトーテムポール
故・星野道夫さんに捧げるトーテムポール
── 赤ちゃんは、再び生まれ変わる時を静かに待つ星野さんの魂なのですね。 清らかで力強い、美しい作品です。
写真家、星野道夫さん公式サイト
故・星野道夫さんに捧げるトーテムポール
裏側から撮影されたトーテムポール
次号 最終回 「大切な仲間 ~HARAKARA~」 へ続く
アーティスト名 「HARAKARA」 の意味、そこに込められた思いを伺いました。
★ 薬師寺ジュエリーの最新情報もお届します ★

PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-