特集・コラム


薬師寺 一彦

■ 彫刻家 薬師寺 一彦 (Kazuhiko YAKUSHIIJI)
1968年大阪生まれ。1996年よりガラスやアクリル等の透明な素材を用いて、イルカやクジラ等の海棲哺乳類をテーマとした彫刻作品の創作を開始。 2002年より沖縄美ら海水族館で暮らす尾びれを失ったイルカ “フジ” のために、ブリヂストン社と共に世界初の試みである「人工尾びれ製作プロジェクト」に参加。2006年、ネイティブアメリカン、ホピ族の長老との運命的な出会いから新たにシルバー素材のジュエリーを手がける。現在個展を中心に活動をしている。
アーティスト名の「HARAKARA(はらから)」は、日本の古語で「仲間・兄弟」という意味。
第8回 「ネイティブアメリカン、ホピの長老との出会い」
イルカやクジラのアクリル彫刻作品を生み出す中で、ジュエリーの制作も手がけるようになった薬師寺さん。 そのきっかけもまた、水と関わる大切な出会いからでした。 ネイティブアメリカンのホピ族の水の長老、ルーベンさんとの出会いです。
── アクリル彫刻だけでなく、シルバーのジュエリーも創っておられますが、創り始めたきっかけはあったのでしょうか?
ネイティブアメリカン、ホピ族の長老であるルーベンがフジの人工尾びれの話に感動してくれ、私にジュエリーを贈りたいと言ってくれたのがきっかけでした。
当時、アクリルのオブジェしか創っていなかった私は、彼のその申し出に、私もジュエリーを創り、交換しようという約束を交わしました。
── ルーベンさんとはどのような経緯で出会ったのでしょうか?
「ホピの土地を訪れたい!」という思いが突き上げてきて、セドナへ行きました。
ホピ族は、セドナから更に車で5時間ほど行ったところにあります。

セドナでガイドをしている日本人の女性に 「若い水の部族の長老がいるので、会わせたい」 と言われて、紹介してもらいました。
彼はホピの、水に対する思いを語って聞かせてくれました。
人の生死と水の循環が重なるホピの生命観についてや、彼が中心となって行ったホピの水を守る活動についてなど、様々な話を聞きました。
セドナ滞在中の薬師寺さん
セドナ滞在中の薬師寺さん
── お会いになっていかがでしたか?
フジに出会った時、鍵穴に鍵をカチャッと入れて “カチッ” と音がした感じがしたんですが、同じように、ルーベンに会ったときも、“カチッ” と音がしたような気がしました。
「俺、彼と一生付き合う仲になるな」 と直感しました。
ルーベンも僕と同じ作家で、同じ年齢。
僕に足らないものを持っているのがわかりました。
また、彼に足らないものを僕が持っているのも。
遠く離れた地に住まう兄弟のような。

彼とはいつの日か二人で展覧会をしようと話をしています。 ルーベンの作品の価値をもっとわかってもらいたいのです。
カセドラルロック(セドナ)
カセドラルロック(セドナ)
普通にセドナとかに卸したら、そんなに高く売れないんですよね。

でも、ルーベンが思っている以上に、ずっと素晴らしい作品なんです。
バックボーンがわかる展示をするべきだと思っています。
描かれている紋章の意味や、どういう思いで創られているのかを、わかってもらいたいです。

それこそ、将来は美術館とかで飾るべきものだと僕は思っています。
僕もそうならなあかんと思うし。
ホピの風景
ホピの風景
僕は、いつもルーベンに、
「“アメリカの宝” と言われる作家になってくれ、俺もそうなるから」 と言っています。
お互い頑張ろうという話をいつもしています。
── ルーベンさんにはどのようなジュエリーを贈られたのですか?
ルーベンは、もともと、イルカの “フジ” の名前の “富士” にとても惹かれていたんです。
ちょうど、私が訪れる前に、何度も富士山の夢を見ていたらしいのです。
数年後、ルーベンは富士山にも登りましたし、昨年は、私も一緒に富士山の見える水の綺麗な忍野八海を旅しました。
太鼓を叩くルーベンさんと子供たちのイーグルダンス
太鼓を叩くルーベンさんと子供たちのイーグルダンス
その時に私の作品は彼に手渡すことができました。
彼が僕に渡す作品は、僕が次回セドナを訪れた時にもらうという約束になっています。
── 富士の樹海には、龍のエネルギーがあるという話を聞いたことがありますが。
富士山自体がそういうイメージがありますね。

僕が足の手術をした時、たまたま友人がセドナとホピを訪れ、ルーベンに私の足の話をしたらしいんです。
そうしたら、ルーベンが儀式で使う大切なイーグルの羽を友人に預け、私に届けてくれたんです。
ホピのサンセット
ホピのサンセット
イーグルの羽をもらってから、しばらくして、ルーベンが日本にやってきて、共に旅をした時に、その時儀式に用いていたコンドルの羽を私に手渡し、
「この羽もカズがもっててくれ」 と言われました。

彼らの言い伝えでは、2つの羽が揃うことが重要で、イーグルが “マインド”、コンドルが “ハート” を表すらしいのです。

“こんな大切なものを私が持っていても…” と思ったのですが、これにも意味があるだろうと、大切に預かり、時折、祈りに用いています。
ルーベンさんが創るジュエリーの工程
ルーベンさんが創るジュエリーの工程
一昨年、ホピの中で平和の祭典という儀式があったんです。
ホピは、ネイティブアメリカンの中で、戦いをしてこなかった部族で、一目置かれているというか、みんなが尊敬しているんですね。
だから、他の部族の長老とか、沖縄からもシャーマンの人が参加して、大々的に儀式をしたらしいんです。
ただ、ホピの中にも保守派と進歩派がいて、ルーベンは進歩派なんですけど、色々と大変だったと聞いています。
その時にすごくつらく、自分の中にある怒りを手放したいと思ったそうです。
薬師寺さんの蓮のジュエリー
薬師寺さんの蓮のジュエリー
たまたまその祭典に日本のお坊さんが参加されていて、そのお坊さんから小さい仏像をもらったそうです。
ルーベンはその仏像を大切にしていて、
「お経を唱えると “スッ” とする」と言っていました。

僕は “不思議だな” と思うんです。
日本人が羽でお祈りして、ネイティブアメリカンがお経を唱えているのって、変やけど、なんか素晴らしいような気がしています。
実は今、考えていることがあって、小さい屋久杉の玉を持っているんですけど、それに仏さんを彫ってルーベンにあげようと思っています。

羽のお礼じゃないけど、アクリルで創ろうと思っているものの、ミニチュアみたいなのを創って渡したいです。
ルーベンさんにもらった羽で祈る薬師寺さん
ルーベンさんにもらった羽で祈る
薬師寺さん(龍神村にて)
この先も彼とどんな旅をするのか、そして、そこからどんな作品が生まれるのか、楽しみでなりません。
日本で再会した薬師寺さんとルーベンさん

PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-