特集・コラム


薬師寺 一彦

■ 彫刻家 薬師寺 一彦 (Kazuhiko YAKUSHIIJI)
1968年大阪生まれ。1996年よりガラスやアクリル等の透明な素材を用いて、イルカやクジラ等の海棲哺乳類をテーマとした彫刻作品の創作を開始。 2002年より沖縄美ら海水族館で暮らす尾びれを失ったイルカ “フジ” のために、ブリヂストン社と共に世界初の試みである「人工尾びれ製作プロジェクト」に参加。2006年、ネイティブアメリカン、ホピ族の長老との運命的な出会いから新たにシルバー素材のジュエリーを手がける。現在個展を中心に活動をしている。
アーティスト名の「HARAKARA(はらから)」は、日本の古語で「仲間・兄弟」という意味。
第7回 「仏さんの絵ばかり描いていた子供時代」
イルカとの出会いから彫刻家となり、フジと出会い、人工尾びれを創った薬師寺さん。
出会いから作品が生まれ、作品から次の出会いが生まれています。
イルカやクジラの作品の次は、薬師寺さんの世界はどこへ広がっていくのか…。
── 薬師寺さんの次の個展の予定など教えてください。
個展は年に2~3回くらい開催します。次回の個展は夏に名古屋、秋に大阪で開催を予定しています。

秋の大阪では、現代アートのギャラリーを借りていまして、インスタレーションの展示をします。
2スペースあるので、大きいほうのスペースに、ジェエリーをインスタレーション的に飾り、蓮と龍のアクリルのオブジェを創り、幻想的な空間を創り上げたいです。
小さいほうの部屋で、僕が三月に海で泳ぐので、その写真を紹介できたらと思っています。
蓮のブレスレット
蓮のブレスレット
── 今後はどんな作品を創っていかれますか?
ジュエリーを創るようになったり、色んな人と出会ったりする中で、もっと突っ込んだものを創りたいなと思っています。
今創っているイルカやクジラは、目の前にある世界のものなのですが、そのもう一つ奥みたいなのを創りたい。
それから、その前に、龍と蓮と、あと仏さんも彫りたいんです。
── もっと突っ込んだイルカやクジラの作品、とても楽しみです。それから、龍や蓮はすでにモチーフとなっていますが、新たに仏様を彫るということですが、これはどうしてでしょうか?
僕は、子供のころから、仏さんの絵ばっかり描いていた子供で、小学校3年生くらいの自由ノートとかに何体描いたかわからないくらい観音様を描いていました。
龍&クリスタル
龍&クリスタル
ある雪の降る日に、「仁王さんが描きたい」と父親に無理を言って、お寺に連れて行ってもらったこともありました。
うちのお墓があるお寺が国宝のお寺で、そこのお寺の山門の仁王門がすごく良くて、そこへ連れて行ってもらいました。
父親は車で待っているんですけど、僕は雪の中で仁王さんを描いていた思い出があるんです。
── 仏様を描きたいとか、彫りたいと思ったのは、何かきっかけがあったのですか?
いえ、妙に創りたかったんです。
ただ、彫りたかった。
僕、前世があるとしたら、たぶん昔彫っていたと思うんです。

高校3年生の時に、仏師になりたいと思って、友達にそれを言ったら、
MIZU-TAMA・水魂
MIZU-TAMA・水魂
「薬師寺がおかしくなった、武士になるとか言うてる」
「薬師寺だったらやりかねん」
とか言われて(笑)
「違う、仏さんを彫るんや」って言って。

ただ、前にお話したように、父親が倒れたので、父親の家業を手伝わなくちゃいけなくて。
「仏さんを彫りたい」という思いは、心の中の宝箱にしまっていたんです。

今、無性に仏さんをアクリルで創りたいんです。
2つイメージがあるので、それを創ろうと思っています。
龍紋章&サンストーン
龍紋章&サンストーン

PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-