特集・コラム


薬師寺 一彦

■ 彫刻家 薬師寺 一彦 (Kazuhiko YAKUSHIIJI)
1968年大阪生まれ。1996年よりガラスやアクリル等の透明な素材を用いて、イルカやクジラ等の海棲哺乳類をテーマとした彫刻作品の創作を開始。 2002年より沖縄美ら海水族館で暮らす尾びれを失ったイルカ “フジ” のために、ブリヂストン社と共に世界初の試みである「人工尾びれ製作プロジェクト」に参加。2006年、ネイティブアメリカン、ホピ族の長老との運命的な出会いから新たにシルバー素材のジュエリーを手がける。現在個展を中心に活動をしている。
アーティスト名の「HARAKARA(はらから)」は、日本の古語で「仲間・兄弟」という意味。
第6回 「フジの尾びれと薬師寺さんの尾びれ」
2008年夏、まったく身に覚えのない中、どこからか侵入した菌が原因で、最悪の場合、手術で右足を切断することも考えて下さいと言われるような手術をしました。
── フジは、尾びれが急速に壊死するという非常に稀な病気にかかり、尾びれの75%を失いましたが、薬師寺さんもまた、2008年、突然に足に菌が入り、手術をされたと伺いました。どのような体験だったのでしょうか?
まったく思い当たるふしがない中、突然右足の激痛に襲われました。 病院にも行きましたし、鍼灸治療もしたのですが、痛みは増すばかりで、友人に勧められ、もう一度大きな病院で検査をしたところ、緊急入院・緊急手術となったのです。 手術直前だけでなく、入院中もずっと「右足の切断があり得るから」と先生から言われつつ、一ヶ月弱の入院生活をしました。
フジとモノフィンで泳ぐ薬師寺さん
フジとモノフィンで泳ぐ薬師寺さん
まったく動くことができない生活に、フジもこんな気持ちだったのかと考えさせられました。 幸い足を失うことなく退院できました。
── 切断にならなくて、本当に良かったですね。でも、不思議な体験ですね。
退院から2ヶ月して、思い立ったように奈良県の大神神社(オオミワジンジャ)に行きたくなったんです。 そして、まだ足をひきずりつつでしたが、三輪山に登らせて頂きました。 本当にゆっくりではありましたが、ただただ、自分の足で歩けることに感謝しながらの道のりでした。
薬師寺さんが作った美しい尾びれをつけて泳ぐフジ
薬師寺さんが作った美しい尾びれをつけて泳ぐフジ
── フジも人工尾びれをつけて、ジャンプが出来るようになった時、同じように思ったのかも知れないですね。
そして、その道中に “フジの尾びれを改造して、自分用のモノフィンを創ろう!” そして、“そのフィンでもって、もう一度イルカやクジラと対等に泳ごう” という思いが湧き上がってきました。

もともと、フジの人工尾びれを創り上げた直後、そのフィンを創ろうと考えてはいたのですが、世間にフジのことが知られるにつれ、今は売名行為に思われるかも知れないからと止めていました。

そして御山を登るにつれ、“今、自分の足がこうなっている時に創らないで、いつ創るんだ” という気持ちになってきました。
サンフランシスコで開催した個展の様子
サンフランシスコで開催した個展の様子
ブリヂストンに本物のゴムのパーツを譲ってもらうことや、私の体もトレーニングで以前のように泳げる体を取り戻すこと、そして、世界に一つのフィンをつけ、イルカやクジラと2ショットの写真を残し、それをもって、展覧会をしようというはっきりとしたイメージで頭がいっぱいになりました。

フジの尾びれと自分のフィンを並列に飾って、できれば外国の美術館で展示したいと思いました。

「世界初の人工尾びれプロジェクトを頑張りました」
というストーリーを前面に出すのではなくて、見た人に単純に 「すげー綺麗!」 と思ってもらえるような展示をしたいんです。 綺麗なものは言葉の説明がなくてもわかってもらえるに違いないと思うんです。
サンフランシスコで開催した個展の様子
サンフランシスコで開催した個展の様子
── 海外で展示をしたいのはどうしてですか?
日本人は、外国からイルカやクジラを食べると言われているじゃないですか。 でも、「人工尾びれプロジェクト」 を行ったのは日本人が世界で初めてしたことですし、全員が全員イルカなんて食べないし、日本人の大多数がイルカが好きだし、クジラが好きです。 そういうのを日本人は口べたで伝えきれてないような気がするんですね。 僕は、サンフランシスコの日本領事館で 「FUJI─人工尾びれのイルカ」 という講演をさせてもらったこともあるんです。 その時も、外国人の方が多く来てくれました。
サンフランシスコの講演会の様子
サンフランシスコの講演会の様子
人工尾びれに興味津々!
── この講演の後に同じサンフランシスコで開いた個展で、とても嬉しい出会いがあったそうですが。
リノから来てくれた女の子のことです。 人工尾びれのことがサンフランシスコ・クロニクルという新聞に大きく掲載さたんです。 その記事を読み、学校の授業でそのことをテーマにした研究発表をしたら、“A” をとったそうです。 そのご褒美に、お母さんが作品展を見に連れてきてくれたとのことでした。 リノからサンフランシスコまではなんと車で5時間! 往復 10時間以上もかけて、わざわざ来てくれました。 これには、感激しました。 それだけで個展をした甲斐があったなと思いました。 イルカを愛する気持はみんな一緒。 フジのこと、僕の作品のこと、連れてきてくれたお母さんのこと、大人になってもずっと覚えていて欲しいなと。
心がじんわり暖かくなる出来事でした。
リノからサンフランシスコの個展まで薬師寺さんに会いに来た女の子
リノからサンフランシスコの個展まで
薬師寺さんに会いに来た女の子
── この春、薬師寺さんは、自分用に作ったフジと同じ尾びれを着用し、海で泳ぐ予定。 イルカの尾びれをつけた人間はいないと思うので、どうなるかやってみたい。 その様子を撮影し、展示会で発表したいとおっしゃっていました。 果たしてどうなったのか?!展示会が楽しみです♪
フジの人工尾びれが紹介された新聞:サンフランシスコ・クロニクル
在サンフランシスコ日本国総領事館のサイト
次号 「仏さんの絵ばかり描いていた子供時代」 へ続く
  :子供時代の話、今後の作品のテーマについて伺います。

PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-