特集・コラム


薬師寺 一彦

■ 彫刻家 薬師寺 一彦 (Kazuhiko YAKUSHIIJI)
1968年大阪生まれ。1996年よりガラスやアクリル等の透明な素材を用いて、イルカやクジラ等の海棲哺乳類をテーマとした彫刻作品の創作を開始。 2002年より沖縄美ら海水族館で暮らす尾びれを失ったイルカ “フジ” のために、ブリヂストン社と共に世界初の試みである「人工尾びれ製作プロジェクト」に参加。2006年、ネイティブアメリカン、ホピ族の長老との運命的な出会いから新たにシルバー素材のジュエリーを手がける。現在個展を中心に活動をしている。
アーティスト名の「HARAKARA(はらから)」は、日本の古語で「仲間・兄弟」という意味。
第3回 「尾びれを失ったイルカ、フジと出会う」
沖縄美ら海水族館に暮らす尾びれを失ったメスのバンドウイルカ、フジ。フジは、尾びれが急速に壊死するという非常に稀な病気にかかり、手術で尾びれの約 75%を失いました。導かれるようにフジと出会った薬師寺さんは、フジのために人工尾びれを作ることになりました。
── 薬師寺さんが 沖縄美ら海水族館で暮らすイルカ、フジの人工尾びれをつくることになったきっかけはなんだったのでしょうか?
御蔵島のイルカをイメージして作った「Mikura」という作品がありまして、それがきっかけになりました。
イルカは、海域によって、微妙なことなのですが、骨格が違います。
例えば、小笠原とか御蔵島とか日本近海のバンドウイルカは筋骨隆々なんです。
もともと僕が無意識に “日本近海のバンドウイルカって筋骨隆々だなあ” と思って、御蔵島のイルカをイメージした「Mikura」という作品を作ったのですが、その作品を、イルカやクジラが座礁した時に解剖して原因を調べる仕事をしている研究者の方がたまたま見てくれたんです。

ちょうどその頃学会では「日本近海のイルカは、ちょっと他のバンドウイルカと違って筋骨隆々だから、分類した方がいいのではないか」ということが話題になっていた時だったそうです。
この方が僕の作品を見て、“すごいな、こいつ” と思ってくれたみたいです(笑)

この研究者の方が僕と沖縄美ら海水族館の獣医師を引きあわせてくれたんです。
獣医師は僕と同じ年で、大阪出身の子なんで、「この二人を会わせたら、なんか面白いことになるやろ」と思ったそうです。

“人工尾びれプロジェクト” の2年くらい前に会わせてもらって、仲良くなりました。
そして獣医師がフジの話をしてくれて、そこから、“フジ” の人工尾びれを一緒に作ることになりました。
薬師寺さんとフジ
小さくなったフジの尾びれに
手を添える薬師寺さん
フジ、人工尾びれを装着中
フジ、人工尾びれを装着中
フジ、人工尾びれを装着中
キュートなフジ
キュートなフジ
── “人工尾びれプロジェクト” にはゴムメーカのブリヂストンも参加されていますね。
はい。獣医師が僕のところに来る前にブリヂストンにお願いをして、人工尾びれを作り始めていたんです。
イルカの尾びれにゴムの素材が一番似ているだろうということで、美ら海水族館側から声をかけたそうです。

でも、ブリヂストンにとっては、全くの畑違いで、イルカのことがわからないので、試行錯誤されていました。

当初、僕がこのプロジェクトに呼ばれた目的は、ブリヂストンが作ったものを僕が削って形を綺麗にするということだったんです。
ただ、ブリヂストンの皆さんが尾びれの製作にご苦労されているのを見て、僕はアメリカでイルカの勉強をした知識や、15~6年イルカと泳いでいる経験がありましたから、それらを活かせば、より良いものが作れるのではないかと思い、僕も作ってみたいと思うようになったんです。

それで、美ら海水族館の館長さんに、「僕にも一本作らせて下さい」 と直談判しました。
どうしたら良いものになるかを口で説明するより、実際に作ったものを見てもらった方がいいと思ったんです。
館長さんとも話し合って、別の視点から作ったものがあって、それらが切磋琢磨したらより良いものになるだろうということになって、僕も尾びれを作ることになりました。

正直、自分の作品を創作しながら、イルカの尾びれを製作するというのは、スケジュール的に厳しかったです。
でもこれは自分が作るか作らないかで、自分の人生が、ぜんぜん変わるし、作らなきゃならないとはっきり分かっていました。
だから、“絶対これを作る” と思って、やったんです。
薬師寺さんとフジ
薬師寺さんとフジ
薬師寺さんが作った人工尾びれをつけて泳ぐフジ
薬師寺さんが作った
人工尾びれをつけて泳ぐフジ。
透けた部分が太陽の光を浴びて
美しく輝く。
人工尾びれを装着したフジ
人工尾びれ装着前のフジ
上:フジ、人工尾びれ装着
下:フジ、人工尾びれなし
薬師寺さんの目から見たフジのストーリーは こちら
次号 「イルカの尾びれとモノフィンのお話」 へ続く
  :イルカについて学ぶために世界中から人が集まるという米国フロリダにある
   ドルフィン・リサーチ・センターでイルカについて学んだ薬師寺さんのお話です。

PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-