特集・コラム


薬師寺 一彦

■ 彫刻家 薬師寺 一彦 (Kazuhiko YAKUSHIIJI)
1968年大阪生まれ。1996年よりガラスやアクリル等の透明な素材を用いて、イルカやクジラ等の海棲哺乳類をテーマとした彫刻作品の創作を開始。 2002年より沖縄美ら海水族館で暮らす尾びれを失ったイルカ “フジ” のために、ブリヂストン社と共に世界初の試みである「人工尾びれ製作プロジェクト」に参加。2006年、ネイティブアメリカン、ホピ族の長老との運命的な出会いから新たにシルバー素材のジュエリーを手がける。現在個展を中心に活動をしている。
アーティスト名の「HARAKARA(はらから)」は、日本の古語で「仲間・兄弟」という意味。
第1回 「アクリル彫刻、海の秘密」
2009年秋、都内で開催された彫刻家 薬師寺一彦さんの個展にお邪魔しました。作品に閉じ込められた動物や植物、森や水の温かな息吹、見たことがない光輝く美しさに、作品はどのようにして生まれたのか、薬師寺さんはどんな方なのか、次々と疑問が湧き上がりました。気付けば3時間・・・時が経つのを忘れてお話を伺い、そこに作品の魅力を紐解く鍵がありました。まずは、美しいアクリル彫刻がどのようにして出来るのか、秘密を伺いました。
── 美しい作品ですね。本物の海を見ているようですが、この彫刻はどのようにして作られるのでしょうか?
本当にラフな型ですが、型を作ってそこにアクリルを流します。僕は、同じ形のものを作りたくないので、ほとんど、一回使い切りの型を作ります。アクリルは収縮凝固といって、縮んで固まるんですね。2割も縮まるんですよ。さらに、どこが縮むかもわからないんです。まったく予想しないところが、縮んだりするんです。それで、アクリルを型に流すときは、毎回賭けなんですね。まあ、ある程度の経験則はあるんですけど、これは無理かなとか思いながら、流すときもありますし、案の定無理だったりすることもありますし(笑)。
── 波の部分の曲線やギザギザは?
滑らかな曲線や波のギザギザのところは型から取り出した後、ラインを引いて、削って、磨いています。最初型にアクリルを 30キロくらいで流した場合、削った後は、20キロ弱くらいになるので、かなり削ります。
innocent
innocent
ハワイの海で無邪気に遊ぶイルカの姿に思いをはせ、創った作品。
── 削るのは手作業なのですか?
ディスクグラインダーとかルーターを使ったりします。やっている作業はあまりお見せできないです(笑)。イメージ的にはサーフボードを削っている作業に近いかも知れないです。粉だらけになります。
── 彫刻の外側も中のイルカの部分もアクリルですか?
中はね、ちょっと企業秘密で言えないんです。けど、外側は完璧にアクリルです。
── 作品によって色も違いますが、色はどのようにしてつけるのですか?
液状のアクリル溶剤と粉末のアクリルを混ぜえるときに、顔料を溶かし込む感じです。単調にグリーンじゃなくて、グリーンにちょっとブルーを混ぜたり、そこへちょっと光るものを混ぜたりとか、色々します。出来上がりの色はおよそ予想できますが、全然違うものとなることも稀にあります。
happy moment
happy moment
母と少し成長した子イルカの穏やかな時間をイメージした作品。
── どのようにして色を決めるのですか?
そうですね。もともと作るときに、“ここの海”というのをイメージして作るんです。例えば、沖縄だったら僕の頭の中にある沖縄の海のイメージで、この色って決めているんです。自分の中の空想、頭の中のイメージで作ります。
── ちなみに、重さはどのくらいあるものなのでしょうか?
10キロ前後から 30キロくらいです。最大で 50キロの作品も作ったことがあります。
── 30キロって結構、重たいですね。
いや。アクリルは 比重が約 1.25 で、クリスタルガラスは、約 2.5 あるので、ちょうど倍なんですね。だから、同じものをクリスタルで作ると 60キロくらいになってしまうので、僕らのイメージからすると、思ったよりは軽いです。だいたい、普通は 10キロ前後から 20キロぐらいが一般的な作品だと思います。
Breach
Breach
小笠原にいるザトウクジラをイメージした作品。ザトウクジラがジャンプする姿をブリーチングという。その雄大な姿を作品にした。
── 作品を作る際は、例えば沖縄のイルカであれば沖縄に行って、イルカと泳いで、そこからインスピレーションを得て制作されるのでしょうか?
実際に行くようにはしています。ただ、北極で熊と泳いではいないですが。大事なのは、クジラと泳いでもそのまま形にするわけでなくて、そのクジラの背後にあるストーリーというか、それを想像して作ることです。生まれて5日目のイルカの赤ちゃんも見たことがあります。ですが、野生の中で生まれた瞬間は見ていません。あくまでも野生は想像です。でも、嘘はつかないように、野生では見られない瞬間は、映像や写真を観たりして想像をしています。
── タイトルはどのようにしてつけるのですか?
最初からこういうタイトルで作ろうという時もありますが、なんとなく姿や形が出来てから、タイトルがつくほうが多いです。形になるまでは名前つけたら、だめだなと思うというか、作品を見てから直感で付けます。
Wish
Wish
生まれたての赤ちゃんイルカに初めて呼吸をさせるため、母イルカが水面に赤ちゃんを押し上げて助ける様子。
次号 「まっすぐに僕を見つめる瞳」 へ続く
  :イルカと薬師寺さんの出会いのお話です。

PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-