特集・コラム


アランコーエン

アラン・コーエン PROFILE
数多くの著作や世界各地で開催される講演・ワークショップなどを通じて、よりよく生きようとする人々、もっと人生を信じて創造的な自己表現を目指そうとする人々の心に触れ、生き方に啓発を与えてきた。世界各地でベストセラーとなっている著書が多数あり、日本でも、『今日から人生が変わるスピリチュアル・レッスン』(ダイヤモンド社)、『人生の答えはいつも私の中にある』(KKベストセラーズ)、『「願う力」で人生は変えられる』(ダイヤモンド社)など多数の邦訳書がある。

 アラン・コーエン・ジャパン
取材/COCORiLA編集部

どんな人でも祈りは本当に叶うのか
   
 聞き手   アランさんには、祈りについて書かれた『「願う力」で人生は変えられる』(ダイヤモンド社)という著作があります。しかし、どんな人でも祈りは本当に叶うのでしょうか?
   
 アラン 時間はかかったとしても、すべての真摯な祈りは必ず応えられます。確かに、祈りに応えてもらえていないと感じられることはあるでしょう。しかし、本質の部分では、必ず祈りは聞き遂げられています。

わたしの場合、すべての願いは叶えられてきたと思います――物質的なことについてもスピリチュアルなことについても。しかし、願い事の内容を限定しすぎた場合には問題が生じることになるでしょう。

たとえば、「車が欲しい」と願うとき、その人は本質的には自由に移動できることを願っているかもしれませんし、「家が欲しい」と願うのなら、何か安全性を求めているのかもしれません。あるいは、恋人が欲しいのであれば、その人は愛を求めているということでしょう。そのように、願い事の背景にはその人が本質的に求めている何かがあるわけです。

そのような、願いの奥にある本質の部分について神は聞きとどけます。だからわたしは、「物を願うのではなく幸せを願い、祈ってください」と皆さんにお伝えしているわけです。そうでないと、物を得たとしても幸せにはなれなかったということがありうるからです。もちろん、現実の物を願ってもいいのですが、それと同時に、自分が望んでいる本質は何なのかということにも気づいていてください。
アラン・コーエン
   
手放しにする、空間を作るということ
   
 聞き手 ほかに、このような祈り方がよい、というものはありますか?
   
 アラン まず、今説明したように特定の何かを求めすぎないこと。たとえば、「誰それと結婚したい!」と願ったとしても、その人はあなたの本当のソウルメイトではないかもしれません。あなたの求めているものがあなたを幸せにするとは限らないのです。だから、まずそれを理解することが大切です。

そして、祈った後は恐れや心配を手放して、それにかんする行動をとるということ。宝くじを買わないで「宝くじが当たりますように!」と願ってもそれが叶うことはありませんね(笑)。だから、真摯に自分の求める本質について祈りを捧げたなら、それにかんする行動においてベストを尽くし、結果については「手放し」にします。その手放しによって神が働くための空間を作るのです。
   
 聞き手 手放しにする、空間を作るということの意味をもう少し詳しくお話ください。
   
 アラン たとえば、あなたが就職したくて面接に行くとしましょう。そのときに、「神さま、これが自分とって正しい職であればこの職につけるよう助けてください。それが自分にとって正しい仕事でなければ職につけなくてかまいません」と祈り面接へ向かいます。

そして、面接では自分をうまくアピールすることにベストを尽くしますが、その面接会場の扉を一歩出たなら、その結果については手放します。「これが最善の仕事であればそれを受け取ります。でもそうでなければ結果を求めません」とそういう心境で神にゆだねるわけです。
   
 聞き手 なるほど、アランさんの説く祈り方がよく理解できました。ところで、アランさんが「神へ祈る」と言うときの、その神とはどういう存在なのでしょう?
   
 アラン わたしはこの宇宙を動かしている生命力を神と呼んでいます。それはわたしたちを幸福にしてくれる愛の本質であり、どこか遠い世界へあるのではなく、まさにわたしたち自身の中に宿っているものです。

神は人によってさまざまに体験されます。ある人はアートを通して、ある人は本を通して、またある人は男女の愛の営みを通して――。いずれにせよ、あなたが幸せにするものを通して、あなたは神に触れることになるでしょう。
   
祈りとは、自分にとっての現実(リアル)に戻るということ
   
 聞き手 よく、「祈りに頼るなんて現実逃避だ」と言われますが、アランさんのお話をうかがっていると、むしろ祈りとは、現実とされる物事の背景にあるわたしたちのハート、そして「生きること」という現実へ真摯に向き合うためのツールだといえそうですね。
   
 アラン まさしくその通りで、神へ祈り語りかけることはCNN(ニュース番組)を見るよりもリアルなことです。世界で起こる最悪の出来事を1時間に凝縮して演出を加えて「これが真実だよ」と示しているCNNは必ずしも真実ではありませんね。一方、祈りというのは、自分にとっての現実(リアル)に戻るということでもあるわけです。
   
 聞き手 アランさんのお話をうかがっていて、祈りというものについての考え方が変わってきました。自分の中にもいる神さまとのつながりを育む意味でも祈りは役立ちそうですね。それでは最後に、日本の人々へのメッセージをいただければと思います。
   
 アラン
アラン・コーエン
わたしは日本人が大好きで毎回の来日を楽しみにしています。日本人は親切で調和を重んじており、非常にいい学習者でもあります。そして、スピリチュアルなことへ特に興味を持たない人であっても、基本的なスピリチュアリティを自然に身につけていると感じます。

しかしその一方で、感情的に苦しんでいる人が多いようです。自由でないと感じ、過剰に仕事を頑張ろうとしたり、自己卑下的であったりします。そういう方々にわたしは、「自分自身を愛していいんだ」という自信を伝えたいと思っています。

神さまは一人一人の中に、そしてあなたの中にもいて、あなたが幸せだったら神さまも幸せなんだということ――それを日本のみなさんに伝えたいのです。
   
 聞き手 ありがとうございました。またの来日を楽しみにしています。
COCORiLA編集部おすすめ! アラン・コーエンさんの本
「願う力」 で人生は変えられる
『「願う力」 で人生は変えられる』
アラン・コーエン/著
牧野・M・美枝/翻訳
ダイヤモンド社/発行
1,680円 (税込)
心からの願いと 「内なる力」 を知るスピリチュアル・ルール
あなたを駆りたてる 「たましいのさけび」 に耳をかたむけてみてください。
「これではない」 という感覚は強い願いのかたちです。表面的な願望の背後に隠された本当の願いを見つけてください。そして、あなたの内にある 「願いをかなえるパワー」 を引きだし、心から豊かに感じられる人生をつくりあげていきましょう。

PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-