特集・コラム


銀河観音

高杉嵯知(たかすぎ・さち) PROFILE

水墨観音画家。横浜・ザイム「sachi庵」庵主。佛教大学仏教学科卒業後、加行課程を修了し、京都・知恩院にて1997年に僧籍少僧都を得る。1999年に観音画を授かり、2000年より各地で個展「銀河観音」開催。ベルギー、中国での国際展やサンフランシスコでの個展においても人々の覚醒と平和を祈るアーティストとして絶賛される。国際文化交流功労特別大賞ほか受賞多数

Sachi庵 横浜市中区日本大通34 ZAIM本館201 TEL045-222-7030(要予約・無料)
Page 1 | 2
取材/COCORiLA編集部
観音画との出会いは、自分自身との出会いでもあった
   
 聞き手 「観音は、女性と男性を超えた存在である」と言われていますが、嵯知さんの描かれる銀河観音はとても女神的で、墨で描いたとは思えないほど「光」を感じさせる作品の数々。

まなざし・微笑・たおやかなラインなど、静かで深い慈愛に満ちた表情が伝わります。 形式にこだわらない自由な作風も魅力の銀河観音ですが、嵯知さんはどうして僧侶になり銀河観音を描くようになったのでしょうか。
   
 嵯知
Sachi庵のある、ZAIM本館前にて
人生のひと区切りがついたある時期を境に、自分がとてもいいエネルギーの中にいるのに気づいたんです。それで、ふっとこのステキな気分を何に使おうかしら、何でもいい!これからの2年間を、この現実の中で可能な「自分にとって世界一面白いことをやろう」と思えたんです。

しばらくしたある朝、新聞で佛教大学の入学案内と目があった瞬間「コレだ!」というインスピレーションが全身全霊にビビビッときてしまい、迷う余地を与えられませんでした。結果的にそれからの5年間、何かにすっぽりと守られているように集中しました。でも、知恩院での修行を経て僧籍を得たときもまだ、なぜ自分がこの道に導かれたのか理由がわかりませんでした。

2度にわたる夏の京都での修業の後、最終的に冬の京都・知恩院で修行しました。修行中は剃髪するのですが、剃髪に抵抗感はなく、むしろ楽しみにしていたぐらいです。修行は未知な世界のはずなのに、すんなり馴染んでしまいました。厳しいはずの行も、むしろありがたく、ぜいたくな気分で受けました。
   
 聞き手 修行を終えた嵯知さんは、その後、観音画を描き始めますが、きっかけは何だったのでしょうか?
   
 嵯知
日常におこる出来事の受け止め方と、日々に出会うひとりひとりとの関わり方が人生を導いてくれるのだと実感しました。つまり、私をとりまく全ての事と、私との瞬間・瞬間のコラボレーションのつみ重ねが、目に見えない所で少しずつ私を観音画に辿り着かせてくれたのだと思います。

初めて観音を描いたときの感動は忘れられません。「今、私の心臓は観音を描くためにドッキドッキと動いてくれているのだ」と感じ、同時に自分が僧侶の道へ導かれたのは観音さまを描くためだったんだとわかったのです。

初めて自分が自分に出会った瞬間でもありました。まるで、パズルの最後のひとコマがピタッとハマったみたいに。そして、その日から、私は観音を描く人になったのです。

夢中で描き始めた半年後のある夜、その日も遅くまで描いていたのですが、描き終わって横になるのを待っていたかのように突然、目の前に銀河に佇む静寂で美しい観音さまが現れたのです。

そして、私の描く観音画は「本来の自分を呼び覚ますことを願っての銀河観音」だと無言のうちに私の体を通して、心の中に刻み込まれたのです。

それまで観音画のことは誰にも話さず描いていたのですが、不思議なことに、この夢枕を機に、急に口コミで人々に伝わりだし、皆様が見に来て下さるようになりました。そして、すぐに個展が決まり、横浜・京都・鎌倉・銀座・ベルギー・サンフランシスコへと巡回したのです。
   
   
 
   
   
大切なのは、自分にとっての「嬉しい!」気持ち
   
 聞き手 実は嵯知さんは子供のころに書道や油絵に熱中した時期があり、墨や筆の扱いには慣れていたのだとか。それもまた銀河観音を描くために導かれていたのだとすれば、修行も含めて嵯知さんの人生はこのときに一つの実を結んだと言えるでしょう。

1999年のこの体験を契機に銀河観音は、2000年からの個展などで多くの人の目に触れるようになりました。現在は、横浜の日本大通りにあるアンティークな素晴らしい環境の中で「Sachi庵」の庵主としての日々を送っています。
   
 嵯知 Sachi庵は、作品を制作するアトリエであり、作品をご紹介するギャラリーであり、皆様をお迎えするサロン(庵)でもあります。私にとって皆様にお会いすることは、銀河観音を描くのと同じくらい大切なことなのです。

お客さまは海外も含め飛行機や新幹線などで遠方から来られる方もあります。絵を見たことで長い間の胸の痛みや封じ込めていたものに触れて泣き出す方もいます。Sachi庵では皆様、安心して自分と向き合うせいか、本人も驚くような素直な感覚、感情が湧いてくるようです。

ここで一緒にゆっくりとお茶を飲んだり、お話をする中から、ご自分のための観音を見出されるようです。「小さいときから私が求めていたのはこれだったんです」という方もいらっしゃいます。また、今まで妻や母として頑張って生きてきた方が、自分の中にある小さな女の子や女性としての気持ちがよみがえり、その場で銀河観音を抱きしめることもあります。

私はここで、ゆらゆらと墨をすり無心に描くのですが、普段は画家であることをすっかり忘れて本を読んだり、映画を観たり、仲間とランチしたり、旅や温泉も大好きです。お花や星や海。新鮮な野菜も…。
   
 聞き手 Sachi庵には、女性のお客様が多いようですが、何かメッセージがありましたらお願いします。
   
 嵯知 「人生、このままでいいのだろうか」という思いや、「自分らしく生きたい」という願望はあっても、何をしたいのかがわからない、という方も多いのではないでしょうか。

私は、自分らしく生きる上での大切なキーワードは何となくでもいいので、自分にとっての「嬉しい!」という気持ちを信じて選択し行動することではないかと思っています。

心の中から嬉しくなるような、自分の直観に従って日々の生活を送ることはステキなことだと思います。「赤にするのか? 青にするのか?」、「行くのか? 行かないのか?」など日常のささやかと思われがちな行ないの連続が、やがてその人だけの道を紡いでゆくのだと思います。

命の時間はその為にあるのですから、安心して今日から一歩一歩道を開き、歩き出せたらいいですね。銀河観音は、そんなあなたをそっと見守ります。
   
   
 
 

PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-