コラム

TOP > コラム > 阿部ちぐさ コラム 震災と天使
阿部ちぐさ コラム 震災と天使
信じる力 ~阿部ちぐさ 震災と天使  最終回~
[2014/03/24 UP!]
私が初めて天使に助けを求めたのは、今から8年ほど前です。天使には、何でもお願いしてよいというドリーン・バーチュー博士の言葉は、私にとって驚きと喜びを合わせたような衝撃でした。しかし一方では「そんな、まさか。。。」と戸惑ったことも事実です。お願いして叶うならば、苦労はしないのでは・・・という心境でしょうか。これまで、自分が頑張るしかないと緊張しながら精一杯やってきたのですから当然といえば当然です。しかし、万が一お願いして叶わなかったとしても、もともと叶わないと思っているならばそれは当然として受け入れればよいのだと、思い返しました。そしてさっそくお願いしてみたことは・・・。
この記事を、ともだちに教える!
葛藤、そして愛 ~阿部ちぐさ 震災と天使  第11回~
[2014/02/24 UP!]
震災時には、これまでのコラムに書いてきましたように天使にお願いしていろいろなミラクルを体験しました。天使について学んでいて、本当によかったと思っています。しかし、葛藤が全くなかったわけではありません。その都度悩み、これでよいのかと自問していた時もたくさんありました。
この記事を、ともだちに教える!
心身の癒しと天使 ~阿部ちぐさ 震災と天使  第10回~
[2014/01/27 UP!]
被災地、いえ、今では復興へと歩みだしているのですから「復興地」と呼びましょうという動きがあります。とはいえ、東日本大震災からもうすぐ三年が経とうとする今も、さまざまな課題が山積みで、心身の疲労が解消されているとはいえません。むしろ、夢中で走り続けてきた疲れが出てきている時期のようにも感じています。
この記事を、ともだちに教える!
震災とご縁の不思議 ~阿部ちぐさ 震災と天使  第9回~
[2013/12/23 UP!]
東日本大震災以降、日本だけではなく世界中から本当にたくさんの方々が、宮城県の沿岸部にある地方の街、石巻市に足を運んでくれています。中には著名人、有名なミュージシャンやアーティスト、アスリートの方々がいらっしゃり、メディアなどでも大きく報道されました。 報道こそされていなくても、実はもっともっと多くの方々がいらしているということを、地元なので時々耳にしています。
この記事を、ともだちに教える!
大地のエネルギー ~阿部ちぐさ 震災と天使  第8回~
[2013/11/25 UP!]
土地には特有のエネルギーがあります。写真や映像では得られない、その場所にいるからこそ感じるエネルギーはかけがえのないものです。私たちはそのエネルギーを感じたくて国内外を旅行したり、神社仏閣、パワースポットへ出掛けるのかもしれません。もちろん特別な場所に行かなくても、みなさんもきっとお気に入りのスポットがあったり、自分の生まれ育った街に帰ったとき、学校やお仕事から家路につくときに、ほっとしたり安らいだりした経験があると思います。晴れた日に公園や野原でごろんと横になるのも間近に大地を感じ気持ちがよいですし、グラウンディングにもなりますね。私は暖かい日には、よく庭にシートを敷いて大地からのエネルギーをいただいています。 しかし、震災後の石巻の大地は、しんと静まりかえり、ほとんど生気が感じられなくなっていました。
この記事を、ともだちに教える!
何もない中の豊かさ ~阿部ちぐさ 震災と天使  第7回~
[2013/10/28 UP!]
震災直後の3日間、浸水した建物に完全に閉じ込められた私たちは、物であふれる現代の日本の中で「食べ物がない」「飲み物がない」「灯油がない」「毛布がない」という夢にも思わない欠乏の体験をしました。 その後も1ヶ月ほど、水道電気などライフラインの途絶えたままの地域で、ガソリンや生活用品、食品も自由に買えない不自由な生活をしています。 被災して使えなくなった大切なものを捨てるのは、身を切るような切ない思いでした。 まさに「欠乏」「不足」「喪失」という体験です。しかし、その中でさえ、あふれる「豊かさ」を経験したのもまた事実なのです。
この記事を、ともだちに教える!
復旧の天使 ~阿部ちぐさ 震災と天使  第6回~
[2013/09/23 UP!]
本格的な復旧作業を進める中で、たくさんのサポートがありました。物資や人的援助、タイミングなども含め、見えないサポートが入ったことは疑いようがありません。私はそれを復旧の天使と呼んでいます。復旧の天使は、どんなサポートをくれたのでしょうか。 たくさんありましたが、その中のエピソードを2つご紹介いたします。 
この記事を、ともだちに教える!
神の棲む家 ~阿部ちぐさ 震災と天使  第5回~
[2013/08/26 UP!]
ライフラインも途絶えたまま、復旧作業の開始です。 とにかく、家の中の泥を外へ出すため、半分泥だらけになった廊下のカーテンを引き裂き、雑巾がわりに使いました。汚れた衣服やタオルなども、もう雑巾以外用途はありません。 惜しみなく泥かき用に使います。
この記事を、ともだちに教える!
天使とともに生きると決意した日 ~阿部ちぐさ 震災と天使  第4回~
[2013/07/31 UP!]
震災から10日。妹のアパートに来て1週間です。私は毎日食料と生活用品の買い出しに、夫はガソリンの調達に奔走していました。しかし、長蛇の列に何時間並んでも、ガソリンは全く買えません。沿岸部の親戚もどうなっているのかも分からず心配も募ります。ただ生きることに精一杯な時期から、次の段階へと進まなければならないと薄々感じ始めていました。
この記事を、ともだちに教える!
最善の選択 ~阿部ちぐさ 震災と天使  第3回~
[2013/06/25 UP!]
建物の周りの水が早く引いてくれることを祈りながら、大震災から3日目の朝を迎えました。 窓から見える自動販売機の水位を確認し、わずかしか変化がないことに愕然としていたところ、朝の会議に呼ばれました。
この記事を、ともだちに教える!
激動の真っただ中で ~阿部ちぐさ 震災と天使  第2回~
[2013/05/28 UP!]
震災が起きた日。私たちは日本で何が起こっているのか知るすべもありませんでした。 とにかくできることをしなければならないと、ただそれだけを思いながら行動していました。
この記事を、ともだちに教える!
天使は伝えてくれていた ~阿部ちぐさ 震災と天使  第1回~
[2013/04/23 UP!]
東日本大震災というあまりに大きな体験。私が住んでいる東北の穏やかな港町、宮城県石巻市が壊滅状態に陥るとはまさか夢にも思っていませんでした。生活がすっかり変わってしまった日々。先が見えない不安。当時の私たちは一歩先すら見えない状態でした。それでも、あれから2年が経ち、メディアではたくさんの震災復興の記録や立ち向かう人々の姿をうつしていますね。真摯なその姿に、元気や勇気をいただく人も多いことでしょう。もちろんそれだけではなく、見えないところでは多くの問題が山積しているのも事実です。 
この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
PAGETOP
2018年ドリーン・バーチューワークショップ
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-