やっぱり携帯電話の電磁波は危険?

すでに一人一台という段階を通り越えて、日常生活にとって必要不可欠なものとなっている携帯電話ですが、携帯電話が発生する電磁波についての危険性については、まだまだ議論が続いています。

昨年末にアメリカはカリフォルニア州の公衆衛生局、が携帯電話を使用する上でのガイドラインを発表して話題となりました。これは簡単にいってしまうと、「脳を携帯電話の電磁波から守るためのガイドライン」ともいえるものです。

・身体から携帯電話をなるべく離す
・端末から発生する電磁波が強くなる状況では使用をなるべく控える
・音楽や動画のストリーミングを利用する頻度を減らす
・就寝中に頭の近くに携帯電話を置かない
・高周波エネルギーを遮断するとうたっているような製品を安易に使わない

上記のようなものがガイドラインとして提唱されています。

現時点で科学的には、携帯電話の電磁波が健康に影響を与えるかどうかは証明されていませんが、今年の初めに携帯電話による強度の電磁波をあびた雄のラットに腫瘍が発生したという研究結果も発表されています。この研究はアメリカの国立環境衛生科学研究所が行ったものですので、かなりしっかりした研究といえます。

しかしながら、同じ条件下で実験された雌には腫瘍の発生が見られなかったことなどから、この研究成果が必ずしも人に適用できるものではないようです。実際、「FDA(米国食品医薬品局)」は人間への影響は考えなくて良いという声明を発表しています。

携帯電話が一般的に普及するようになり20年以上が経過していますが、そんな中で、携帯電話がもたらす子供への悪影響として、身体的なものだけでなく、精神面への害の可能性も指摘されています。日本の自殺率の高さは世界的に有名ですが、アメリカでも携帯電話が必須となった世代の自殺率が急上昇していることが問題となっているのです。

これから、さらに携帯電話の電磁波にまつわる研究は進んでいくと思いますが、今回、カリフォルニア州の公衆衛生局が提唱したガイドラインは比較的実現がたやすいものですので、自分や家族の健康を守るためにも、このようなガイドラインをある程度意識しつつ、すでに必要不可欠なアイテムとなった携帯電話を上手に活用していくのが、現実的な道といえるでしょう。