メルマガだけで読めるワーク その37

COCORiLAでは、毎日様々なコラムや豆知識、ニュースなどの記事を紹介していますが、ココリラメンバーに登録していただいた方向けに、メールマガジンも発行しています。そんなメルマガで好評連載中の「プチワーク」。バックナンバーを見たいという方も多いので、以前発行したものから、2つを毎月紹介していきます。

12月に発行したメルマガから、まず最初は、しっかりと休むためのワークを紹介しましょう。



・心身を休ませるワーク(vol.332 12月8日発行号より)

本日は休むワークを紹介しましょう。
ただ休むだけでも、もちろんOKなのですが、せっかくなのでワークを行って、よりしっかりと心身を休息させましょう。

身体を締め付けないような服装を着て、横になります。
フローリングなどの場合は、身体の下に毛布やヨガマットをしいてもOKです。
寝てしまいそうだと思う方は、予めベッドか布団の上で行ってください、仰向けになったならば、お腹の上で両手を組みます。
組み方はそんなに難しく考えなくても大丈夫です。
位置がわかる方は、丹田の上あたり、わからない方は単純にお臍のあたりでかまいません。

そうしたら、ゆっくりと鼻から息を吸います。
その時、手の下にあるお腹がしっかりと膨らんでいるのを感じてください。
充分にお腹を膨らますことができたならば、次は口から息を吐きます。
このときは、お腹をへこませていきます。

このような呼吸を10~20回程度繰り返しましょう。
そうしたら、次の段階にはいります。
自分の身体が小刻みに震えているのを感じてください。
とっても、微細な振動です。
最初のうちは実際に身体を少し動かしてもいいでしょう。
身体全体がさざ波のように細かな振動で震えているのを感じたら、その震えがどんどんと強くなり、最後には身体が溶けてしまい、スライムのような状態になっていくのをイメージしましょう。

身体がどろどろになって、床の上に広がる感じです。
どこにも力の入っていないどろっとした状態です。
心も身体も完全にリラックスした状態です。

しばらくの間、そのままでリラックスした状態で休憩します。
身体の中の疲れや、頭の中にある悩みなど、すべてが溶け出していくのを感じましょう。
それらのものは、スライムのようになったあなたの身体を通って、床から地面へとしみこみ、最終的には地球の中心へと還ります。

休憩の間眠気に襲われたならば眠ってしまってOKです。
普段よりもより回復を実感できる睡眠がとれることでしょう。
寝れないという方は、次のステップを行いましょう。

心と身体を充分に休めることができたならば、自分の身体を元に戻しましょう。
緊張したりせずに、自分の身体をイメージするだけでOKです。
何度か手を握ったり開いたり、足首を曲げたりするなどして、肉体の存在を確認すると、すぐに身体を構築できるはずです。

しっかりと身体を構築することができたならば、あとは目を開けて終了となります。
シンプルな技法ですが、単に横になるよりも、リラックスや休憩の度合いがまったく違いますので、是非とも試してみてくださいね。




もう一つのプチワークは、3にまつわるワーク。

・3にまつわるワーク(vol.333 12月15日発行号より)

このメルマガも本日で通算、333号。3つ「3」が並んだということで、本日は3にまつわるワークを紹介しましょう。
「3」という数字は西洋でも東洋でも変化をもたらすものと考えられています。
また、3は陽の力を持った数であり、それを元に作った図形である三角形は東洋でも西洋でも炎の力を象徴するとされています。
この場合の三角形は、上向きの三角形、すなわち「△」となります。

年末も近いということで、そんな炎の力を使ったワークを紹介しましょう。
ネガティブなエネルギーを浄化したり、生命力を活性化させたりなど、色々と応用することが可能です。
まず最初は、浄化のワークからやってみましょう。

目をつぶって、三角形をイメージします。
単に△でもいいですが、可能ならばメラメラと燃え上がっている姿をイメージできるとベストです。
それが難しければ、赤い三角形でもOK。

その三角形に意識を集中していきます。
三角形から発する熱を感じましょう。
パワフルで活動的なエネルギーが脈打っているのを実感します。

そのエネルギーがどんどんと身体に広がっていきます。
それと共に身体が炎のエネルギーに包まれ、ネガティブなエネルギーは全て燃やし尽くされてしまうのを感じましょう。
このエネルギーを手のひらに集めて、そこから物品に送り込むと、物品の浄化をすることも可能です。

次に生命力を活性化させる方法を紹介します。
三角形をイメージするところまでは一緒です。
そうしたら、お臍の下、いわゆる丹田を意識しましょう。
丹田に燃える三角形、赤い三角形をイメージするのです。

そこから発生する熱を感じましょう。
丹田で活動的なエネルギーが脈打つのを実感します。
そんな強いエネルギーが身体全体を循環します。
こうすることで、生命力が活性化しますので、なんとなく疲れている時や、風邪気味かな? という時などに実践してみて下さい。

三角形はシンプルな形ですが、古来から伝わっている強力な図形ですので、その力を活用してみてくださいね。


いかがだったでしょうか? このようなプチワークが毎週紹介されていますので、興味のある方は是非、こちらから、会員登録を行ってみてください。