パワーと御利益が得られそうな新しい盆栽

以前、盆栽について、小さなパワースポットを作ることができると紹介したことがありますが、まさにそんなイメージで作られた盆栽が登場しました。

それが「東京盆栽生活空間」が開発した「仏像盆栽」。こちらは文字通り、仏像の頭部や仏像そのものを盆栽に組み込んだもの。

盆栽というと、高価なものや老人の趣味というイメージがありますが、東京盆栽生活空間は、盆栽をもっと「身近」に、もっと「生活の中」に。という考え方から、独特な盆栽をいくつも提案しています。

仏像盆栽もその中のひとつであり、仏像と盆栽の根が絡み合うことで、まるで、アンコールワットの遺跡のような神秘的な雰囲気が生まれています。こちらは手頃な価格のものから、高価なものまで色々と用意されていますので、お部屋のインテリアとしても購入しやすいといえるでしょう。

スピリチュアルな観点からすると、ガジュマルを利用した仏像盆栽がオススメです。ガジュマルというのは、強い陽の気をもっているといわれていますので、それと仏像が組み合わさることで、まさにパワースポットが産み出されるといえます。

他にも水で育てることのできる「AQUA BONSAI」もなかなか興味深いものとなっています。土を使わずに水で育てられるために、お手入れは週に一度の水替えだけということもあり、かなり手軽に日常に盆栽の癒やしを導入することができます。

美しいガラスの容器が、水と一体化することで、水に包まれた木が土台である石や流木に浮かんでいるように見えるので、インテリアとしても秀逸ですが、土台部分にアロマオイルを垂らすことで、その香りを拡散することができるようにもなっています。

アロマオイルのもっている香りのエネルギーを、実際に生きている木が拡散してくれるわけですので、こちらもお部屋の浄化や、エネルギーを呼び込むなどといったワークに使うことが可能でしょう。

海外では人気が高まっていながらも、日本では知名度が下がってきている盆栽。このような形で生まれ変わってくれるというのは、なんだか嬉しいものです。