もう、どんなものが出ても驚かない? またまた、新しいヨガが登場

COCORiLAでは、今まで様々なヨガを紹介してきました。動物と一緒に行うものや、アクロバティックなもの、さらにはビールを飲みながら行うものまで、何でもありともいえるヨガ業界ですが、また、かなり斬新なヨガが登場しました。

今回紹介するのは、「ヘヴィメタルヨガ」。こちらは文字通り、ヘヴィメタルを聞きながらヨガを行うというもの。ヘヴィメタルファンの定番といえば、ライブなどで激しく頭を上下に振る「ヘッドバンキング」がありますが、こちらのヨガでは、それも動きの中に取り入れています。

百聞は一見にしかず。どんなものなのか、まずは動画をご覧になってみてください。

不気味な雰囲気の漂うスタジオで、いかにもヘイヴィメタルファンといったいでたちの人たちが、真面目なのか不真面目なのかわからない感じでヨガをやっているのがわかると思います。少なくともテンションが高く、とても楽しそうにしていることは事実です。

この斬新なヨガを開発したのは「Saskia Thode」さん。ちょっと日本語にしにくい感じの名前ですので、英語で表記しますが、彼女は交通事故にあい、背骨に不具合を抱えたときにヨガと出会い、それによって体調不良が回復したことがきっかけで、ヨガを深く学ぶようになったのだそうです。

また、健康だけでなく、大都会の中で心の平静を保つためにもヨガはとても役だってくれたということですが、心の平静と太極にも思えるヘヴィメタルと組み合わせたのはなぜなのでしょう? Saskiaさんによると、ヘヴィメタルもヨガもとても瞑想的だというのです。その中でも、悪魔崇拝や魔術的な内容、ペイガニズムなどを取り入れた「ブラックメタル」は禅の心を注入してくれるとも語っています。

悪魔崇拝的なものと禅とは正反対にあるように感じるかもしれませんが、大きな声を出して、激しく頭を振ることによって瞑想状態に入るというのは、古代の儀式を考えるとあながち的外れなものとは言い切れないものでもありますので、不真面目なように見えて、ヘヴィメタルヨガもかなり本人達は真剣に癒やしを求めて行っているのでしょう。

少し話題はかわりますが、来年、ジャッキー・チェン主演で『カンフーヨガ』という映画も公開されるということです。こちらは、ヨガの達人の美女と、カンフーの達人のジャッキーが古代インドと古代中国の争いによって失われた宝物を探すという内容。ヨガがどのような形で話に絡むのかは良くわかりませんが、予告編を見ると、ヨガで重要なのは第三の目と語っているシーンがあることから、かなりスピリチュアルな解釈をしたヨガといえるでしょう。

興味がある方は、予告編をご覧になってみてください。

このように様々な分野に取り入れられるというのは、それだけヨガのポテンシャルが高いということなのかもしれません。今後、どんな不思議で斬新なヨガが登場するのか、来年も引き続きチェックしたいと思います。