メルマガだけで読めるワーク その35

COCORiLAでは、毎日様々なコラムや豆知識、ニュースなどの記事を紹介していますが、ココリラメンバーに登録していただいた方向けに、メールマガジンも発行しています。そんなメルマガで好評連載中の「プチワーク」。バックナンバーを見たいという方も多いので、以前発行したものから、2つを毎月紹介していきます。

10月に発行したメルマガから、まず最初は、もうじき訪れる今年最後のスーパームーンでも使える月に関したワークを紹介しましょう。



・月のエネルギーを感じるワーク(vol.324 10月6日発行号より)

日によって姿を変えるという月は、世界的に神秘的なものとされてきました。
それだけに月に関するスピリチュアルなワークも無数に存在しています。
月が満ちるときに行うもの、満月に行うもの、欠けていくときに行うもの。
時期によって種類が異なるのも月の特色といえるでしょう。

もうじき、今年最後のスーパームーンが訪れますが、もし天気が悪く、月を見ることができない場合でも、そんな神秘的な月をエネルギー的に感じるワークは可能です。

リラックスできる服装で椅子に座ります。
直接床に座ってもいいですし、別に寝てしまってもかまいません。
ただし、座るにしても寝るにしても、背筋は伸びるようにしましょう。

そうしたら、目をつぶって鼻から息を吸って口からゆっくりと吐きます。
この呼吸を行いながら、身体全体をリラックスさせていきましょう。
自分が得意なリラクゼーション法があるならばそれを使ってもOkですし、慣れていないようなら次のようにやってみましょう。

頭、首、右肩、左肩、右手、左手、胸、腹、腰、右足、左足

というように身体の各部分にスイッチがあるのをイメージします。
イメージできたら順番にスイッチを切っていきましょう。
スイッチが切れることで力が完全に抜けてリラックスできます。

全身しっかりとリラックスさせたら、みぞおちの上ぐらいに光の球をイメージします。
まるで月のような光輝く球です。

その球をイメージしたら、そこに自分の意識がうつるように意図します。
光の球に自分が吸い込まれていくような感じです。
うまくできれば、光の球から自分を見下ろしているように感じます。
このとき、意識のすべてを移す必要はありません。
身体がありながらも、光の球の身体もあるような感じでOKです。

そうなったら、光の球を上昇させていきます。
天井を抜けて、空へとあがっていきます。
分厚い雲を抜けた先には、美しい月が輝いています。
そのエネルギーを感じてください。

光の球である自分が月と共鳴し、エネルギーを受け取るのを感じましょう。
光の球である自分が一回り、二回とり大きくなるのを感じます。
ある程度エネルギーを受け取ったら、自分の部屋へと戻ります。
雲を抜けて天井を抜けて、元のようにみぞおちの上に帰ります。

そうしたら、今度は意識を身体へと戻します。
意識が戻ったら、今度は光の球のエネルギーを感じてみましょう。
どんな感じがするでしょう?
意識だけで感じたときと、身体で感じたときの違いは?
色々と実験してみたら、光の球を身体に吸収しましょう。
これで月のエネルギーを受け取れたことになります。

ちょっと高度なテクニックかもしれませんが、慣れれば幽体離脱などにも使えるものですので、じっくりとチャレンジしてみてくださいね。




もう一つのプチワークは、髪の毛を使ったワーク。

・髪の毛で自分に働きかけるワーク(vol.326 10月20日発行号より)

本日は髪の毛を使ったワークを紹介しましょう。

髪の毛には霊力が宿るということもあり、その人を象徴するためのアイテムとしても用いられてきました。
このために、呪いをかけられないように、洋の東西を問わずに魔術師や呪術師、高い位の人間などは髪の毛の処理に気を使っていたのです。

例えば有名な藁人形による呪い。
髪の毛=その人となるわけですので、それを埋め込んだ藁人形に釘を打つことで呪いを掛けるというのは理に叶っていることになります。
また、霊力の源でもあるので「類感呪術」として考えると、髪の毛にたいして怨念を打ち込むことによって、怨念によって、その人のエネルギーを穢すことにもなります。

もちろんネガティブな使い方だけではありません。
髪の毛をお守りとするという使い方も存在しています。
かつては、女性の髪の毛や、陰毛を御守りにいれることで身を守るという作法が存在していました。

このように髪の毛というのは、非常に様々な用途に使えますので、エネルギーを扱う魔術師や呪術師がその取扱に慎重になったというのも当然といえるでしょう。

とはいうものの、人の髪の毛を使ってワークをしてしまうと時として大きなカルマを背負うことになりかねませんので、今回は自分の髪の毛を使います。

まずは髪の毛を用意します。
一房ぐらいあるとベストですので、美容室にでもいったときに少しだけ手に入れるといいかもしれません。
自然と抜けた毛を集めておくという手もありますが、できれば切ったものの方が
エネルギーが多く込められています。

そうしたら、その髪の毛を紙で包みます。
和紙がベストです。
白い和紙、なければ半紙でしっかりと包みましょう。
このとき埃や汚れが入らないように気をつけてください。

言霊的にいうと、髪も紙も神に通じます。
包まれた髪の毛は、神=自分であるものとなります。
この髪の毛に働きかけることで、自分自身のエネルギーにも働きかけることができるのです。

例えば、なんだか体調が悪いな…と思うときには、この包みを太陽の光に当てましょう。
太陽のエネルギーが髪の毛を通して、より力を増して自分に還元されてきます。

金運が欲しい時には、お金と一緒にしておくという使い方可能です。
それによって、自分の中にあるお金へのブロックがほどけて、お金と仲良くなる方法がわかってくるでしょう。

他にも、パワーストーンと一緒にしておくことで、好きなエネルギーを手に入れるという使い方も可能です。

使い方は様々ですが、くれぐれも包みを汚さないようにしましょう。
綺麗な箱にいれるなどして、大切に保管してください。
表の紙が汚れてきたならば、すぐに取り替えるようにしましょう。
汚れはネガティブなエネルギーを呼びますので、そのままにしておくと、自分自身のエネルギーまでネガティブなものに影響されてしまいます。

清潔にすることさえ心がけていれば、自分自身にさまざまなエネルギーを使って働きかけることができるワークですので、興味がある方は自分の髪の毛を使って
色々と試してみてくださいね。

いかがだったでしょうか? このようなプチワークが毎週紹介されていますので、興味のある方は是非、こちらから、会員登録を行ってみてください。