瞑想するにはぴったり? 有名企業がマインドフルネスに取り組んだ

Appleなどの企業が導入していることで、すでに世界的知名度を得たといっても過言ではない「マインドフルネス」。最近、そんなマインドフルネスに、日本人の多くが知っている有名企業が取り組んだとして話題となっています。

その企業とは「ANA」。いわずとしれた国内最大級の航空会社。そんな企業がどのようにマインドフルネスに取り組んだのかというと、そのものずばり飛行機の中で瞑想ができるようにするというもの。

9月2日、3日に神奈川県鎌倉市にある「建長寺」というお寺でマインドフルネスの国際カンファレンスである「Zen2.0」というものが開催されました。ANAはこのイベントに協賛しただけでなく、ブースも出展したのです。

なぜ、お寺でこのようなイベントが行われたのかというと、そもそもマインドフルネスの成立には禅が関係しているということがあるようです。また、禅も海外では「Zen」として瞑想の中で高い知名度を得ていることも関係しているのでしょう。

そんなイベントにANAが出展したものは、飛行機のエコノミークラスのシートに座りながら瞑想ができるというもの。海外旅行をしたことがある方ならわかると思いますが、エコノミークラスのシートは、長時間座ることを考えると決して快適なものではありませんので、そんな中で瞑想をすることができれば、かなり有意義といえるでしょう。

そんな瞑想をサポートするために、「CRE-P(クリップ)」というコミュニケーションロボットが利用されています。このロボットは瞑想を誘導してくれる存在。瞑想を行う人は脳波を測定するヘッドセットをつけていることから、集中が乱れたり、雑念が入りそうになると、前述のCRE-Pが注意してくれたりもするのだそうです。

脳波は瞑想状態をチェックするだけでなく、瞑想前の状態を元にその個性を5種類の花にわけ、瞑想後にどれぐらいその花が開花したのか、またどのような部分が得意かなどの結果を表示するためにも利用されています。

瞑想状態と脳波の関係はさまざまな研究によってある程度解明されているので、それを利用してこのような形で、瞑想をサポートするシステムを構築したというのは、なかなか興味深いものです。

ANAが実際にこのシステムを導入するかどうかはまったく決まっていないということですが、窮屈な空間に閉じ込められる空の旅において、数分間とはいえ心を解放する瞑想に気軽に取り組めるというのは、とてもいい試みといえるでしょう。また、飛行機の中は国際線では退屈を持て余したり、時差ぼけで眠れなかったりすることも多いので、そういったときにも瞑想は活躍してくれそうです。

今回のイベントに参加した方によると、こちらのシステムはかなりいいできだったということですので、なるべく早い時期にANAが導入してくれることを願います。そうすれば、長い空の旅もより楽しめるものになることでしょう。