お城に祀られた様々な姿を持った月の神

月の神様というのは、太陽の神様と同じように世界各地に存在します。月が日ごとに姿を変えることから、一柱ではなく、複数の神様として表現されることも多いのですが、今回紹介するのは、今ではほとんど忘れられてしまった風習と結びついた月の神様です。

その神様とは「二十六夜神」。名前だけだと、どんな神様なのかさっぱり想像がつかないと思います。しかしながら、この神様は国宝である松本城の守護神として、現在でも松本城に祀られているのです。

長野県松本市にある松本城の天守閣、その最上階の梁の上に二十六夜神は祀られています。お城で最も高い位置のさらに上に祀ったことからも、この神様が深く信仰されていたことがわかります。

松本城に伝わる伝説によると、城が完成してから初めての新年の26日の深夜に、城の守りをしていた武士の前に美しい姫君が現れ、錦の袋を武士に渡し、これを安置して二十六夜神を祀り、米3石3斗3升3合3勺を炊いて祝えば城が栄える、と伝えたのが由来とされています。武士からこの話を聞いた殿様は、いわれた通りに二十六夜神を祀ったというのです。

では、二十六夜神とはどのような神様なのでしょうか? 前述の伝説で新年の26日に姫君が現れたことからもわかるように、陰暦の26日に関連している神様です。といっても、毎月ではなく正月と、7月が対象となっています。かつてこの日には「二十六夜待」が行われていたのです。

現在では月見といえば、十五夜だけが残っていますが、以前にもCOCORiLAで紹介したように、実際には十五夜以外にも様々な月の名前があり、それぞれにあわせた行事が存在していました。「二十六夜」もそのひとつで、主に江戸時代に現在の品川から高輪のあたりで流行したといわれています。

二十六夜というと、月はかなり細くなっており、月が出てくるのも深夜2時ぐらいになります。それを待つというのは、夜の早かった当時の人たちにとってはなかなか厳しい状況だったわけですが、流行した場所が旅籠や遊郭などがあった郊外の盛り場だったことを考えると、当初は遊びの一環だったのかも知れません。

ちなみに、この日には月の中に、阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩の三尊があらわれるとされ、それを見ることができれば無病息災などの御利益が得られるとされていました。といっても、かなり月の形は細くなっているので、どちらかというと月光の中にあらわれるというのが正しいのかもしれません。

この三尊が統合されたのが二十六夜神という説もありますが、そもそもは月の神である月読命だったという説もあります。月には様々な面があることを考えると、松本城に登場した姫君を含めた、すべてが統合された神秘的な月の象徴こそが二十六夜神なのかもしれません。

今年の二十六夜は、9月16日の土曜日となっています。幸いなことに翌日は日曜日ですので、二十六夜神に興味を持たれた方は、天気がよければ深夜に二十六夜月を眺めて、そこから神秘的な神のエネルギーを感じ取ってみてはいかがでしょう?