これからの季節は野草に注意!

4月も下旬に突入。気温もぐんぐんと上がり、25℃以上になったり、地域によっては30℃の真夏日を記録したところもあるほど。これからGWも控えていますし、自然に親しむために山歩きを計画している方も多いのではないでしょうか? そんな山歩きには、思わぬ危険が存在しています。

それは「野草」。文字通り「野」に生えている「草」です。一見すると単なる草ですが、その中には山菜として、とても美味しいものや、ハーブとして活用出来るものも多く存在しています。

COCORiLA読者の皆様ならば、旬の野菜などにはその時期のパワーが溢れているということをご存じの方も多いと思いますが、新緑の季節にエネルギーに満ちあふれているのが野草というわけです。春から夏へと向かうエネルギーは成長のエネルギーであり、そんなエネルギーが含まれた野草を食べると、心身共に健康になるのも当然です。

といっても、山に生えている野草を素人が自己判断で採取するのは危険です。基本的に勝手に野草を採取すること自体が多くの場所で禁じられていますが、山奥などで美味しそうな野草を見ると、つい摘んでしまうという方もいるかもしれません。

そんな野草によって引き起こされる食中毒が、「4月以降」非常に多くなるのです。今年に入ってからも、4月12日に青森県で自宅近くに自生していた野草をニラだと思って食べた5名が食中毒となっています。こちらの野草は「スイセン」。ニラと非常に似ているために、このような事故が起こりやすいのです。

幸いなことで、スイセンで死亡するケースはほぼないのですが、山菜のオオバギボウシやウルイなどと似ている「バイケイソウ」は大量に摂取すると、最悪の場合、死に至る危険性もあります。また、ギョウジャニンニクと似ている「イヌサフラン」は、食中毒による死亡例が存在するほどの毒をもっていますので、素人判断で野草を取ることの危険性がわかると思います。

確かに野草は山からの恵みであり、これからの季節はエネルギーに満ちあふれたものですが、きちんとした判断ができない人間が間違って摂取してしまうと、大変なことになってしまいますので、山登りや散策などで気軽につんでしまわないように注意しましょう。