さまざまな不思議に彩られたボスニアのピラミッド

COCORiLAでは、これまでに、様々な場所にあるピラミッドを紹介してきましたが、今回はここ数年で最も注目を集めているといってもいい、ボスニアのピラミッドについて紹介しましょう。

こちらのピラミッドが発見されたのは、2005年。東ヨーロッパのボスニア・ヘルツェゴビナで、エジプトのピラミッドよりも成立が古い、5つのピラミッドが見つかったとして一躍注目を集めました。

このピラミッドは、一見すると山のように見えることから、地元の人には山と認識されていたにもかかわらず、その形と正確に東西南北を向いていることから、発見者であるセミール・オサマナジックさんは、ピラミッドだと確信してたのだそうです。

日本でも自然の山を利用したピラミッドというのは、いくつか提唱されていますが、自然物と人工のピラミッドとの境界というのは非常に曖昧なものがあり、ボスニアのものも、10年以上研究が続いているにもかかわらず、学会などからは正式に認められていません。

しかしながら、ボスニアのピラミッドには不思議な逸話が数多く存在しています。その一つは「太陽」「月」「龍」「母なる大地」「愛」と名付けられた5つのピラミッドを結ぶ地下通路が存在しているというもの。まるで迷路のようになっている地下通路が繋がっていることから、人工物である可能性が高まっているのだそうです。

さらに、ピラミッドとされる山の表面を分析したところ、その土が1万2000年前のものであるということがわかっています。だとするとピラミッドの製造はそれよりもさらに昔だということになるわけです。1万年以上前というと、氷河期が終わったばかり、そんな時代にピラミッドや地下通路を作るという技術は、まさにオーバーテクノロジーといえるでしょう。

極めつけは、ピラミッドの頂点から28キロヘルツの信号が発信されているということ。これは、エネルギービーム的なものではないかとされ、メキシコの別のピラミッドと同期されているといわれたり、宇宙に信号を送っているのではないかといわれていて、ボスニアのピラミッドが秘めた謎でも、特別に不思議なものといえます。

といっても、発見者であるセミール・オサマナジックさんが、かなりスピリチュアルよりな考え方をする人です。彼は、最近、ピラミッドの近くで巨大な球体を発見し、これが「人類最古の加工物」であるとして発表しています。しかしながら、実際はこちらの物体は、「コンクリーション」という自然現象で産み出されたものであり、ボスニア以外にも似たようなものが多くあることから、こちらも学会からは彼の指摘は疑問視されています。

多くの神秘と魅力に彩られた反面、科学的に見ると、色々な反証も出てきているボスニアのピラミッド。果たして、本物なのでしょうか?