YOU ARE SAFE~ほんとうの安全を~ [2017/02/09]
末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第60回

このコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。

毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪

今回使ったのは「インディゴエンジェルオラクルカード」で、引いた1枚は「YOU ARE SAFE」でした。
というわけで、今回は「安全」について書いてみます。

 

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜


オラクルカードでリーディングをすると、このカードのように「あなたは安全です」というメッセージを受け取ることがよくあるのですが、「安全です」と言われてほっとする人もいれば、「いや、そうは言っても……」と、受け入れがたく思う人もいるようです。
たしかに、問題の渦中にいるとき、実際に危機的状況にあるときに「安全です」と言われたところで、「はい、そうですね」と素直に受け入れられないのは、ごく自然なことかもしれません。

そもそも、ここでの「安全」というのはどういう意味なのでしょうか。

何でも自分の思い通りになるから大丈夫という意味で言っているのではなく、たとえどうなろうとも真に傷つくことはない、完全なスピリットのままでいられるし、愛され護られていることは永遠に変わらないということを指しています。

「安全」ではない状態というのは、根本的に言って一つ、分けるならば二つあると思います。
「安全」の反対は「危険」ですが、わたしたちにとって何が「危険」かと言えば、身体における危険(怪我をするかもしれない、病気が重くなるかもしれない、死ぬかもしれないといったこと)があるし、精神的な面での危険(恥をかくかもしれない、苦しむかもしれない、などといった心が傷つく危険)もあります。

これらを「危険」とみなすならば、「危険」ということになります。
何があってもそれを「危険」だと捉えなければ、「安全」なままです。


危機というのは、あたかも向こうからやって来ることのように感じます。
自分の意思に関係なく、不意打ちで、突然、「わたし」を脅かそうとしてやって来る。望んでもいないのに降りかかってきて、何の因果か知れないけれども、ひどい目に遭わされる。
突き指に風邪、苛立ったり、落ち込んだり、不安でたまらなくなったりするのも、みんな「被害」。
冗談じゃない、いい加減にしてくれ、どうしてこんな目に。


興味深いなと思うのは、これをいったい「誰」に向かって叫んでいるのかという点です。

誰かとの関わり合いにおいてトラブルが起こった場合は、その相手のせいにしがちですが、もっと突き詰めていくと、ある対象に向かって叫んでいるのだと気づくかもしれません。

相手が誰で何人いようと、自分一人でいるときに起きたアクシデントであろうと、自然災害なども含めて、「降りかかってきた災難」に対して、「なぜわたしがこんな目に!」だとか、「もうやめてほしい!」といった思いをいったい「誰」にぶつけているのでしょうか。


 
 
 

「危険」の源は「わたし」です。「わたし」が「危機」を用意し、「危険」だとみなすようになりました。
「危険」なことがあれば、「わたし」は絶えず怖れていることができます。恐怖にうち震え――だからこそ自分をあらゆる「危険」から守ろうとし――そんな脆弱な「わたし」は微塵も愛されていないということを、「わたし」はちっとも護られてなどいないということを、証明することができます。

それを強固なものにするには、この「わたし」という身体が欠かせません。「わたしとはこの身体なのだ」と思ってさえいれば、あらゆることの「被害者」でいられます。
そしてあらゆる危機に怯え、いつどんな目に遭っても大丈夫なように、あらゆる手を尽くして安全であろうとします。
けれども本当の「安全」というのは、防御によって得られるものではありません。得るもの、築き上げるものではなく、本当はもうすでにその状態にあるのです。

「安全」でない状態というのは、根本的には、自分を身体そのものだとみなすことによって、肉体的あるいは精神的な危機(と思えるようなこと)に対して恐怖を感じ、自分を愛に値しない存在、愛から離れたものと捉えている状態のことなのだろうと思います。

何か良くないことが起こることそのものが「危険」と言うよりも、自分自身を傷つけられる存在、脅かされる存在だと思っていること、その考えを当然のように抱いていることが、ある意味「危険」だと言えるのかもしれません。


どうであっても「安全」。どう転んでも、何が起きようとも、いずれ朽ちてこの身体が無くなるとしても、「安全」。
身の危険があるかもしれない、恐怖でいっぱいになることがあるかもしれない、それでも「安全」。
なじられても、嫌われても、職を失っても、離婚しても、「安全」。

“YOU ARE SAFE”というのは、本当のわたしたちは愛に値し、永遠に恩寵のなかでやすらいでいられるのだという、その真実を伝えてくれている言葉のように感じます。

もうすでに「安全」なのだということ、そこにいないふりをしても、愛から離れたためしは一度もないのだということを思いだし、被っているという見方を手放して、どんなときでもつねにもたらされている恵みだけを受け取っていきたいと思います。

 
 
 
 


メソッド60
ほんとうの「安全」を感じられるよう祈る

目を閉じ深呼吸をして、
愛に包まれているイメージをしてみましょう。


■ 末吉 愛 プロフィール
末吉愛ドリーン・バーチュー博士認定エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)(R)
2011年ハワイにて、自分では申し込まずに奇跡的な流れでATP(R)となる。
現在は多くの方にリーディングやヒーリングを行ったり、「エンジェルガイダンスカウンセラー」養成コースにてその手法を伝え、カウンセラーを輩出している。

2012年7月、やむを得ず来日できなかったドリーン博士に代わり、横浜開催のワークショップにて、オラクルカードリーディングについてのワークショップを担当した経験をもつ。

教師、心理カウンセラー、アロマセラピストとしてのキャリアもあり、地に足のついたスピリチュアルな生き方で「奇跡」を体験し、自分の可能性を拡げてゆくための方法をさまざまな観点を通して伝えている。

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
過去記事一覧を見る
PAGETOP
2018年ドリーン・バーチューワークショップ
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-