2016年からのエネルギーの流れは、ハートの一番の願いを叶える方向へ進んでいます。
ハートの一番の願いを叶えるためには、ハートが何を願っているのかを知る必要がありますが、
たいていの場合、頭があれこれ邪魔をして、ハートの声に従って行動するのではなく、
頭だけで考えて行動するため、人生が空回りしてしまいます。
12回の連載コラムを通して、ハートの願いを見つめ、ハートに導かれ、ハートが一番に願っている幸せな願いを叶えるエンジェルの癒しのガイダンスをお届けします。

一回目のコラムでは、「ハートの願いと頭の願いの違い」を見つめます。
それでは、大きく深呼吸をして、エンジェルの心のクリアリングの癒しをご一緒しましょう。

【人生の方向性を見失うとき】

長い間、願い続けてきたことをやっとの想いで叶えたけれど、想っていたほど満足することが出来なかった経験はありますか?

「この願いさえ叶えば、私は幸せになれる。」と信じて頑張ってきたことを実現したけれど、
何かがしっくりこなかった経験はありますか?


何かが想っていた通りにうまくいかなかったり、
実際に手に入れてみたら想像していたのと違っていたり、
ずっと願って頑張ってきたことが想っていたようにうまくいかない体験をすると、
大きな壁にぶつかった強い挫折感を味わい、
それまで頑張ってきた夢をあきらめてしまいます。

大切なハートの願いをあきらめてしまうとき、
人生の方向性がわからなくなってしまうのです。

大きな壁にぶつかったときには、
「これが私の願いだ」と設定していた願い自体が、
ハートの喜びの声に従っていた願いではなく、
親や世間一般の周りの人の「こうあるべき」という声を反映していた願いだったのかもしれません。

あきらめてふたをした夢は、
方向性がまるごと間違っていたわけではなくて、
ハートの願いと頭の願いがごちゃ混ぜになってしまっていただけなのです。

例えば、誰もが羨むような会社に勤め、
立派なお家に住んで、
高価な車を運転し、
素晴らしい人生の伴侶に恵まれたけれど、
心が空っぽな人がいるとしたら。。。。

その人は、本当に幸せでしょうか?


「幸せとはこういうもの」と刷り込まれた思い込みの幸せを叶えようとすると、
実際にどれだけの富を手に入れ、
どれだけ素晴らしい職業に就き、
どれだけ素敵な人生の伴侶に恵まれても、
「何かが足りない」感覚を拭うことはできません。

足りないものを追い求め続ける
追われるような焦燥感を抱き続けます。

何かが足りない、
心が満たされない想いは、
決して潤うことのない喉の渇きを抱え続けているようなものです。


ハートと頭の違いを見分けることが出来るようになっていくと、
ハートのど真ん中にぴったりしっくり当てはまる
心地よい安心感と満たされ感を実感し、
自分らしく人生を生きている充実感を味わうことが出来るのです。


「ハートの真の幸せ」に意識を向けるとき、
本当は、多くのことを必要としているわけではなくて、
ハートが願っている幸せは、とても小さな喜びの積み重ねであることがわかります。


ハートの願いは、本当は、とってもシンプルですが、
頭は、ハートが訴えている願いを理論的に判断しようとします。

頭の願いに従って人生の計画を立てるとき、
計画通りに物事を進めていっても、
真の意味で心が満たされることはありません。

何をしても、
どこへ行っても、
どれだけ高価なものに囲まれても、
ハートを置き去りにして叶えた夢の賞味期限はとても短く、
すぐに喉の渇きのような内から突き上げる満たされない欲求を感じ、
次の何かを探し求め始めるのです。

【ハートの願いと頭の願いの違い】

ハートの願い
☆素直で純粋
☆直観的
☆点と点
☆理由がないわくわく感と喜びに満ちている
☆あきらめようとしてもあきらめきれずに戻ってくる

頭の願い
☆理屈的
☆理論的
☆点と点を線で結ぼうとする
☆根拠や確証を求める
☆保険をかけようとする

頭の願いは、
頭だけの算段で未来を予測し
過去の体験や周りからのデータを収集し計算した上で
はじき出された願いです。

例えば、頭は、
ニュースで見聞きする高齢化社会の未来を踏まえ
「将来この資格さえあれば、困らないだろう」という理由から、
老人介護の資格を取得しようとします。

「本当に、老人や介護が好きなのか?」
「それは、本当にハートがわくわくすることなのか?」

ハートがどう感じているのかを省みることなく、
頭は「これだ!」とまっしぐらに猛進します。

ハートを置き去りにして
頭だけで突っ走ると、
ハートの喜びを無視した状態になります。

資格を取得し、
実際にその職業に就いてみると。。。

「想っていたのと違う。」
「身体がきつくて続けられない。」

など、
いろんなできない理由や
言い訳が出てきます。


ハートが伝えてくる願いは、
理屈も根拠もないけれど、
「なぜだかわからないけど、わくわくし、惹かれる」ものです。

理由を説明することが出来ないので、
頭が理屈を後付けしようとしますが、
頭の理論スイッチが入ると、
あれこれ言い訳も始まります。

「お金が。。」
「年齢が。。。」
「もう少し勉強して自信をつけてから。。」
など、

頭は、過去の失敗体験に基づいた
不安や心配を伝え、
新しい変化に対し、抵抗を始めます。

正しいか、間違っているか
他の人からどう思われるか、
善悪の価値判断
自信のなさ
など、
頭だけで考えて、答えを出そうとすると、
出口のない迷路を永遠に彷徨うことになるのです。


【人生のリセットチャンス】

ハートの声を無視し続けると、
魂の計画書通りに人生が進まなくなるため、
人生を迷走します。

例えば、あなたのご両親は、あなたに弁護士になってほしいと願っていたと仮定しましょう。

親の期待に応えようと頑張って弁護士になってはみたけれど、
ハートにうそをつき続けることはできないため、
「何かが違う」という思いが払しょくできません。

やがて、心の中にぽっかりと開いた埋まらない穴があることに気付きます。

親が敷いた人生のレールの上では、
「自分の人生を生きている」という満足感を得ることが難しく
一体これは誰のための人生なのか、
私は何のために生きているのか、
内面で葛藤します。

人生の大きな壁にぶつかるとき、天地がひっくり返るような内面の葛藤に苦しみます。

内面の大きな葛藤は、今までの人生の道のりやあなたの人格のすべてを否定しようとするかもしれません。
うまくいかない現実を、親や周りの人や社会のせいにしようとするかもしれません。
上手にできない自分を責めて、可哀想な自分に浸るかもしれません。
ハートの直観そのものを疑ってしまうかもしれません。


人生の大きな壁にぶつかったとき、
どのような心の葛藤を抱えたとしても、
「何も悪いことは起きてはいない」と想ってください。

起きている出来事は、
あなたのハートを見つめるきっかけを与えてくれているのです。

人生をリセットするために、
ここまで生きてきた人生を見つめ直すチャンスです。


「本当は、何を願っていて、私はどうしたいのか?」

「親が」言うからではなく
「世間が」どうだからではなく、
私はどうしたいのかを、
見つめるように促してくれているのです。

人生の壁は、内面の真実を見つめるきっかけを与えてくれているのです。

あなたのハートが一体全体何を願っているのかを
見つめるチャンスを与えてくれているのです。

ハートの真の喜びを見つめるチャンスです。

頭は、ハートが訴えてくる願いに対し、
あれこれ先の展開を空想シュミレーションし、
何通りものシナリオを想定します。

あなたの内側でハートと頭が戦って、
迷いに迷った挙句
結局「何もしない」ことを選ぶかもしれません。

頭がどれだけ言い訳を言っても、ハートは決してあきらめません。

同じ道をぐるりと回り、また出発地点に戻ってきます。

何度あきらめても、あきらめきれない大切な願いがあるなら、
それは、あなたのハートが訴えている「人生の使命」のヒントです。

ハートの願いにふたをすると、
人生は、八方ふさがりになっていきます。

今世、生まれてきた理由の大きなヒントにふたをしているので、
自分が何を願っているのかわからなくなります。
本当はどうしたいのか、どうしたらいいのかわからなくなり、
人生の方向性を見失います。

今のあなたが人生の方向性を見失ってしまっているのであれば、
「ハートの願いを見つめなさい」というエンジェルからのサインです。

ずっと前に自ら扉を閉じた大切なハートの願いの扉を開くときです。

ハートの願いの扉を閉じた理由は、人それぞれです。
それぞれにいろんな理由や状況があり、ハートの願いにふたをしたのです。

理由や状況がなんであれ、
一旦過去に線を引き、
過去は過去として水に流してみましょう。

「両親の反対があったから。」
「お金が足りなかったから。」
「覚悟が出来なかったから。」

そのときの状況によって、理由はさまざまですが、
本気で今から人生をリセットしたいと願うなら、
過去の詳細に囚われることはもうやめて、
今からハートを見つめる決意をするのです。


エンジェルは、ハートを見つめる決意をしたあなたへ
無限のサポートを贈ります。

ハートに響くわくわく感やぴんとくるひらめきは、
エンジェルが、あなたのハートへ「こっちだよ!」と導きのサインを届けているのです。

不安や心配ではなく、
ハートの喜びを選び続ける決意をするとき、
エンジェルのサインは
次から次へと
ハートへ届いていることに気付きます。

エンジェルからハートを通して導かれるとき、
驚きの展開が可能になります。

頭で考え計算していたときには欠けていたはずのパズルのピースを
驚きのストーリーで埋めてくれます。

エンジェルから心地よく導かれるために、
頭でぐるぐる考えることを一旦横へ置いて、
ハートを見つめる決意をしてください。

次回は、「エンジェルと一緒にハートを見つめる」エンジェルの癒しのガイダンスをお届けします。

あなたのハートの一番の願いが叶うことを信じて
エンジェルの愛と祝福を贈ります。

ありがとうございます。






■ ゴンザレス万紀子 プロフィール
ゴンザレス万紀子
名古屋エンジェルクリニックAngel Experience主宰。名古屋を中心にエンジェルの愛の活動を展開中。個人セッション、個人レッスン、スカイプセッション&レッスン、各種エンジェルイベント、エンジェルの癒しのものづくり講座などを随時開催。 エンジェルの癒しのジュエリー、エンジェル瞑想CD販売。 全国&世界各地からのエンジェルからの素敵なご縁をありがとうございます。