YES~世界のピースのために~ [2016/06/01]
末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第52回

このコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。

毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪

今回使ったのは「アセンデッドマスターオラクルカード」で、引いた1枚は「YES」でした。
というわけで、今回は「必然性」について書いてみます。

 

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜


人生は、パズルのピースを集めてはつないでゆく作業に似ているなと思ったことがあります。
選択の1つ1つ、体験の1つ1つ。壮大なパズルのピースが順番に渡されます。
1つ渡されるたび、それをわたしはゆっくり眺め、あるいはそそくさと箱のなかにしまって、この体験には何の意味があるんだろうと思っているのも束の間、またどこからか次のピースがやって来るのです。

どのような形の、どんな色彩のピースがやって来るかは、概ね受け取るまでわかりません。
ときに意外な形、予想外の色で現れるので、いったいこのピースは「わたしの人生」というパズルのどこにぴったり収まるというのか、何のためにこんなことが起きたのか、皆目検討がつかないということもあります。

興味深いのはピースの渡される順番で、こちらからすれば何の関連性もなくバラバラに、場合によっては端と端、こんなふうに渡されたってつなぎようがないじゃないかと思えるほど脈絡がないのです。
それに、すべてが自分にとって都合のいいものとは限りません。「こんなピース、要らないのに!」と思えてしまうような、ダークでいびつなピースを受け取るはめになることもあります。


ある程度似たものが集まってくると、その部分がつなぎ合わされて、その体験の意味――必然性――が見えてきます。
ああこの経験があったから今があるんだ、これまでの経験はこのためだったのか、そんなふうに。

けれども全体像はなかなか見えません。このパズルの最も素晴らしいところは、一人の人間のパズルにおいて、「角」がないという点です。それを渡されることはありません。なぜなら誰か他の人のピースとつながってゆくからです。家族、友人、パートナー、同僚。多くの人たちと。つながり合い、広がっていきます。
何が描かれているのか、ところどころは見えても、やはり全体はまだ見えません。


ここで断っておくと、渡されるとは言っても、そのピースをデザインしたのは自分なのです。覚えがあろうとなかろうと。自分の「思い」がそっくりそのまま、その形と模様になっただけのことです。

そしてまた、そのピースの1つ1つに「良い」・「悪い」というものはありません。受け取ったピースを見て、「これは嬉しい」、「これは悲しい」と勝手に決めて見ているだけのことで、実際のパズルのピースを思いだしてみてほしいのですが、あれの1つ1つに良し悪しなどないのと同じことなのです。

それなのにわたしたち(エゴ)は「ここがへこんでいる!ショック!」、「ここが出っ張っている!うれしい!」、「この色は暗い!残念!」、「この模様はきれい!ラッキー!」とピースを見ていちいちジャッジをしてはその出来事に反応しているのだから、笑ってしまいます。
ピースのどこがくぼんでいて、どこか出ていようが、どんな色で何が描かれていようが「同じ」ことです。優劣はないし、体験は吉凶を占うためのものではありません。


 
 
 

そうであるなら、すべてのピースに“YES”と言いたいものです。どんなにいびつでうす汚れたピースでも。いびつだと見たのは「わたし」であり、美しくないと思ったのは「わたし」なのです。
たった1つのピースをどんなに穴が開くほど見たところで、そのピースの固有の目的などわかりようがありません。なぜこのタイミングでなぜそれが起きたのか。それは流れのなかで見えてくることだろうと思います。

確かなことは、わたしたちは地獄絵図を作っているのではないということ。
ピースの1つ1つに別な目的があるのではなくて――わたしたちには勝手に意味づけをするきらいがあるけれども――、たったひとつの「目的」があるだけです。

凸(でこ)と凹(ぼこ)の意味がどんなものであれ、その表面に描かれたものの奥にある「真実の絵」を見たいと願うなら、みるみるうちに表層が剥がされて、たったひとつの「目的」が明らかになり、それは美しい天国の絵を見ることになるでしょう。

「わたしの人生」、「わたしの思い」、「わたし」自身のおうとつは、誰かの人生、誰かの思い、その人自身のおうとつと必ずどこかでつながっています。体験をわかち合い、思いをわかち合い、ピースとピースは収まるべきところに収まってゆく。補完し合う。
それがどんな因果でつなぎ合うことになろうとも、ゆだねていればいいのです。そのタイミング、その相手は必然によって決まっていくのだから。

そうして世界中の人たちはつながり合ってゆく。まるで地球儀を作るかのように、角のない球体のパズルが出来上がるのかもしれません。
世界の平和というのは、いくつものおうとつが「愛」の思いだけでつながり合っていったときに、つまり実はそうなっている状態――真実の絵――を見たいのだというわたしたちの本当の願いが目を覚ましたときに、達成することのように思えます。

「わたし」のピースは、世界のピース。
あらゆるモノ、人、出来事をジャッジしていくのではなく、感謝の思いで受け入れ、流れ(必然性)に抗わず、真実の絵を見るために心に平和を宿していたい、保っていたいと思います。

 
 
 
 


メソッド52
すべてを感謝の心で受け入れる

「良い」・「悪い」、「好き」・「嫌い」でジャッジしていくのではなく、
すべてに「ありがとう」という思いを捧げていくことで安らかさが目を覚まし、
愛の経験が増えていきます。
世界の平和は、自分自身の思い(ものの見方)に関わっています。


■ 末吉 愛 プロフィール
末吉愛ドリーン・バーチュー博士認定エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)(R)
2011年ハワイにて、自分では申し込まずに奇跡的な流れでATP(R)となる。
現在は多くの方にリーディングやヒーリングを行ったり、「エンジェルガイダンスカウンセラー」養成コースにてその手法を伝え、カウンセラーを輩出している。

2012年7月、やむを得ず来日できなかったドリーン博士に代わり、横浜開催のワークショップにて、オラクルカードリーディングについてのワークショップを担当した経験をもつ。

教師、心理カウンセラー、アロマセラピストとしてのキャリアもあり、地に足のついたスピリチュアルな生き方で「奇跡」を体験し、自分の可能性を拡げてゆくための方法をさまざまな観点を通して伝えている。

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
過去記事一覧を見る
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
第2回 前里光秀×ヒーリングワーク(仮)
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-