STUDY~真に受け取るには~ [2015/12/02]
末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第46回
STUDY~真に受け取るには~

このコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。

毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪

今回使ったのは「エンジェルオラクルカード」で、引いた1枚は「STUDY」でした。
というわけで、今回は「学ぶ姿勢」について書いてみます。

 

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜


「STUDY」という文字を見ると、学生時代のことを思いだします。勉強嫌いで、とくに理系科目が苦手だったために、ずいぶん苦労しました。

数学での「マイナス」という概念がわからなかったし、理科の、粘土の球にバネをつけてどの程度伸びるかを実験してみました、というあの問題の意味も、すでにとうの昔に亡くなった歴史上の人物の名前を暗記することの意義も、まったくわかりませんでした。

わからなかったというより、わかりたくなんかなかったと言ったほうが正確かもしれません。
わたしにはどれもみな、どうでもいいことでした。
「勉強」と言ったって、根源的な意味もわからずただ解き方だけを覚えたり、名称を暗記したりする程度のことで、いったいそれが何の役に立ち、よく覚えていることの何がそんなに偉いのか、ばかばかしい、冗談じゃない、そんなふうに思っていました。

それでわたしのしていたことと言えば、漫画か推理小説を読むことだったのです。
試験の記号問題は、「ドレニシヨウカナ、テンノカミサマノユウトオリ」で選んでいたし(テンノカミサマは何度この方法を試しても正解を教えてはくれなかったけれど、これしか術を知らなかったし)、「試験前は勉強する」という、行為そのものの意味と、その考え方が理解できなかったので全くせず、おかげで中学一年生の頃の成績は、それは悲惨なものでした。


勉強すること、何かを学ぶということそのものは、やはりどうでもよい――してもしなくてもどちらでもよいことだと今でも思います。

「勉強」自体はゴールにはならないからです。何かの知識を得ることそのものがゴールなのではなく、それを通して何かをすることが大切なのだということ、学習は手段なのだということは、言うまでもないことでしょう。
たとえ博識になっても、そのこと自体に満足できるわけがありません。他者からの称賛を抜きにして、悦に入ることなど不可能なのですから。


大事なのは、何のために学ぶかということであるし、また、その際の「学ぶ姿勢」なのだと思います。

ただやみくもに講座やセミナーを受けに行っても、目的を忘れていては活かしようがありません。
講座を受けるという行為そのものに安堵して――それはおそらく、何かやらなくては駄目なのだという不安の払拭のために――数々の講座でインプットしたはいいものの、多額の費用がかかっただけで、結局少しもアウトプットできていないというケースが多く見られるようですが、実のところ勉強することそのものに満足することは不可能なのだということに、気づかなくてはならないでしょう。

もし本当に、よく言われる、「講座を受けて満足している」状態なのだとしたら、いくつも同じようなテーマの講座をとるでしょうか。
受けた気になって一時的な安堵感は得られたにせよ、実は何もそこで真に受け取ってはいないから、別の似た講座やセミナーに興味が向くのではないでしょうか。

 
 
 

そもそも、授業や講座というのは「受ける」ものではなく、「能動的に学び取る」ための場です。
目的を意識していなければ、そこで能動的になることはできません。

「この講師がわたしを変えてくれる」、「この講座で今度こそわたしは変われる」という期待を膨らませて席に着いたところで、終わる頃に得られるものと言えば、「なんだ、知っている内容が多かったな」という失望感くらいでしょう。
度肝を抜かれる話など、まずほとんど聞けないものだし、何かの本で読んだな、誰かも同じようなことを言っていたなと思う程度のことばかりです。

けれども、目的を忘れず、「能動的に学び取る」姿勢で受講するなら、どのような講座であってもギフトに満ちたものであることがわかります。
同じ講座を受けても、参加者によってその後全く違う結果を得ることになるのには、こうした「学ぶ姿勢」が大きく関わっているのです。


「能動的に学び取る」とは、「真に受け取る」ということです。

真にそこでもたらされているものを受け取るには、白紙のノートを用意していなければなりません。
ごちゃごちゃと詰め込まれた知識、生まれてからこれまでに出来上がった価値観の数々――。それらがびっしり書き込まれた「こころ」で講座やセミナーを受けても、「ああ知ってる、それ」、「なんだそんなレベルの話か」、「それは間違ってる」、「そんな方法は意味がない」と判断して聞き流すか、あるいは、「ああそれは役立つね」、「これは得したぞ」と勝手な解釈を持ち込んでいい気になっているかのどちらかが多いことでしょう。

「真に受け取る」ことにコミットすることを願うなら、あらゆる思いを一時的でもよいから退けなければなりません。
その講座の場に来るに至った必然性に感謝して、まっさらな気持ちで「聴く」こと。そうすれば、自分が思っていた以上の「目的」がそこにあったことに気づけます。

講座やセミナーを多く受けることが良くないと言っているわけではありません。先に述べたように、学ぶことそのものは、どちらでもよいことです。
何のためにそこへ赴き、そこでどのように学び取るか。そこにある程度の明確さを持って、臨みたいものです。



学校の教師になるという決断を下した中学二年生の少女は、吐き気がするほど――実際何度もそうなったほど嫌いな勉強に取り組み続けることにしました。
できることならずっとお菓子を食べながら漫画を読んでいたかったけれども。将来の夢のためには、やむをえません。

以降数年間続けられた努力そのものは、表面的には何の意味もない行いでしたが、わからないことに向き合う姿勢と、勉強の仕方、夢を叶える力の出し方について学ぶことができました。
当時暗記したあらゆる名称と年号、公式は、ほとんど記憶に残っていませんが、愛くるしい生徒たちとともに過ごすこと、心通わす瞬間を何度も経験するという、学生の頃には想像だにしていなかった大きなギフトを受け取ることになったのです。

いいえ、わたしはそれをこそ心密かに願い、たったひとつのゴールとしていたのだということを、確信を持っていま振り返ることができます。


わたしたちの本当に学びたいことは、何かの定義や手法などではなくて、そういうシンプルで純粋な何か――ひととひとは心を通わすことができるということ、誰もが価値ある存在で、尊く、かけがえのない魂なのだというようなことなのではないかと思います。

数学も、古典も心理学も。料理も運動も。どのようなこともみな、愛である「わたしたち」を知ること、「わたしたち」を感じ合うことのために使われる道具。
だからこそ、能動的に学び取って――その知識や情報の向こう側、もっとずっと奥にあるものをしっかり受け取って――真に価値のある使い方ができるように、柔軟な心で流れにゆだねていたいものです。


 
 
 
 


メソッド46
自分の学ぶ姿勢を振り返ってみる

セミナーに参加しなくても、日常からでもあらゆることが学べます。
学ぶ姿勢を養うというのは、真に受け取る力を養うことと同じです。
今日の学びはどのようなことだったでしょうか。


■ 末吉 愛 プロフィール
末吉愛ドリーン・バーチュー博士認定エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)(R)
2011年ハワイにて、自分では申し込まずに奇跡的な流れでATP(R)となる。
現在は多くの方にリーディングやヒーリングを行ったり、「エンジェルガイダンスカウンセラー」養成コースにてその手法を伝え、カウンセラーを輩出している。

2012年7月、やむを得ず来日できなかったドリーン博士に代わり、横浜開催のワークショップにて、オラクルカードリーディングについてのワークショップを担当した経験をもつ。

教師、心理カウンセラー、アロマセラピストとしてのキャリアもあり、地に足のついたスピリチュアルな生き方で「奇跡」を体験し、自分の可能性を拡げてゆくための方法をさまざまな観点を通して伝えている。

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1年後
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
【8年目のヒーリング奇跡体験!衝撃の実録映像】
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-