メルマガだけで読めるワーク その11

COCORiLAでは、毎日様々なコラムや豆知識、ニュースなどの記事を紹介していますが、ココリラメンバーに登録していただいた方向けに、メールマガジンも発行しています。そんなメルマガで好評連載中の「プチワーク」。バックナンバーを見たいという方も多いので、以前発行したものから、2つを毎月紹介していきます。

9月に発行したメルマガから、家族や大切な人との絆を強めるためのプチワークを紹介しましょう。



・櫛を使った浄化のワーク(vol.227 9月4日発行号より)

くしは本来とてもスピリチュアルな道具でした。

そもそも、私たち人間の髪の毛には霊力が宿るとされていました。
そんな髪の毛を手入れするわけですから、いつしかくしも特別な力を持つようになって当然だったのかもしれません。

また、「くし=奇し(くし)」というのが古来から伝わる言霊であり、「奇し」とは、霊妙で不可思議な働きをするものに与えられた名称だという説もあります。

そんなパワーのあるくしですので、基本的に他人のくしを借りて使うのは良くありません。なぜなら、持ち主のエネルギーを受け取ってしまうからなのです。

自分以外の人のエネルギーを取り入れてしまうと、バランスが崩れるだけではなく、運勢自体も悪い方向に向かってしまう可能性があります。
このことから、「他人のくしを借りて髪をとかすと失恋する」という噂話まで生まれているのです。

さて、そんなくしの使い方ですが、ネガティブなエネルギーが多い場所にいった後や、喧嘩や憂鬱な会議などに巻き込まれた場合などに、くしを使って、しっかりと髪の毛をとかしておきましょう。
こうすることで、髪の毛に付着していたネガティブなものをしっかりと取り去ることができます。
髪の毛をとかしているうちに、気分も変わってくるはずです。

ポイントとしては、一回髪の毛をとかしおわったら、くしを何度かしっかりと振って下さい。どのような方向に振るかは自由です。
くしを振ることで、付着してしまったネガティブなエネルギーを取り除くことができるのです。

なんとなく、運が悪いなぁと思うとき、意味もなくイライラするとき、そういったときには、まずは髪の毛をとかすことからはじめましょう。
そうすることで、ネガティブなエネルギーを取り払い、より自分らしく、爽やかにいけるようになるはずです。




もう一つのプチワークは、この時期に嬉しいお風呂で行うものとなります。

・お風呂でのワーク(vol.230 9月24日発行号より)


最近、気温も低い日が増えてきました。
そんな時は、暖かいお風呂でゆっくりとしたいものですが、ただお風呂に入るのではなく、せっかくですので疲れをとるためのワークも併せて行いましょう。

まずは、身体を洗ってから、シャワーをちょっと熱いかな? ぐらいの温度設定にして、身体で凝っている部分に当てていきましょう。
ある程度の刺激が欲しいので、身体に密着させるのではなく、ちょっと距離をあけて、心地よい刺激になる場所を見つけて下さい。

シャワーの水流によって、自然とツボが刺激されます。
このときに、熱による刺激も加わりますので、より効果がアップします。
シャワーの水は広範囲にかかりますので、あまり厳密にツボの位置を見つける必要はありませんが、特定のツボをしっている方などは、その位置に重点的にシャワーを当ててみるというのもいいでしょう。

5分~10分程度、シャワーでこりをほぐしたら、湯船につかります。
そうしたら、目をつぶって、自分の身体の中にある疲れや、ネガティブなエネルギーを「黒いもの」としてイメージします。
そうして、その黒いものが身体からどんどんと出て行って、湯船に溶けていくところをイメージして下さい。
すべてが身体から出たら、湯船が黄金色に輝いて黒いものが消滅するところをイメージして終了です。

最後に、お湯もまとめて浄化していますが、念の為に他の人がこの湯船を使わないようにお湯を抜いて置いた方がいいでしょう。

物理的な方法とエネルギーワークが組み合わさっていますので、しっかりと行えば、お風呂上がりには、いつもよりもさらにさっぱりして身体が軽く感じられるはずですので、是非チャレンジしてみてください。

いかがだったでしょうか? このようなプチワークが毎週紹介されていますので、興味のある方は是非、こちらから、会員登録を行ってみてください。