家相と風水、その本当の姿

風水や家相といったものを気にする方は多いと思います。多くの時間を過ごす自宅をエネルギー的にも整えたいというのは、当然のことですが、その理論がどのように生まれたかは意外と知られていません。

自宅のエネルギーを整えるというと、もっとも有名な方法が「風水」です。こちらは、中国で生まれた思想なのですが、本来は土地を選定するための手法でした。また、日本ではいまいちメジャーではありませんが、風水で重要視されていたのは、お墓の位置だったのです。

お墓を素晴らしいエネルギーをもった場所、すなわち「竜穴」と呼ばれる場所に立てることで、子孫に繁栄が約束されるとされたために、中国のお金持ちは一流の風水師をやとって最高の場所を探しました。家を建てる場所は、その次であり、その場合でも日本のような小さな場所ではなく、基本的に広大なスペースが必要となります。

風水の基本的なベースは五行思想であり、それを応用することで、近年になってからある程度は一戸建てなどにも対応出来るようにはなりましたが、元々が土地を選定するためのものなので、階数のあるマンションやアパートなどには、かなり強引に適用しているのが事実なのです。

でも、風水でお部屋の開運ってよく聞くけど? と思うかも知れませんが、部屋の模様替えや、どこに物を置いたら幸運が舞い込んでくるなどというのは、風水という名前がついていても、実際は九星気学や家相などがベースとなっているものがほとんどです。

「家相」というのは、風水の影響を受けたという説もありますが、江戸時代頃に成立した生活の知恵が元になったという説が有力です。つまり、エネルギー的なものではなく、日当たりや風通しを良くするためには、どのように家を建てたらいいか、という実利的なものでした。こういった思想は中国の風水にもあり、エネルギーがいい土地というのは、文字通り風が流れ、心地よい住居の条件でもあったのです。つまり、あながち風水の影響を受けたというのも間違いではないことになります。

基本的には、生活の知恵だった家相が、江戸時代後期に占いブームが起きたことで、祟りなどの因縁話と結びつけられて、スピリチュアリティが高くなってきました。さらに、同じくブームで中国から輸入された占いを元に、日本で生まれた九星気学が組み合わさって、現在の家相が成立したわけです。

室内の環境を整えるというのは、重要ですが、家相や九星気学などは、実はさほど歴史のあるものでもありませんので、あまり本や人の意見に囚われずに、自らの意思と直感に従って、部屋の配置を決めるのがベストかもしれません。ただし、エネルギーレベルで整えるために、ひとつだけ確実に効果がある方法もあります。それは、掃除をしっかりとすること。

掃除をしないと、部屋のあちこちに穢れがたまることになります、これは文字通りのゴミや埃だけでなく、そういったものがたまるとそこには、自然とネガティブなエネルギーも引き寄せられてしまうのです。部屋がこのような状態になってしまうと、どんなに花や水槽、黄色いものを置くなどしても、幸運などは引き寄せられません。逆にいえば、掃除さえしっかりとしておけば、あとは部屋の中を風の通りが良いように意識して家具を配置するだけで、自然と運気がアップするはずです。