メルマガだけで読めるワーク その9

COCORiLAでは、毎日様々なコラムや豆知識、ニュースなどの記事を紹介していますが、ココリラメンバーに登録していただいた方向けに、メールマガジンも発行しています。そんなメルマガで好評連載中の「プチワーク」。バックナンバーを見たいという方も多いので、以前発行したものから、2つを毎月紹介していきます。

6月に発行したメルマガから、家族や大切な人との絆を強めるためのプチワークを紹介しましょう。



・風をつかったワーク(vol.219 7月10日発行号より)

今回は、風を利用したプチワークを紹介しましょう。

風を呼ぶ方法というのは、世界各地に伝わっており、種類も色々ですが、本日は、指笛の日ということですので、ちょっと近い「口笛」を使って風を呼ぶ方法を紹介しましょう。

まずは、方角を確認して、自分が呼びたい風を選びます。
東風の場合は、東を向き、南風の場合は南を向きましょう。

そうしたら、そちらに向けて最初は鋭く口笛を吹きます。
そして、そのままトーンを落としていきます。
文章で表現するのはちょっと難しいのですが

「ヒュッ! ヒュゥゥゥゥ~」というような感じです。

最初の鋭く音をだしたときに、心の中で風に呼びかけます。
東風を求める場合は「東風よ吹け!」といった感じです。
そうして、トーンを落としながら、風をこちらにひっぱるイメージをします。
これを3回繰り返しましょう。
うまくいけば、風が吹いてくるはずです。

ダメだった場合は、風が吹いてきていることをイメージしてみてください。
最初のうちは、イメージだけかもしれませんが、慣れてくると、本当に風が吹いてくるようになってきます。

最後に、それぞれの風が持つ意味を簡単に紹介しましょう。

北風…「破壊」「悪い物を手放す」「悪縁を絶ちきる」
南風…「エネルギーチャージ」「活力を得る」「浄化」
東風…「変容」「メッセージを受け取る」「ビジネス」
西風…「ヒーリング」「愛を得る」「瞑想」

これらの内容を参考に風を呼び、そのエネルギーを活用しましょう。
応用法は色々とありますので、ぜひ、風を呼ぶことにチャレンジしてみて下さいね。




もう一つのプチワークは、いつでも、活用できるものです。

・絵で心理状態を変える(vol.220 7月17日発行号より)


今回は「絵」をつかったワークを紹介しましょう。
心理学の世界には、「樹」を描いて貰うことで、その人の内面を知るという「バウムテスト」という手法があります。それぐらい、絵とは人の内面と深い関わりをもっているわけです。

そこで、特定の絵を描くことで、自らの心理状態を逆にそちらの方向へと誘導してみましょう。用意するものは、画用紙と色鉛筆もしくはクレヨン。
絵心がある人は、自分が使い慣れた道具でもOKです。

それでは、さっそく絵を描きましょう。
共通するポイントとしては、精神世界を充実したい場合は、画用紙の「上」を充実させて、現実世界を充実させたい場合は画用紙の「下」を充実させましょう。

また、画用紙の「右」は未来であり、「左」は過去です。
つまり、画用紙の右上になにかの象徴を書いた場合は、精神的にこれから未来へ向かって目指すものをあらわしているわけです。
このことを、しっかりと覚えてから、目的別の絵を描きましょう。

【エネルギーアップ、情熱的になる、運気上昇】
描くモチーフ:太陽、鳥
使う色:明るい色、赤や黄色、オレンジなど
タッチ:線は太く、大胆にはっきりと

【コミュニケーション力アップ、人間関係をよくする】
描くモチーフ:猫、かわいい花
使う色:パステルカラー、ふんわりとした色
タッチ:なめらかな線で、上品にふんわりと

【スピリチュアリティアップ、霊性や知性の向上】
描くモチーフ:月と星、ろうそく
使う色:原色はさけて落ち着いた色
タッチ:やわらかい線で、グラデーションを多用する

それぞれに、違いがありますので、前述した内容から描く場所を考えて、自分に必要だと思う絵を描いてみて下さい。
描いたら、それを常に自分が見ることのできる場所におきましょう。
毎日のように眺めているうちに、自分自身が望んだような変化が訪れるはずです。

いかがだったでしょうか? このようなプチワークが毎週紹介されていますので、興味のある方は是非、こちらから、会員登録を行ってみてください。