Kindness~ほんとうの優しさを~ [2015/07/31]
末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第42回

このコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。
毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪

今回使ったのは「フェアリーオラクルカード」で、引いた1枚は「Kindness」でした。
というわけで、今回は「優しさ」について書いてみます。

 
 

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜


人との関わりにおいて大切な要素と言えるものとして、「優しさ」・「思いやり」が挙げられると思いますが、一言で「優しさ」と言っても、何がそうなのか、人によって捉え方が違うものです。

よかれと思ってしたことが、かえって相手を困惑させたり、図らずもトラブルとなってしまったりする可能性は無きにしも非ず、何が「思いやり」で、何が「おせっかい」なのか、頭で考えてみてもわからない、ということが多々あるかもしれません。


「相手のためを思ってする」という、この「ため」には、注意深くなってみる必要がありそうです。

わが子のためを思って塾に通わせる、部下のためを思って厳しく接する、パートナーのためを思って身の回りのことはすべて自分がやる。

本当にそれが「相手のため」になっている行為なのかどうか、自分から見れば疑いようのないことであっても、相手からすれば、「余計なお世話」なのかもしれません。

また、相手が「余計なこと」だと思っていたとしても、それでもすべてを俯瞰してみたなら、やはりそれは「相手のため」になっていることなのかもしれませんし、
あるいは、自分も相手も「ためになっている」と思えることであったとしても、第三者から見れば、どう考えたってそれは「間違っている」と言える、という場合もあるでしょう。

つまるところ、どう接することが「正解」なのかということを考えてみても、「正解」は出てこない、ということです。わたしたちには、それはわかりません。


けれども考えてみたいのは、相手のためだと思って何かをしようとする背景には、自分の怖れが隠されているのではないか、という点です。

わが子の学力が低く、いい大学に入れずに、安定した職に就けないなどということになるのが怖いから、塾に通わせる。

部下の仕事の出来がひどく、その責任を自分が追うことになり、自分の評価が下がることが怖いから、厳しく接する。

パートナーにずっと好かれていたい、必要とされていたい、嫌われて捨てられるだなんて恐ろしいから、何でもする。


もしそうなのだとしたら、それは「相手のために」やっていることではなくて、「自分を守るために」やっているだけなのです。そして言葉にしていなくとも、相手はそれを感じて嫌になってしまうものです。

だから子どもは塾に行きたがらないし、勉強しない。部下はいつまでも同じようなミスをする。パートナーはなぜか離れていく。

根っこが「怖れ」なのだから、当然、自分が怖れている方向へ進んでいってしまいます。相手は自分の根っこにあるものを映し出してくれているだけで、嫌がらせをしているのではないのです。

そうであるならば、やるべきことは、自分自身をもっと観ること、何を怖れているのか、それを直視することだと言えます。

 
 
 

人は安定した職に就かなければならない、人はできるだけ周囲からよく思われなければならない、人は誰かから常に必要とされていなければ価値がない。
そういった思い込みの数々を手放していくことです。

「こうでなければならない」という思い込みを脇へやった状態で、どう接することが真に「相手のため」になるのかを、ハイヤーセルフや守護天使に尋ねてみましょう。

どんなことであれ、自分で考えて行うのではなく、ハイヤーセルフに預けて導いてもらうことが大切です。何しろ、わたしたちはろくすっぽまともに思考することなどできない――自分は正しい、というスタンスから抜け出ること、自分の価値観を捨てて何もかもを見通すことなどできない――のですから。


そしてまた、たとえ過ちを犯しても、すべては「パーフェクト」です。だから自分の怖れを相手に押し付けたことを反省はしても、罪悪感を抱いて自分を追い詰める必要はありません。

いくら迷惑な押し付けを被ろうと、強制的に支配下に置かれようとも、それでもその「相手」、そして逆にこれまでの人生でそういう体験をした「自分」は被害者ではなく、経験したことのすべては、その先々で、なぜか必然の要素として使われる――痛みの経験も、輝かしい人生というパズルを完成させるための貴重なピースとなる――ということを、安らかな思いで信頼していたいものです。

過ちは正し、自分を守るために人を動かそうとすることをやめ、怖れを直視することによって手放し、相手と自分の最高最善の関係性、真のつながりが築かれてゆくように、ハイヤーセルフにゆだね、直感に基づいて行動していきましょう。

もたらされる答えは、見守ること、たしなめること、別れること、待つこと、忠告すること、その他、色々あることでしょう。
自分の価値観と違っていることだったとしても、それが「すべて」から見た、「優しさ」の表明なのですから、ガイダンスをつねに信頼するということを忘れないでいたいものです。

 
 
 
 


メソッド42
よかれと思って動く前にガイダンスを求める


真にお互いのためになるよう導いてください、教えてくださいと祈り、
安らかさのなかで思い浮かぶことを行っていきましょう。


■ 末吉 愛 プロフィール
末吉愛ドリーン・バーチュー博士認定エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)(R)
2011年ハワイにて、自分では申し込まずに奇跡的な流れでATP(R)となる。
現在は多くの方にリーディングやヒーリングを行ったり、「エンジェルガイダンスカウンセラー」養成コースにてその手法を伝え、カウンセラーを輩出している。

2012年7月、やむを得ず来日できなかったドリーン博士に代わり、横浜開催のワークショップにて、オラクルカードリーディングについてのワークショップを担当した経験をもつ。

教師、心理カウンセラー、アロマセラピストとしてのキャリアもあり、地に足のついたスピリチュアルな生き方で「奇跡」を体験し、自分の可能性を拡げてゆくための方法をさまざまな観点を通して伝えている。

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1ヶ月後
  • 1年後
PAGETOP
2018年ドリーン・バーチューワークショップ
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-