メキシコで最大級のピラミッドが新たに発見される

メキシコのピラミッドといえば、神々の都市ともいわれている「テオティワカン」の太陽のピラミッドが有名ですが、今回、それを越える規模のピラミッドが発見されました。

テオティワカンの遺跡は、太陽のピラミッドや月のピラミッドだけでなく、神殿や城塞などもある巨大な都市であり、古代中米で最大規模を誇っていたとされています。なぜ、このような文明が滅びたのかは、いまでも謎となっていますが、今回発見されたピラミッドは、同じ中米にありながらも、ちょっと変わったものとなっています。

2010年から「INAH(国立人類学歴史研究所)」が発掘調査を行っていたのですが、最近になって、こちらの遺跡は1700年前のものであり、今まで中米で最大とされていた太陽のピラミッドを10m上回る、75mのピラミッドだということがわかりました。

この遺跡は植物に覆われており、一見すると自然にできた丘のように見えていたのですが、三次元スキャンを行ったことで、完全な人工物であるということがわかりました。丘に見えるほどの巨大なピラミッドですが、ただ、大きいわけではありませんでした。

前述したように、テオティワカンの遺跡はピラミッドの他に、さまざまな役割を果たす建物があったのですが、こちらのピラミッドは、そのものが街ともいえるような構造になっていることがわかってきたのです。

新しく発見されたピラミッドは7階層にわかれており、それぞれの階層によって、住居や寺院、王宮といった機能が配置されていたと考えられています。このように、ピラミッド内ですべてを完結させてしまうようなケースは、マヤ文明の遺跡には珍しいとされており、この遺跡を作った古代人にも注目が集まっています。

なんと、敷地内には野球ができるほどのコートもあり、さまざまな彫刻が彫られたモニュメントも存在しているということですので、今後、より詳しい調査が進むことによって、もしかしたら、新しい古代文明がまたひとつ明らかになるのかもしれません。

果たして、そこにはどんな文化があったのか? どんな宗教や精神性が流れていたのか、引き続き調査を見守っていきたいと思います。