「勉強したいことはたくさんあるのに、お金がない」と頭を抱えたことはありませんか?

私はこれまでスピリチュアルな学びに、優に大学を2回卒業できる金額を投資してきました。
一つの資格を取得するのに数十万円必要なんてことは珍しくもなく、3日間のセミナーに30万円投資したこともあります。

私がスピリチュアルな学びを始めた頃、貯金がたくさんあったわけも、高収入だったわけでもありません。むしろその頃は、ヒーリングの学校に通うため、それまでのキャリアを捨てて派遣で働き始めたので、給与所得は半分になっていたほどでした。

では、一体どのようにして、時には年間100万円を超える学費を調達してこられたのでしょう?

私は以下の言葉を使い、全てハイアーセルフにお願いしてきました。
「◯◯◯◯(取得したい資格や講座名)が私に必要で、人のためになるのなら、資金を用意してください」
これだけです。

このように願って用意されなかった記憶がないので、これまで受けてきた数々の学びは、私にとって必要だとハイアーセルフは判断したのでしょう。
なおかつそれが人のためになる内容だったので、今の仕事に繋げてこられたのだと思っています。


とはいえ、「たまたま臨時収入が重なっただけじゃないの?」「ハイアーセルフのおかげとは限らないのでは?」と、思う方もいらっしゃるでしょう。

なぜ、引き寄せたお金が“ハイアーセルフにお願いした学費”とわかるのか? といいますと、受講料の支払い期限までに用意されたのはもちろん、集まる金額が、あまりにも毎回受講料とぴったりだからです。

ある時など、42万円の受講料に対し、保険の見直しを行って返ってきた金額が42万円ぴったりだったので、思わずハイアーセルフに、
「ありがとう。このお金は、あの受講料分ね?! でも、交通費くらい上乗せしてくれても良かったんじゃない?」
と、贅沢な不満をもらしたほどです。

他にも、10万円くらいの講座では、
「この講座を受講することは、私に必要で、人のためになる?」
と聞いてから、わずか2時間足らずで、受講料分のセッションのご予約が続けざまに入ったことがあります。現在の私でも、1日に4、5件のご予約をいただくことはあっても、2時間でというのは稀ですから、ハイアーセルフに改めて確認するまでもなく、受講料として用意してくれたのだとすぐにわかりました。


このように、調達ルートはハイアーセルフに任せるとして、
「◯◯◯◯(取得したい資格や講座名)が私に必要で、人のためになるのなら、資金を用意してください」
と、まずはお願いしてみてください。


補足として、上手に学費を引き寄せるためのポイントを3つご紹介しておきます。

①普段からハイアーセルフと良好なコミュニケーションを取っておく
コミュニケーションの取り方は、「井上真由美コラム 透視リーダーの日常 第1回『ハイアーセルフとのコミュニケーション術』」でご確認ください。

②ハイアーセルフが用意してくれた学費を他のことに使わない
ハイアーセルフとの信頼関係を裏切らないようにすることが大切です。別件の入用分は、改めてお願いするようにしてください。

③瞑想する
引き寄せを遮断してしまうエネルギーは、「手に入るとすれば、この方法のはず」や「ダメだったらどうしよう」といった、既成概念や怖れの感情です。瞑想して浄化しましょう。


自己投資の機会にハイアーセルフにも協力してもらえば、資金調達の恩恵だけでなく、ハイアーセルフが肉体人格であるあなたに対し、今生で望んでいる才能やミッションの確認にも繋がります。
更には、それをハイアーセルフとあなたとで共に磨き、クリアしていく自覚を高め、相互信頼も深まっていくことでしょう。


■ 井上真由美プロフィール
井上真由美幼少より予知能力があり、休み時間には屋上の踊り場に相談待ちの行列が出来るという、小学時代を過ごす。
現在は、「地球を愛し、地球での時間を楽しむ」を理念に、個人セッションやセミナーをリード。
顧客は、2歳〜79歳。日本全国、海外。芸能人、専門職、経営者〜学生と、広範囲。
米国クリアサイト認定 上級透視リーダー・クォンタムヒーラー・アニマルコミュニケーター


NPO法人 日本融合医療研究会 名誉理事

☆井上真由美(hauoli)HP:http://www.hauoli.org
☆ブログ:http://ameblo.jp/hauoli-makana/