『思いやり格差』はベストパートナーのためのエッセンス [2015/03/26]
井上真由美コラム 透視リーダーの日常 第5回
『思いやり格差』はベストパートナーのためのエッセンス

春は出会いと別れの季節ですね。それが、男女の愛の始まりと終わりの場合もあるでしょう。
特に男女の愛に関するご相談のセッションでは、外せないポイントがあります。
それは、お二人の『格差』を透視することです。

格差と言えば、収入差がある芸能人同士のご結婚のことを指す『格差婚』を想い浮かべる方もいるでしょう。しかし、私が透視で視る『格差』は経済的な格差ではなく、相手を思いやる心の格差、いわば『人格部分の格差』です。


ご夫婦でも恋人でも片思いでも、この思いやりの格差が開いているとき、お二人の関係は上手くいっていません。
「私のことをどう思っているのか、さっぱり彼の気持ちがわかりません」と言う彼女と「僕の気持ちが彼女には全く伝わらない」と言う彼の間に出来た、互いを思いやる心の差を埋める方法が、透視ではハッキリと読み取れます。

例えば、独身カップルの一例をあげますと、二人の関係が落ち着いてきたとき、「彼の態度が冷たくなった」と悩む女性がとても多くいらっしゃいます。

「彼はもう私に興味が無くなってしまったんだわ。『仕事が忙しい』というけれど、メールくらい打てる時間はあるはず。もしや釣った魚に餌をやらないタイプかも。今からこんな状態では、彼と結婚しても私は幸せになれない?!」
と、女性の心の叫びというのは、大概こんな感じです。

こういうときに厄介な存在が、実は女性の友人なのです。
友情というのは大変ありがたい愛でして、友人は無条件で味方になってくれます。
『無条件で味方』の落とし穴は客観性が無くなるということ。つまり、「私の大事な友人の〇〇を悩ませる、そんな奴は酷い男」となってしまい、大抵、その結末は「悩まされるなら別れた方がいいよ」という方向に向かうと思っていた方がよいでしょう。

一方で、男性の方を透視しますと、女性とは全く逆のことを考えています。

「二人の関係も落ち着いたし、あとは自分の仕事を安定させればプロポーズ出来る。だから今はとにかく仕事を頑張ろう」

というように、彼女との結婚を密かに計画し、一日でも早くプロポーズ出来るようにお仕事を優先して頑張っている映像が視えてくるのです。

私が透視で視たそんな状況を女性にお伝えすると、
「確かにそうです。でも、彼は仕事の愚痴ばかりを私に話しているようにしか見えていませんでした」
「彼は私のために頑張っていてくれていたんですね」
と彼の思いに気づかれます。すると、ご自分の寂しい気持ちだけにフォーカスしていたエネルギーから、フッと上がって、彼を思いやる輝いたエネルギーになります。
『思いやりの格差』が縮まる瞬間です。

こういった思いやりの格差が起きてしまうことは、決して特別なことではありません。自分の気持ちが優先してしまうと、格差が生じてしまうのです。


もう一つ、ちょっと可愛らしい、笑い話のようなA様のお話をご紹介しましょう。


『思いやり格差』はベストパートナーのためのエッセンス

A様は大のスイーツ好きです。ある日、ご主人が誕生日に前から一度食べてみたいと思っていたパティシエのケーキを買ってきてくれると約束をしてくれました。
A様は大喜びで、以前からお目当てのケーキをお願いしました。ご主人が決して間違えないようにネットで検索して、その画像まで送った徹底ぶり。いかにA様が楽しみにしていたのかがうかがえます。
ところが!!!
なんということでしょう!ご主人が買ってきたのはリクエストしたものではなかったのです。A様の望みは一点豪華なケーキだったのに、ご主人が買ってきたのはそのお店の全く違う小さくてたくさんのお菓子。それをみせて、「どうだ!うまそうだろう。どれから食べる?」と、嬉々と話すご主人と裏腹に、A様の落胆は言うまでもありません。

「主人は私が言ったことを結局何も聞いてないのです。あんなに詳しく説明したのに。今回は些細なことですが、いつもそうです。私の気持ちよりも自分の気持ちを優先してしまう人なのです。私に対し愛情が無いんです」

と話すA様は、その時はご主人の愛を疑うほど思いつめてしまったそうです。

しかし、A様のご主人の気持ちを透視すると、愛情がないどころか、A様と自分は一心同体と思っている様子が視てとれるのです。
ご主人のハイアーセルフに確認しても、
「自分が嬉しいことは、Aも嬉しいはず!色んなお菓子を二人でちょっとずつ切り分けて食べる方が楽しそうだから」と思ってのことだというのです。

A様に、ご主人のハイアーセルフの言葉を含め、ご主人の胸のうちをお伝えしました。
ご主人は、とてもピュアな方で全く悪気は無いこと。A様をもっと喜ばせてあげたいと思ったことが、結果、リクエストしたものとは違う形になってしまったこと。それはA様がいつも自分と同じ気持ちでいてくれると信頼しているからであり、ご主人は『こんなに通じ合える人は他にいない』とA様をとても愛していらっしゃるということを。

A様もどこかでそれを知っていたご様子で、「はい、子供のようにとても純粋な人です」と、笑ってくださいました。

このようにちょっとした差が、大きな差になる前にその都度修正していくことが、パートナーとの関係を築いていくコツになります。

男性は女性ほど自分の思いを表現することが上手ではありません。その上、思いを表現しなければいけない重要性さえ気づいていなかったりします。

男性が表現しないからといって、思いやりが決して無いということではないのです。男性が持っている思いやりに気づく力がアップすれば、女性の愛される力も自然にアップするでしょう。


最後に、どんなに格差を埋めようと努力しても、ときには別れてしまう関係もあることも補足します。

その関係の場合は、人生の課題をクリアするために、人生のある一部分の時間を共に過ごす『契約』を生まれる前に結んでいる場合がそれに該当します。

※契約とは、魂を向上させるために取り組む人生の課題に、協力者として参加することを魂同士が同意している内容です。

そして、その人生の課題をクリアした時点で『契約』は終了します。それからまた次の新たなパートナーと二人で協力しあって人生の課題をクリアすることに努め始めます。

このような場合、暫くは苦しく思うこともあるでしょうけど、やがて、別れたことを納得できるでしょう。
もし、いつまでも引きずってしまっているならば、相手を思いやる努力が精一杯できたかどうか振りかえってみてください。
愛を与えきっていれば、結果に執着することなく次のステップに向かえますが、エゴがあったり、思いやりの格差を埋める努力を怠ると、未練が残ってしまいます。罪悪感が残るからです。
だからといってその場合も、いつまでも罪悪感を抱く必要はありません。気がついて、ひとしきり反省したなら、それを次に活かせば良いのです。


人生でご縁がある人というのは、意外と少ないものです。その希少なご縁を『思いやりの格差』に目を向けることで、共に成長し、長く続けられる関係に育てることが可能になるでしょう。



■ 井上真由美プロフィール
井上真由美幼少より予知能力があり、休み時間には屋上の踊り場に相談待ちの行列が出来るという、小学時代を過ごす。
現在は、「地球を愛し、地球での時間を楽しむ」を理念に、個人セッションやセミナーをリード。
顧客は、2歳〜79歳。日本全国、海外。芸能人、専門職、経営者〜学生と、広範囲。
米国クリアサイト認定 上級透視リーダー・クォンタムヒーラー・アニマルコミュニケーター


NPO法人 日本融合医療研究会 名誉理事

☆井上真由美(hauoli)HP:http://www.hauoli.org
☆ブログ:http://ameblo.jp/hauoli-makana/


この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
過去記事一覧を見る
PAGETOP
2018年ドリーン・バーチューワークショップ
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-