メルマガだけで読めるワーク その3

COCORiLAでは、毎日様々なコラムや豆知識、ニュースなどの記事を紹介していますが、ココリラメンバーに登録していただいた方向けに、メールマガジンも発行しています。そんなメルマガが、先週で通算200号を迎えたことを記念して、人気コンテンツとなっている「プチワーク」を紹介したいと思います。

1月に発行したメルマガから、瞑想法と呼吸法というシンプルでありながら、非常にさまざまな応用の効くプチワークを紹介しましょう。



・自分以外のものになる瞑想(vol.194 1月16日発行号より)

自分以外とはいっても、実際に変身したりするわけではありません。
地水火風のエレメントになってみたり、植物や動物になったりすることで、それらのエネルギーと一体化し、自分の中に取り込むことが目的です。

エレメントと一体化するためには、身体を動かしたり声を出したりするほうが簡単なのですが、今回は少し難しいけれども、それだけにさまざまな対象に対応できる方法となっています。

まず最初にリラックスできる服装になって、ゆっくりと深呼吸をします。
しっかりとした腹式呼吸を心がけましょう。

ある程度呼吸を繰り返して、身体がリラックスできたら、目の前に光の球をイメージしましょう。
大きさは自由ですが、あまり大きすぎない方がいいですので、最大でもバスケットボールぐらいにしておいてください。

光の球がイメージできたならば、次は自分の意思をそこにうつします。
ちょっと難しいですが、何回か練習をつむことで、うまくいったという感覚がつかめるはずです。

そうしたら、その光の球が対象となる物と一体化するところをイメージします。

火ならば火の中に入って、一体化する。
植物なら葉や枝、幹の中に入って、一体化する。

といった感じです。

一体化したならば、その感覚をしっかりと味わってみてください。
自分だけだった光の球の時と、違った感覚があるはずです。
まずは、しっかりとそれを覚えましょう。

しばらくしたら、また光の球に戻って、最後には自分の身体に戻ります。
光の球から出ると同時に、球は消してしまってオーケーです。
必ず自分の身体に戻るのを忘れないようにしてください。

ちょっと高度なテクニックが必要ですが、何度か行って対象のエネルギーを覚えたならば、それを思い出すだけで瞑想しなくても、それらの力を借りることが可能となります。

より熟達することで、エレメンタルを操ったり、植物の成長を促したり、石のパワーを引き出したりすることも可能ですので興味があるかたは、じっくりと腰をすえて実践してみてください。



・体温をあげることのできる呼吸法(vol.196 1月30日発行号より)


この呼吸法は、極めることができれば、雪の中に裸でいても大丈夫。
さらには、身の回り数メートルの雪を溶かすことができるといわれているほど強力なものです。

とはいえ、そこまでやるためには、イメージ法や様々な修行が必要となりますので、今回は、あくまでも手軽にできる部分だけを紹介したいと思います。

まず最初に、自分でも息を吸う音が聞こえないぐらい静かに息を吸います。
このとき、左の鼻を押さえて右の鼻から息を吸っていきます。
肺の中に充分に空気が満たされたのが感じられたら、息を止めます。
我慢できなくなったら、右の鼻を押さえて左の鼻から息を吐きましょう。
これを、まず3回繰り返します。

次に、右の鼻を押さえて、左の鼻から息を吸っていきます。
先ほどと同じように息が苦しくなったら、左の鼻を押さえて、右の鼻から息を吐きましょう。
同じく3回繰り返します。

最後に両方の鼻から息を吸って、息を止め、息を吐くというのを3回繰り返します。

ここまでの流れを1ターンとして、次に息を吸うときの音が自分で聞こえるぐらいの強さで、また、1ターン行います。

最終ターンでは、全身全霊を込めて息を吸うのですが、呼吸器が弱い方や、心臓の弱い方、体に不具合がある方は、こちらはやらなくても大丈夫です。
また、他のターンに関しても、決して無理はしないようにしてください。

いかがでしょう? おそらく2ターン目に入ったぐらいで、体がぽかぽかしてくるのがわかると思います。
最終ターンまでいくと、暖房がなくても汗がでてくることもよくありますので、是非試してみて下さい。

この呼吸法に熟達してくると、前述したように体内の熱を強力に生み出し、さらにはとてもつよい気を生み出すこともできますので、続けることができれば、健康法としても活用することができます。

いかがだったでしょうか? このようなプチワークが毎週紹介されていますので、興味のある方は是非、こちらから、会員登録を行ってみてください。