私の過去世で起こったこと 続き [2014/10/02]
天使の過去世リーディング 第4回

このコラムでは「天使の過去世リーディング」と題して、皆さまをはるかな時間と空間を超えて「過去世への旅」へとご案内しようと思います☆
今回は前回の続き、カナダでの過去世で体験した驚くべきことと、素晴らしい癒しによって大きく変化したことをお話ししていきます。

 
 
 


○過去世の続き
第三回のコラムで、私は19世紀中から後半ごろのカナダあたりに男性として生まれ、大西洋を行き来する航路の船員をしていたことをお話ししました。

ヒプノセラピーのセッションの最中、「このままこの平凡な生活を続けて、子や孫に自分の経験を話してやるつもりだったのですが・・・。」と、ここまで話したあと私は急に黙り込んでしまいました。このときのテーマだった「秋が怖い」に直結する「何か」が起こったのかもしれません。セラピストさんの催眠誘導で私にとって何かとても大事なことが起こった別の時間へと向かうことにしました。

次に私が見たものは、暗い鉛色の海と、ビルの高さほどもあるような大波が目の前に襲い掛かってくる光景です。画面全体がグレー一色に感じるような光景で、私の乗っている船が大変な嵐に遭遇しているのがわかりました。ビルの高さもあるような大波が自分に襲い掛かってくるのはとても恐ろしい光景でした・・・。

また、次の場面に飛びました。あたりは一転してとても静かになっていました。先ほどの荒れ狂う海はうそのように凪いでいます。月がとても美しく輝いて見える夜でしたが、私の乗っていた船は先ほどの大嵐でバラバラになったのを感じました。
黒い木の破片が海にいくつも浮かび、私の背中が海に浮かんでいるのが見えました。水は冷たくはありませんが、体がしびれるような感じがします。体が疲れて重く、呼吸も苦しいです。

すぐそばに救命ボートがありますが、船客がいっぱい乗っていて船乗りは乗ることができません。そのボートの中にお人形を大事そうに抱えた少女が不安そうに乗っている姿を見たような気がしました。このような子どもや女性を先にボートに乗せるために、私たち船員は譲らなければなりません。しかし、その少女の姿を見たときに、私は娘のことを思い出したのだと思います。

一人の立派な身なりの紳士が、生き残るためにボートに乗ろうとする私をオールでなぐろうとしました。しかしそれを止めて、私にボートのふちにつかまることを許してくれた男性もいました。
人というのは、極限に落ちたときにその人の本質がわかるものです。この情景を見たときもそう思いました。

こうしてボートにつかまりしばらく漂流していましたが、やがて濡れてすべるボートのふちにつかまっていることができなくなり、私は力つきて波間に沈みボートは見えなくなってしまいました。これがこの過去世で起こった出来事でした。


○何が「秋が怖い」だったのか?
結論を言えば、ちょうど今ぐらいの秋に、愛する妻と子どもを残して死んでしまった過去世の記憶が、今生の私へ「秋が怖い」という不安感のエネルギーを残していたのでした。

なぜ秋だとわかったのか、過去世の情景の中にいくつもの季節を知るためのヒントが隠されていますが、凪いだ海の月の美しさ、海の水がそれほど冷たくなかったことなどから、このときの季節が秋だったのではないかと推測できました。

それ以外にもセッションに入る前から日本にはない紅葉した大木がずっと心の中に浮かび上がってきていて、これはなんなのだろう?と思っていました。それも秋という季節を推測させるヒントとなりました。


 ○過去の書き換え
私は家族から遠く離れ、妻や子どもに会うこともできずに死んだことが心残りでしたので、このセッションでは「過去の書き換え」を行うことにしました。もちろん実際に過去を書き換えることはできませんが、自分の中に残っている思い残しを満足させるのです。

(この癒しの場面はセッション中に実際に見たものです。)
魂になった私は残してきた家族に会いに行きました。妻は私の死を聞いてなげき悲しんでいます。彼女が白いドレスを着ているのがわかりました。我が家の窓から見える木が黄色く紅葉しているのが見えて、私が死んだこの季節が秋だったのがここでもはっきりとわかりました。

このセッションに入る前に紅葉した木が気になっていましたが、それはこのときの我が家から見えている木でした。私は妻を見えない姿でしっかりと抱きしめ、そしてこれ以上何も心配することはないことを悟ると、天へ、魂の行く場所へ帰っていきました。これで自分の思い残したことが解消されたのです。

いかがでしたか?
このときのセッションの癒しと気づきの効果はもちろんこれだけではありませんでした。
次回、他の癒しと気づきの効果について書いて行こうと思います。

■ ルイーズ☆Louise プロフィール
ルイーズ☆Louise認知症の親の介護、失恋、うつ病、離婚、失業、入院、怪我など、人生の葛藤を様々に経験する。
その悩みの果てに2005年ごろ受けたヒプノセラピーの影響で急速にサイキック能力が開けてきたのを感じる。その後、天使の素晴らしいシンクロによりドリーン博士のエンジェルカードと出会い、それが今までの人生を完全に変える転機となる。

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
過去記事一覧を見る
PAGETOP
2018年ドリーン・バーチューワークショップ
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-