Positive Change~夜明けのきざし~ [2014/09/29]
末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第32回

このコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。
毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪

今回使ったのは「デイリーガイダンスオラクルカード」で、引いた1枚は「Positive Change」でした。
というわけで、今回は「好転」について書いてみます。
 
 

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜


わたしたちは、自分の人生に嬉しいことを招き入れ、幸せに生きていきたいと願っています。
だからそのための「ハウツーもの」――自己啓発、占い、心理学、美や健康、ヒーリングやボディワークなどに関する書籍が多種多様にあり、流行の波にうまく乗れたものは人気を博し、ブームとなって取り上げられ、時期がきたら見向きもされなくなるといったこの世ならではの定めに則っているわけですが、
人生を本当に「好転」させたいなら、際限のない欲求をどうにか一時的にでも満たそうとするための手引書を読みあさったり、講師やセラピストに人生を変えてもらおうとばかりにセミナーやセッションを依存的に受け続けたりするよりも、
「自分」と向き合うことが大切なのであって、「自分」を直視しないでは何も変わらないというのは自明のことだと言っていいでしょう。

手引書もホロスコープもヒーラーのアドバイスも、「参考」にはなっても自分の人生を「動かす」はずはなく、すべては自分の選択と決断、それに基づく行動にかかっています。

「外側」をいくら着せ替えたところで、内側にある暗闇を――隠しおおせるような気がしても、実は少しもごまかせるものではなく、せいぜい痛みにこらえる表情を、なんとか取り繕って明るく見せられる程度です。

心のうずき、痛みを無視することはできません。表面的な変化を起こしてみたところで、心の奥にある悩みが消えてなくなることはないのです。
枝葉をいくら剪定(せんてい)して美しく見せようと試みても、根っこが傷んでいたらいずれは立っていられなくなります。

ダイエット法をあれこれ試すことより、なぜ痩せなければならないという思考を持っているのか、なぜ今の自分のままでいいと思ってあげられないのか、直視しなければならないのは体重計の数字ではなく自分の思考そのものなのです。

 
 
 

では「自分と向き合う」、「自分を直視する」には、どうすればいいのでしょうか。

自分が体験する「現実」は自分の信条の証拠ですから、被害者として自分の人生を見るのではなく、自己の責任において、自分がどのような現実を引き寄せたのかをまずしっかり見てください。そして痛みから目をそらさないことです。

悲しみ、苦しさ、不快さ、疲労感、孤独感など、痛みを感じる部分があるなら、そこから逃げないことが肝心です。
どうしても人は、それに目を向けたがらず、別のところにフォーカスして問題をすり替えようとします。人のせいにしたり、誰かを攻撃したり、少しも筋の通っていない考えで正当化してみたり。

なぜ心に痛みを覚えるのか、そこにどのような思いがあるのか、丁寧に見てください。場合によっては感情的になるかもしれませんが、気の済むまで泣いていいし、紙に怒りの思いを書きなぐり、破って捨ててもかまいません。その感情の向こうにあるものに、手を伸ばしてみてください。

たいていの人は、感情を味わうことが苦手で、感じ始めるとフタをして無視します。溜めてしまえば痛みを長引かせるにもかかわらず。
そこを通り越してみましょう。感じきる恐怖に惑わされないでください。


感情の向こうにはきまって、「自分自身を否定、攻撃する思い」が潜んでいます。痛みを感じることよりもっと恐ろしいと思っていることは、これです。「自分を責める思い」と直面すること。
もっと言うなら、自分に非や罪があるというのは実のところまったくの間違いであって、「自分自身は無条件に愛に値するという事実」、それに直面することをこそ、何より怖れているのです。

痛みを直視すれば、痛みは消えてなくなります。
痛みを感じきって、奥にある自己否定的な思い、罪悪感に基づく自分の偏った価値観に気づいたとき、人生は好転し始めるのです。

「前向きな変化」とは、おまじないの類や、してもしなくてもどちらでもいいような行動面のアドバイスを拠りどころにして生み出すものではなく、一番見たくない心の部分を何よりしっかり直視して、もう二度とこのような思いを持っていたくはない、自分を受け容れたい、自分を大切にしたい、人と愛でつながっていたいと心から願うことによって生み出されるものなのだと思います。


夜明け前が一番暗い。

つらくて苦しくてどうしようもない。それは夜明けのきざし。
心の暗闇は濃霧のように、近づけば跡形もなく消えていきます。

現実から目をそらして生きるより、夜の闇が美しい太陽に照らされてゆくさまを、自己破壊的な思考が愛に溶けてゆくさまを、しっかりと見届けましょう。
明けない夜はないのですから。愛に値しない人は世界のどこにもいないのですから。

 
 
 
 


メソッド32
本当に抱いていたい思いだけを胸にとどめておくようにする

ネガティブな思いが出てくるたびに、
この思いをこれからも持ち続けていたいだろうかと
自分に問うてみてください。思考を変えられるのはあなただけです。


■ 末吉 愛 プロフィール
末吉愛ドリーン・バーチュー博士認定エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)(R)
2011年ハワイにて、自分では申し込まずに奇跡的な流れでATP(R)となる。
現在は多くの方にリーディングやヒーリングを行ったり、「エンジェルガイダンスカウンセラー」養成コースにてその手法を伝え、カウンセラーを輩出している。

2012年7月、やむを得ず来日できなかったドリーン博士に代わり、横浜開催のワークショップにて、オラクルカードリーディングについてのワークショップを担当した経験をもつ。

教師、心理カウンセラー、アロマセラピストとしてのキャリアもあり、地に足のついたスピリチュアルな生き方で「奇跡」を体験し、自分の可能性を拡げてゆくための方法をさまざまな観点を通して伝えている。

この記事を、ともだちに教える!
この記事の評価: 4.00(有効コメント数:1件)
評価: ☆☆☆☆★4.00  momiji さん
2014/09/29 07:52:47
引いたオラクルカードをテーマにしてのコラム、いつも楽しみに拝見しています。

痛みを感じる感情は、なかなか向き合うのが辛いですが、自分の中に生まれた感情を否定せず、ただ認めてあげようと思います。そして、祈ります。

あと、今回のオラクルカードですが、
「デイリーガイダンスオラクルカード」で、引いた1枚は「Positive Change」となっていますが、

「アセンデットマスターオラクルカード」の、「Positive Change」です。
グッコメ!
← 良いな!と思ったコメントには ログイン して [ グッコメ!] してください
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
第2回 前里光秀×ヒーリングワーク(仮)
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-