大切な人を失う事の意味・後編 [2014/08/22]
Angel Intuitive AI™きよみの例えてわかる! スピリチュアルと心の癒し  第4回

もしも自分が 「この先の寿命が短い」と知ったならこの先にある「時間」をどう過ごすと思いますか?

今までそんな事は1度も考えた事がないかもしれません。
しかし、その一方でこれまでに無いほど1分1秒が愛しく、愛する人たちとの時間を大切に、大切に過ごそうと思うのかもしれませんね・・・
そこには「生」を考える引き金となったおぼろげながらも確かに現れた「死」が目の前にあるからかもしれません。
 
 
 

人は生きている事が当たり前すぎてその裏にある死には目を背けて暮らしているもの。 
死はありえない、無関係な事と思い生活しています。
最近はテレビを見れば「自然災害による悲しい死亡」が頻繁に耳に、目に飛び込んで来ます。
一昔前より多くの方々が「生と死」について考える事が機会が多くなったという事です。
 
 

自分の周りの大切な方の死
それによって見えてくる「生」
 
私にはその死が 分厚い、分厚いドアに思えます。
とても重くすぐには開けられません!もしかしたら誰かに手伝ってもらわないと開けられない程の重さのドアです。
あまりの重さと大きさのドアで開けるのをやめてしまいたくなるのですが、
この先生きて行くにはこのドアを開けなければ一人暗闇でじっと耐えなけれななりません。
とてもこの重圧には耐えられません・・・
ならば!「ドアを開けるしかありません」
ドアを開けましょう!
開けたその先に広がる世界は光に輝く「生」なのです。
あなたの周りは光に満ちあふれている、あの人もこの人も!動物達も、草も木も!
そして、私自身も!
今私達のまえにある世界は全てが光り輝く存在で埋め尽くされているこんなに素晴らしい世界であり、その事を気づかせてくれるきっかけとなった素晴らしい感謝するべき
「大切な人の死」なのです。
その死は生きている私達の為に差し出された尊い犠牲なのかもしれません・・・





大切な人の死は私の前に現れた重い重いドア
しかし、そのドアを1度開けたら素晴らしい光の存在である人達や、
動物草木や自分自身が光そのものだとわかる
生き生きとした 生 なのです。



 
 

■ きよみプロフィール
きよみ2009年AI™ 資格取得。以後5年間山形市内にてセッション・セミナー学びのコースを開催。

ここ数年この活動以外にも皆さまの「癒し」になる事ができないかを模索中でしたが今回「連載コラム」というお話を絶好のタイミングで声をかけていただきましたことに感謝しています。

そしてこのコラムが更なる皆さまの癒しの一端になればしあわせです。

 
 

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
過去記事一覧を見る
PAGETOP
2018年ドリーン・バーチューワークショップ
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-