Let Yourself Receive~愛に心を開いて~ [2014/06/30]
末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第29回

このコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。
毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪

今回使ったのは「マーメイド&ドルフィンオラクルカード」で、引いた1枚は「Let Yourself Receive」でした。
というわけで、今回は「受け取ること」について書いてみます。
 
 

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜


嬉しい出来事や思わぬチャンス、たくさんのギフトを、どうしたらスムーズに受け取ることができるんですかと、時折聞かれることがあります。

最も重要なのは、それを許可しているかどうか――意外な展開で夢が実現したり、思ってもみない素晴らしい出逢いを体験したりすることを受け入れているかどうかだと、そのような質問を受けたときにはそう答えています。

「許可する」。「受け入れる」。「ハートを開いておく」。

そのような表現をすると、たいてい、「そうなるにはどうしたらいいんでしょう」と、次の質問をいただくのですが、幸せを許可したり、奇跡がやって来ることを受け入れたり、あらゆる可能性にハートを開いておくことに、「こうしたらいい」という具体的な方法は本来ありません。月に願いをかけることでもなければ、呪文を唱えることでもないのです。

「手のひらにハートマークを100回書いたら、ハートが開きますよ」とわたしが言ったら、実際やってみますか。

かつて冗談でそのようなことを言ったことがあります。具体的な行動そのもの、方法それ自体が、「許可する」ことや「受け入れる」こと、「ハートを開く」ことができるようにするわけではないのです。
100回ハートマークを指で書いたところで、むろん“ハート”は開いたりしないし、べつの方法ならできるのかと言えば――それはきっとあらゆるもっともらしく思える手段が、調べれば数多く出てくるのでしょうけれども、何を「やる」にせよ、100人試して100人とも必ずそうなる、というわけにはいかないのではないでしょうか。

この方法でやってみれば、誰でも絶対に、嬉しいギフトを受け取れるようになりますよ、ハートを開いてどんどんミラクルを体験できますよ、というものはないはずです。

なぜなら、素晴らしいギフトを受け取れるかどうかは、どのやり方でやるか、その方法にかかっているのではなくて、自分がそこにコミットしているかどうか、幸せを受け取る価値がある存在だと認めているかどうかにかかっているからです。
 
 
 

「受け取る」というのは――誰かの親切、協力や援助、物質的な贈り物、精神的な支え、励ましやメッセージ、チャンスや奇跡といったさまざまなギフトを拒むことなくそのまま素直に受け入れることは――、“愛を愛だと認める”ことだと思います。

他者からのギフトに対して、「そんなことをしてもらっては申し訳ない」、「頼んでもないのに構わないでほしい」と思ったり、突然のチャンスがやって来ても、「そんなうまい話があるわけない」、「自分にはきっとできないだろう」と思って受け取らないのは、“愛を認めない”行為――そのギフトは愛ではないし、自分も愛ではないとすること――なのです。

なぜ自分を愛だと認められないのかというと、「罪悪感」を持っているからです。自分はつまらない人間、だめな人間、無価値だとする思いがあり、完璧でない自分は、幸福を、人からの愛を、天からの愛を与えてもらうに値しないと思っているから。

その「自分」――欠落した、不完全な「自分」というのは、わたしたちの本当の姿ではありません。過去というものが、そこに付随するさまざまな記憶がなければ、自分を欠落しただめな存在とは思わないはずです。「こんな自分」と思って見てしまうのは、「これまでのあれこれ」――過去の失敗や浴びてきたネガティブな言葉などをもとに判断したからにちがいありません。けれども、過去はどこにも真に存在してはおらず、在るのは「いま、ここ」、「いまこの瞬間」だけなのです。


また、ギフトを愛だと認められないのは、何か贈り物――与える者から受け取る者に移行するそれが、受け取る者には増えても、与えた者からは無くなる、減るのだと捉えていたり、何か思惑があって親切にするのではないかと疑ったり、与え受け取ることそのものが一種の取り引きのように思ったりしているからかもしれません。

「与える」と、その愛は拡大します。増えます。何かを分け与えたとしたら、そのモノ自体は手元から離れるけれども、本当にそこで贈られたものは愛であって、受け取り手も与えたその人も、愛を感じることができます。物質的なものでなくても、何であれ、贈り物の正体は愛そのものです。贈り主の正体も愛そのものです。

「ハートを開いておく」とは、愛の分かち合いができることを、しずかな喜びのなかで待つ心でいる、ということ。だから「方法」など、なくてもいいのです。なくてもできるのだし、わたしたちにとって本来それは、ごく自然にできていたことなのだと思います。

あなたはたくさんの愛を受け取る価値があるし、愛を分かち合う喜びを毎日体験できる存在であるし、実はもうすでにそれはいつも起きていたことです。
愛に心を開いてさえいれば、それをさまざまな形でもって見せてくれるギフトを、どの瞬間も「受け取る」ことができるのです。

 
 
 
 


メソッド29
日々愛の分かち合いが行われていることに気づく

与えているときに愛を受け取っているし、
受け取っているときに愛を与えているという幸せを
感じてみようとするなら、
ギフトはいくらでも簡単にやってくることでしょう。


■ 末吉 愛 プロフィール
末吉愛ドリーン・バーチュー博士認定エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)(R)
2011年ハワイにて、自分では申し込まずに奇跡的な流れでATP(R)となる。
現在は多くの方にリーディングやヒーリングを行ったり、「エンジェルガイダンスカウンセラー」養成コースにてその手法を伝え、カウンセラーを輩出している。

2012年7月、やむを得ず来日できなかったドリーン博士に代わり、横浜開催のワークショップにて、オラクルカードリーディングについてのワークショップを担当した経験をもつ。

教師、心理カウンセラー、アロマセラピストとしてのキャリアもあり、地に足のついたスピリチュアルな生き方で「奇跡」を体験し、自分の可能性を拡げてゆくための方法をさまざまな観点を通して伝えている。

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
第2回 前里光秀×ヒーリングワーク(仮)
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-