Happy Thoughts ~思考の選択~ [2014/01/20]
末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第20回

このコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。
毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪

今回使ったのは「ユニコーン・オラクルカード」で、引いた1枚は「Happy Thoughts」でした。
というわけで、今回は「option」について書いてみます。
 
 

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜


“option”には、「選択権」、「選択の自由」という意味がありますが、これはわたしたちの「思考」に関しても当てはまります。わたしたちは、物事や事象、人物に対して何らかの「考え」を持っており、どのように捉えるか、どのような考えのプロセスをたどるのかを常に自分で選んでいます。

起きて生活しているあいだ、面前にあるそれらのひとつひとつに、「わたしはこういう考え方を選ぶ」と意識して、意図的にその「選択」をしているというよりも、基本的には無意識に、機械的にそれをやっている感覚だと思います。

自分の「思考の選択」に注意を払わず、お決まりのパターンの道筋をたどって――物ごころついた頃からの、あるいはさまざまな体験を通して書き換えては染み付けてきた「価値観」で――毎日あらゆる物事に対処し、関わる全ての人々、そして自分自身と向き合っているわけです。

無意識に、機械的にやっているその「思考の選択」が、“option”によるものなのだと気づくきっかけを与えてくれるのは、嬉しく楽しい、なんでもうまくいっていると感じられるときではなく、
トラブルがあったり、傷つくようなことがあったり、全然うまくいかないときであり、そのときこそ、お決まりの思考パターン、人生パターンから脱却するチャンスと言えます。


わたしたちが心痛め悩むときというのは、いつも「未来」か「過去」に囚われています。
まだやって来てはいない「未来」に心を向けて、この先不幸なことになるかもしれない、傷つくかもしれない、失うかもしれないといった怖れを持っていたり、
これまで体験してきた「過去」を何度も頭の中で再生しながら、また傷つくかもしれない、また失敗するかもしれないといった怖れを抱いているのです。

まだ体験していないことへの怖れ。また体験するかもしれないことへの怖れ。
それらに振り回されている状態。先のことを何度心配してみたって、終わったことを何度再生してみたって、わたしたちはちっとも幸福になんかなれません。

「今」体験していることだけが、確かなこと。
「今」体験していることの奥にある、ほんとうの幸せにフォーカスすることがだけが、「今」できること。

たとえうまくいっていなくても、何かが足りないと思えても、これこそ正しいのだと信じて疑わずに持ち続けている自分の「価値観」や表面的なこと――常識だの通念だの、妄信され踏襲されてきた荒唐無稽な、一刻も早く手放してしまったほうがよいこの世のあれこれ――で判断しないで、どうであっても、今自分にとって心地よい、やすらかな「思い」を「選ぶ」ことが大切ではないでしょうか。


まだ体験していないことへの怖れ。
また体験するかもしれないことへの怖れ。

そんなものたちを大事にするのではなく、

まだ味わっていない幸福をこの先必ず味わえる。
また似たようなことが起こっても、今度は別の「選択」をすることができる。

そうつよく信じてみる。決めてみる。
 
 
 

「思考」は選べます。

人や環境のせいにしないで、面前にあるひとつひとつをどう思って見ているのか、
その自分の見方に責任を取る。

ひどい人だとみなして悲しむのも、「学び」を分かち合ってくれた人だと受け入れて感謝するのも、自分の責任。傷つくのは、傷つきたいからだし、自分を被害者に、相手を加害者にしたいだけです。
幸福になる選択をせずに、どうして文句を言えるでしょう。

悲しむための思考を、怒りを覚えるための思考を、傷つくための思考を選択したのは自分なのだから、
「こんな思いをさせた相手が悪い」だなんて、言えないのです。

相手がどうであろうと、社会がどうであろうと、誰も自分の「思考の選択権」は奪えません。
だから、自分の感情――悲しい、悔しい、憎い、嫌い、赦せないといった気持ち――を誰かのせいにすることはできないんです。たとえどんなに自分の言い分に正当性があると思えても。


“option”です。選べます。自由です。苦しむことを“決めた”のは自分なのだと受け入れるよりほかに、
「欠落した世界」を「満ち足りた世界」に換えるための一歩を踏み出す術はありません。


簡単ではない。そう思えるかもしれません。いくら自分の考え方、受け止め方が「自由」だからと言って、お気楽になんか生きられない。能天気になんてなれない。そうです。その通りです。うまくいっていないときに、信じられないようなショックな出来事があったときに、お気楽に、能天気になんかなれません。

無理矢理ポジティブになりましょうと言っているわけではなく、ショックな出来事をショックな出来事として受け止める思いを換えてみませんか、と提案しています。
物事の捉え方に関しては第17回で述べさせていただきました。

考え方を別なものに換えると言ったって、簡単じゃない。すぐにはできない、と思えます。そうです。でも、それは以前のコラムの第16回で書きましたが、一度や二度ではできなくても、続けていくことが大事です。


自分を悲しませる思考を選び続けるより、自分を幸福にする思考を選んでいこう。
そんなふうに、ひとつひとつの思いを換えていくことそのものが、“Happy Thoughts”なのではないかと思います。
 
 
 
 


メソッド20

落ち込んだり、腹が立ったりしたときは、
自分をこのような気持ちに留めておく必要はないのだということを思い出し、
やすらかな気持ちになれる思考にフォーカスしてみる。

思いつかないときは、第17回で紹介している思考を試しに選んでみてください。
音楽や香り、自然や動物の助けを借りてリラックスするのもひとつです。


■ 末吉 愛 プロフィール
末吉愛ドリーン・バーチュー博士認定エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)(R)
2011年ハワイにて、自分では申し込まずに奇跡的な流れでATP(R)となる。
現在は多くの方にリーディングやヒーリングを行ったり、「エンジェルガイダンスカウンセラー」養成コースにてその手法を伝え、カウンセラーを輩出している。

2012年7月、やむを得ず来日できなかったドリーン博士に代わり、横浜開催のワークショップにて、オラクルカードリーディングについてのワークショップを担当した経験をもつ。

教師、心理カウンセラー、アロマセラピストとしてのキャリアもあり、地に足のついたスピリチュアルな生き方で「奇跡」を体験し、自分の可能性を拡げてゆくための方法をさまざまな観点を通して伝えている。

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-