生きているクリスタルボウル

こんにちは。
今日はクリスタルボウルの不思議について書いてみたいと思います。

実際に体験したことです。
それは、数年前の「クリスタルボウル・サウンドヒーラー養成講座」
中級講座中の出来事です。

当時中級は4日間に渡り行われておりました。(現在は3日間です)
最終日4日目の朝、いつもの通り、朝の練習を受講生の方がしていた時のことです。
どうも、クリスタルボウルの音色がおかしい。
朝一番で行う、「チャクラ発声」の時から、
「ん、、、みんな、4日目で疲れちゃったのかしら?」と思うくらい、音が広がらない。
そのうち、受講生の方からも、
「なんだか、昨日までのように響かないです、、、音がどんどん吸収されちゃう感じです」と。
やはり、皆もそう感じますか、、、。
「雨が降っていて、湿気があるからですか?」
いえいえ、そんなはずは、、、
「なんだか、クリボウちゃんが、疲れたよって言ってます」

そこで、考えました。
昨日の講座終了から何か変わったことがなかったか?

ありました!
持ち出し用のクリスタルボウルが、2泊3日の仕事を終えて、前日夜遅く、このワークルームに戻ってきていたのです。
でも、まさか、それが原因?
半信半疑でしたが、気になっていては、先に進まないので、とりあえず箱に入った、7個の別のクリスタルボウルを並べて、皆で水拭きして、浄化することに。
ピカピカになりました。

すると、どうでしょう!
皆が練習していたクリスタルボウルの響きが復活したのです!
仲間が疲れていることを、教えてくれたのですね。
その後、前日までと同じように響くボウルで、受講生全員、次のステージに進むことができました。
この日のことは、クリスタルボウルは生きているんだ、ということを教えてくれた貴重な体験でした。

このように、私たちは、演奏後、毎回必ず水拭きを行います。
水晶で出来ていますから、様々なエネルギーを吸い取ってくれるからです。
この出張先でも、奏者は当然拭いたのですが、この日の会場はかなり大きな会場で、相当な波動ダメージを受けて帰ってきていて、少しの水拭きでは足りなかったのでしょう。

拭くとき、実は悪臭が漂うことがあります。場のエネルギーが荒かった時や、参加者の状態によって、、、。
様々なものを吸ってくれているのがわかります。
そういう時は、セージを焚きます。すると、その臭いは、す~~~っと消えていきます。
水晶の浄化と一緒なんです。

ですので、一番の浄化は、海で洗うことです。
これは、バリ島で出逢った、シスターパッカーさんより教えて頂いた浄化方法です。
今でも、バリ島では毎年、皆で泳ぎながら(?)洗います(笑)
日本でも、定期的に海に行きますが、今のように寒い時期は、自宅の浴槽に天然塩で塩水を作り、そこで洗います。仕上げは、ミネラルウォーターと太陽光です。
宇宙の7つの光線を取り入れて、美しい音色が戻ってきます。
浄化後の演奏は、本当に美しい音色です。

来年5月、千葉の海へと洗いにでかけます。
ご一緒したい方、ご連絡くださいね。


ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー

イベント情報

「はら まゆ美 クリスタルボウル演奏会&オーラをきれいにする癒しのワーク」

12月11日(水) 10:30 〜 13:30 開催予定

詳しくは、サイトをご覧下さい。

ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー

■ はら まゆ美 プロフィール
はら まゆ美クリスタルボウル・サウンドヒーラーR
東京生まれ。永田兼一氏に師事し、ビジョン心理学・エンライトメント心理学を学び、'95年ヒーリングセラピスト認定を取得する。
永田氏がアメリカから持ち帰ったクリスタルボウルの演奏方法を1年間学び、'96年に、奏者資格を取得。日本において、心と身体の関係を理解し、正しいチャクラ活性が出来る奏者を育成するため、'03年より、クリスタルボウル奏者育成コースを開始する。
'05年に「日本クリスタルボウル協会」を設立し、初代会長に就任。全国各地にて今日までに200名近く指導、約130名の認定奏者を送り出している。現在は、「まゆ魅クリスタルボウル」を立ち上げ全国でクリスタルボウル演奏活動中。