EASY DOES IT ~時間(とき)を忘れて~ [2013/10/21]
末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第14回

このコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。
毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪

今回使ったのは「大天使ラファエルオラクルカード」で、引いた1枚は「EASY DOES IT」でした。
というわけで、今回は「計画を立てること」について書いてみます。
 
 

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜
  
 
何かを目指し始めたら、わたしたちはどうしたって「時間」と向き合わずにはいられません。
「いつから」・「いつまでに」・「何を」・「どうやって」・「どこまで」やるか。
手帳やノートにTo Doリストを書いて計画を練ったり、予定を立てる。

「達成」のためには「逆算」が大事で、「いつ」を設定してそこから必要な行動を箇条書きにし、
タスクが完了するたびにチェックを入れ、未完了のものについては再度「いつ」やるかを決めて取り組む。

数年前のわたしは、A5サイズのリングファイル状の分厚いシステム手帳を使っていたのですが、
バーチカルタイプのスケジュール欄を利用して30分単位で自分の行動を管理し、
To Doリストを眺めては何かに挑むような気持ちで睡眠時間を削って頑張っていました。

そんなわたしを「努力家」と言う人もいましたが、心は疲れていました。
タスクをこなせることに「喜び」よりも「安堵感」を覚え、
「未完了」が増える度に「やる気」にはなれずに「罪悪感」を味わっていたのです。


ビジネスマン向けの「手帳術」は、最初はモチベーションを上げてはくれたものの、
次第にわたしにとっては、「できない自分」に嫌気がさす「自己否定術」となっていました。

思わぬ出来事のために予定変更を余儀なくされる、想定よりも時間がかかる、
集中したいと思う時に限って電話がかかってくる、
決めていたことよりもとっさにひらめいたことを優先する。

自分でどんなに綿密に決めたって、それが実際「パーフェクト」にこなされたためしがない。
予想外。軌道修正。ハプニング。予定変更。トラブル。

決めた通りにならないのなら、いっそ「無計画」でいていいと思うのに、
「行き当たりばったり」ほど非生産的で怠惰なあり方はないと思っていたのです。
その日暮らしのような生き方で、いったい何を残すことができるのか。誰のためになるというのか。
そんな人生意味がない。そう思っていました。


「目標」を設定することは大事なことであって、「夢」がないなんて死んでいるのと同じだし、
「計画」を立ててその通りに実行してこそその日の価値をつくれる。

そんな馬鹿げた考えを持っていたので、マンスリーのページに空欄があるだけで気が狂いそうになっていました。

罪悪感があることを打ち消したいがためにやっていた「手帳術」(「自己否定術」)でしたが、
かえって罪悪感が募るだけで当然ながら続くわけがありません。
 
 
 

To Doリストをつくっては自分を追い立てるやり方を手放してもいいのだと思えてからは随分楽になりました。

完了・未完了の整理をすることが機能することは確かですが、未完了のものにとらわれなくてもいいんです。それは自分に劣等感を味わわせるものではありませんし、追い立て責めてまで完了させなければならないことではありません。

そもそも、完了させる必要があるのか。あったとしても、それをすべて今すぐ自分一人でやらなければならないことなのか。

気持ちが「No」と言っているのに、

「周りがやっているから」
「常識的にはそうだから」
「ライバルに追い抜かれてしまうから」と

焦って無理に完了させようとしていないかどうか、タスクに追われている方は改めて考えてみてもいいかもしれません。


また、「停滞期」にいるように、なかなか進歩していないように思えることがあっても、
それを「停滞」だと捉えるのは、
自分の「過去」を参考にしているか、周囲の人々と比較しているからにすぎません。

スピーディーに何でもうまく進行していた時期があったから、
そうでない今を「停滞期」と捉えているだけ。
滞りなく順調に先へ先へと進んでいる人と比べるから、
そうでない自分を「怠惰」なように思うだけ。

比較する「材料」がなければ――「今」この瞬間にしか生きていなければ――、自分の人生はちっとも「停滞」なんてしておらず、その時はその時で必ず何かを「受け取っている」ことに気づくことができます。

自分のペース、自分にとっての最善のタイミングというものを大事にしていいんです。

わたしたちの「学び」というのはいたって個人的なもので、全く同じシナリオを生きる人は存在しません。
何歳のときに、どこでどんなふうに、誰との出逢いを通して何を学ぶかは、みな異なっています。

「成功の王道」にとらわれないこと。表面的な「How to」ものに判断を預けないことです。
多くの人にとって有効なことでも、今の自分には不適切なことだってあります。
誰かにとっては「近道」でも、自分にとっては「遠回り」なことかもしれません。その逆もあり得ます。


ハプニングは贈り物。予想外はベストタイミング。

自分で決めていることが理想的なビジョン、自己の計画が模範的なものだと信じているほうが、ナンセンスなのかもしれません。思わぬ展開というのは、それがそうあるべきだから起こる必然のこと。流れに身を任せたり、自分の直感を信じて、焦ってしまう時ほど落ち着いてゆっくりと取り組んでみてはいかがでしょうか。

 
 
 
 


メソッド14

やるべきことをあえてゆっくり取り組んでみる


「計画」や「時間」に追われることなく、何もしないで過ごしたり、
ゆっくり休んでみたりして、当然のことだと思っている制限の枠から外れてみてください。
誰かの助けを借りることもひとつです。


■ 末吉 愛 プロフィール
末吉愛ドリーン・バーチュー博士認定エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)(R)
2011年ハワイにて、自分では申し込まずに奇跡的な流れでATP(R)となる。
現在は多くの方にリーディングやヒーリングを行ったり、「エンジェルガイダンスカウンセラー」養成コースにてその手法を伝え、カウンセラーを輩出している。

2012年7月、やむを得ず来日できなかったドリーン博士に代わり、横浜開催のワークショップにて、オラクルカードリーディングについてのワークショップを担当した経験をもつ。

教師、心理カウンセラー、アロマセラピストとしてのキャリアもあり、地に足のついたスピリチュアルな生き方で「奇跡」を体験し、自分の可能性を拡げてゆくための方法をさまざまな観点を通して伝えている。

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-