Trust ~その道程はいつでも~ [2013/10/07]
末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第13回

このコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。
毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪

今回使ったのは「アセンデッドマスターオラクルカード」で、引いた1枚は「Trust」でした。
というわけで今回は「信頼すること」について書いてみます。
 
 

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜
  
 
何があればもっと幸福か。何が今と違っていたらより満足できたか。

この質問に、どのような答えが出てくるでしょう。少し考えてみてください。


自分には「何か」が欠落しており、その「何か」がないために完全な幸福を味わえないのだと思っていて、
それを補おうとしても、自分の努力の範疇を越えている(どうしようもない)ので仕方なく、
その「何か」を幸運にも与えられて生まれてきた人、偶然にも手に入った人のようには生きる道が用意されてはいなかった、だからもう諦めるよりほかないのだと思ってしまうことがあるかもしれません。

自分にはそれが「欠けている」から、「足りない」から、うまくいかない。
自分は天から与えてもらえなかったし、今後も助けてもらえることもないのだろう。
そのように考えている人もいるかもしれません。

また、「こんなふうでなかったら、うまくいったのに」と、
現在の状況を、幸福になれない要因と見て嘆く人もいるかもしれません。

いつの時点でも、「不十分」で「欠落」していて「不完全」な、誰かに劣った、ぱっとしない人生で、
ただそれを否応なく受け入れるしかない、我慢を強いられるもの。
人生がそういうものだったとしたら、そういうものだと捉えているなら本当にそれはつらい気持ちになることでしょう。


でも本当は、そんなことはありません。


何があっても、それは不幸へとつながることではなく、最高最善の道の途中で起きた、必然のことなのだと信じることが大切です。

表面的にはどんなにネガティブに見えたとしても、それは自分の「色眼鏡」で見たこと、
あるいは世間的に多くの人が持っている価値観による捉え方なのであって、「真実」ではありません。

人が「失敗」だと見ることでも、本当は「失敗」ではないのだし、
世間が「不幸」と捉えることは、全く「不幸」なことではないのです。

誰かの価値観でネガティブなこと――たとえば「悲運」、「失敗」、「不幸」、「恥」、「罪」としてジャッジされたことを何の疑いも持たないまま鵜呑みにできるくらいなら、

自分はいつでも必然の、ベストな道を歩んでいて、最も自分の「学び」にとってパーフェクトな流れの中にいるのだと、何の根拠もなくただそう確信してみてもいいのではないでしょうか。


多くの人は、マイナスの評価を下すこと――それも自分自身を否定すること――にはほとんど抵抗せずにやっていて、プラスしかないのだという考えを持つこと――表面的なレベルを超えた先にある、絶対的な信頼と確信を持つこと――に対しては、なぜだか、「証拠」を欲しがる傾向があります。

「それはかわいそうね」、「それは恥ずべきことだ」、「おまえにはできない」と言われた時は
疑問すら持たずに落ち込んで――落ち込むということは、その考えを認めているということです――、

「そこには必ず祝福がある」、「それは罪じゃない」、「あなたは可能性に満ちている」と言われても、
どうしてそんなことが言えるの、どんな根拠があるというの、気休めなんて言わないでよと抵抗し、
自己を肯定するようなことに関してはちっとも素直に受け取らない。
 
 
 

自分はいつでもベストな道にいるのだと、間違いを犯せば正しい道(偏ったジャッジによる「正しさ」ではない真実の道)に必ずいざなってもらえるのだと信頼することが大切です。

あったかもしれないもう一つの人生が、周囲がうらやむような申し分のない人生だったらと
「夢」を見るのではなく(たしかにパラレルにおいてそれは在るのかもしれませんが)、

大切なのは「今」の自分の人生なのだし、
「色眼鏡」を外し、自分の「物差し」をうち捨てて、つぶさに眺めてみるなら、
本当は、もうすでに申し分のない人生を「今」生きているのだと気づくはずです。


周囲がうらやむような。
自分が満足するような。

もっとこうだったらいいのに。
あれがあれば良かったのに。


何をもってして「幸福」と捉えるのか、それは人それぞれなのでしょうけれど、
「条件」で彩られるものなど、「真の幸福」とは呼べません。

人より秀でる部分を求めたところで、所有欲、あるいは孤独感を満たそうとしてみたところで、
自我(エゴ)の欲求――渇望――には際限がないのであって、
ということは、それを辞めない限りはいつまででもその欠乏感に苛まれることになるのです。

最初から何も欠けてはいないのだということ、
「今」あるべきことは「今」まさにそこにあり、必要なことが起きているのだということを思い出すことで、
この自我の罠、堂々巡りから脱却することができます。


あなたにとって、真の意味でのパーフェクトな人生。
その道程はいつでも「最善」で無駄がなく、愛に満ちています。

「色眼鏡」も「物差し」も要らない。
必要なのは、「信頼」だけ。

 
 
 
 


メソッド13

「わたしはいつでも最高最善の流れの中にいます」とアファメーションしてみる♪


自分の人生に不満を持つのではなく、いったんあらゆる価値観を脇へ置いて
「今」必要なことはすべてそろっており、すでにパーフェクトなのだということを
信頼してみましょう。


■ 末吉 愛 プロフィール
末吉愛ドリーン・バーチュー博士認定エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)(R)
2011年ハワイにて、自分では申し込まずに奇跡的な流れでATP(R)となる。
現在は多くの方にリーディングやヒーリングを行ったり、「エンジェルガイダンスカウンセラー」養成コースにてその手法を伝え、カウンセラーを輩出している。

2012年7月、やむを得ず来日できなかったドリーン博士に代わり、横浜開催のワークショップにて、オラクルカードリーディングについてのワークショップを担当した経験をもつ。

教師、心理カウンセラー、アロマセラピストとしてのキャリアもあり、地に足のついたスピリチュアルな生き方で「奇跡」を体験し、自分の可能性を拡げてゆくための方法をさまざまな観点を通して伝えている。

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1年前
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
オラクルカード日本語版販売開始 15周年!
旅費・交通費・通訳不要! 海外人気講師の講座を自宅で受講! オンラインコースはライトワークススタディ♪
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-