通勤を祝福した天使

以前に、天使が病院に現れたという話を紹介しましたが、つい先日、今度は巨大な天使が空に現れました。

この天使が目撃されたのは、アメリカのフロリダ州。時間は朝の7時頃でした。車で仕事先に向かっていたアンドレアさんが進行方向を眺めていると、変わった形の雲が浮かんでいたのです。

気になったので、写真をとってみたところ、それは両手を挙げて、なにかを祝福するかのような、巨大な天使の姿でした。朝早くということもあり、車も少ない高速道路の上に降臨した天使は、巨大であり朝日を受けて美しく輝いていました。

科学的に検証すると、この天使のような姿をした雲は、「巻雲(けんうん)」と呼ばれる雲の一種だと考えられています。これは細い雲が集まったもので、絹のような光沢を持つことから「絹雲」と書かれることもあるそうです。確かに天使の姿は、他の雲と比べてうっすらと光沢をもっているように見えます。

とはいうものの、あまりにもはっきりした形をしていますので、スピリチュアルな作用が働いた結果、このような天使が降臨したと考えることもできるでしょう。では、その姿とはどんなものなのか? アメリカのニュースサイトが報じていますので、そちらをご覧ください。

Angel cloud spotted watching over motorists on Florida highway as they make their morning commute to work(MailOnline News)

いかがだったでしょうか? 美しい天使の姿がはっきりとわかると思います。興味深いことに、フロリダでは天使のような形をした雲がたびたび目撃されています。以前に、両手を広げて、空へと向かっているようなピンク色の天使が撮影されたこともあるのです。

こちらは、今回のものに比べると神秘的な中にも躍動感があり、仮に雲がどちらもスピリチュアルな影響で形成されたとするならば、違った役割をもった天使なのではないかと思われます。こちらも写真がありますので、興味のある方はご覧になってみてください。

Angel in the sky?(NEWS CHANNNEL wptv.com)

美しい天使たちが訪れるフロリダ。これは、なにかがフロリダでおきる前兆なのでしょうか?