以前にペットのお葬式について紹介しましたが、最近、ペットのお葬式がより多彩で豪華なものになっているようです。しかし、その一方で、前回紹介したようなトラブルも相変わらず続いているのです。

ペットを家族の一員と考えることが一般的になっているということもあり、ペットのお葬式も、様々なものが考え出されています。つい先日「ウサギ専用の葬儀」が登場しました。

こちらは「フォーエバーラビット」という商品名で、その名の通り、ペットの中でもウサギだけを対象にした葬儀システム。リリースによると、出張料なしで、火葬代金、おくるみ、ウサギに合った季節の生花、かわいいウサギ図柄の骨壷、ウサギサイズの覆い袋がすべて含まれた、一律料金となっているだけでなく、ウサギの火葬の経験豊かな動物火葬ディレクターによって、綺麗にお骨が残るようにしてくれるのだそうです。

猫やイヌではなく、ウサギというのが目の付け所が面白いところですが、それだけ多種多様なペット葬儀が出てきているということなのでしょう。人間の葬儀は、最近リーズナブルなものが増えてきていますが、ペット葬儀はまったく反対でかなり豪華なものも登場しています。

そのひとつが、ハワイのペット霊園に埋葬するというもの。「ペットライフ・オーソリティー」という会社が運営するこのサービスは、ハワイのペット霊園と提携し、美しい自然の中で、ペットを眠らせてあげるというのを売りにしているようです。

墓地の永代使用料、花崗岩の墓石、埋葬証明書、ハワイ風花輪などがセットで、最低価格が39万8千円からとなっており、最上級のコースとなると、人間のお葬式顔負けの100万円以上というものまで存在しています。一応、遺骨を送ることもできるのですが、埋葬立ち会いなども含めると、安くても50万円近くなるという、とても、豪華なものです。

最近では、数百万円かけて墓石を作る飼い主さんがいるということですので、最愛のペットをなくした悲しみを癒すには、50万円ぐらいは安いのかもしれませんが、ますますペットが人間に近づいている感じがします。

その一方で、法律は相変わらずペットにたいして、厳しいものとなっており、そのためのトラブルも絶えません。ペットの死骸は法律上は一般廃棄物とみなされます。つまり、家庭用のゴミと同一の扱いなわけです。人間の死体は埋葬するにも、火葬するにも特別な許可がいりますが、一般廃棄物であるペットの死骸はそういった許可が必要ないために、以前紹介したような悪徳火葬業者が登場する要因となっているのです。

悪徳業者ではない、一般的なペット霊園に関しても、基本的に規制する法律がなかったことから、近隣の住民とのトラブルが発生しています。独自に県や区、市などの自治体で規制するようになってきたようですが、それでも、気がついたら隣にペット霊園ができており、火葬の煙によってもたらされる悪臭に悩ませられるという事例が発生しています。

ペット霊園を強く望む人が多くなればなるほど、ペットの死骸を一般廃棄物とする法律は、さまざまな面で軋轢を産んでいくことになると思いますので、今後さらなる悪徳業者が生まれたり、ペットをなくした飼い主と、ペット霊園の近隣住民が対立したりすることがないように、国が対応を考えるのは必須といえるでしょう。

私たち人間の心を癒してくれるペット。亡くなったあとは、ゆっくりと休ませてあげられるようにするのは、私たち人間の勤めだと思います。