太陽系にある惑星が持つエネルギーが、私たちに影響を与えている、というのが占星術の基本的な考え方です。それによって、生まれた時や、現在、未来の星の位置を知ることで、どんな性格なのか? どんなことが起こるのか? をしることができるようになるわけです。そんな占星術に「魔の時間」というものが存在しています。

魔の時間とは、「VOID TIME(ボイドタイム)と呼ばれているもの。「VOID」とは英語で「空白・無効」といった意味をもっています。占星術では、惑星が他の惑星と特定の角度を作っている時、そこから意味を読み取るのですが、そういった意味を持った角度をどの天体とも作っていない時を「ボイドタイム」と呼ぶのです。定義上では、すべての惑星にボイドタイムが存在しているのですが、一般的にボイドタイムといった場合は、月がどの惑星とも意味のある角度をなしていない時間をことを指すようです。

なぜ、月だけなのか? 月がスピリチュアルな惑星という意味合いもあるでしょうが、ある占星学者が、月が他の惑星と意味のある角度をとっていない時に占いをすると、クライエントとの意思疎通がうまくいかなかったことが多かったことが、ボイドタイムを提唱するきっかけだったといわれていますので、そもそもの始まりからして、月がポイントになっていたわけです。

この時間帯は重要な意思決定をしない、新しいことをはじめてはいけない、重要な会議はしないなどが薦められています。なぜなら、判断力が低下し、コミュニケーションや感情面でのトラブルが起こりやすくなるからなのだそうです。また、ボイドという名前が示すとおり、この時間帯に決めたことは、多くが「無効」になるともいわれています。

月は比較的活発に動きますので、ボイドタイムは2日に1度は必ず発生します。時間はまちまちで、数十分で終わることもあれば、1日以上続くこともあります。魔の時間といわれて、物事を決めたら無効になってしまう…など、ちょっと怖いイメージがあるボイドタイムですが、判断力が落ちたり、コミュニケーションに問題が出る反面、リラクゼーションには適しているという説もあります。

意思決定が必要なことではなく、自分自身を見つめる瞑想をしたり、ヒーリングを行ったり、掃除や家事などのルーチンワークを行ったりするのには、普段よりも適しているということですので、魔の時間といっても、用は扱い方次第ということです。

ボイドタイムを知りたい、という方はスマートフォンのアプリで、現在がボイドタイムかどうか調べたり、次のボイドタイムがいつかわかるようなものがいくつもありますし、WEBサイトを検索すると、今年のボイドタイム一覧が掲載されたものが見つかると思います。

魔の時間といって、ボイドタイムをことさら恐れる必要はありませんが、判断力が弱くなるということを前もって知っていれば、無用なトラブルからは逃れることができるようになりますので、ボイドタイムを把握しておくというのもいいのではないでしょうか?