ココリラ読者の皆様。明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

早速ですが、初詣には行かれましたか?例年、最も参拝客が多いのは明治神宮だそうですが、今年、式年遷宮を迎える伊勢神宮について面白い情報をいただいたので、今年の連載は、神宮の式年遷宮についてレポートからスタートさせていただきたいと思います。

本年、平成25年に伊勢神宮では式年遷宮が執り行われます。式年とは定められた年という意味で、ほぼ8年の歳月を要して正殿・神宝をはじめすべてを新調・新造し、ご神体を新宮へ遷すことを表しています。

その歴史は古く約1300年前、天武天皇がお定めになり、次の持統天皇の4年(690年)に、第1回の式年遷宮が行われました。社会が乱れた戦国時代や、第2次世界大戦の時代に見送られたこともありますが、ほぼ20年に一度執り行われ、平成25年は第62回目にあたります。

式年遷宮の意味としては、

・神宮の社殿は桧の素木造りで屋根が茅葺きであるため、常に清々しい姿を保つには20年を限度として建て替える必要がある

・宮大工、御神宝装束を調進する工匠などの伝統技術を次代に伝承するには20年が適当である

・昔は20年を満数といって、20年経てば全てが初めに戻るという考え方があった

・古代日本の経済を支えた稲(乾した飯)の貯蔵年限が20年であったから

など、さまざまな説がありますが、先日スピリチュアルに詳しい方からこんな説を教えていただきました。

・新築の建物から発せられるエネルギーは、約25年で終わる。本来は、日本中の建物を25年ごとに建て替えることが理想だが、それは不可能なため、日本中の建物を代表して伊勢神宮が式年遷宮を執り行ってくれている、というものです。(20年に一度なのは念のため早めに執り行っているためです)

建物が使用可能の状態であっても、老朽化することは汚れ(ケガレ。気枯れ。)である。これは、神道の精神である常若(とこわか)にも繋がります。

この話を某出版社の神社担当の方にさせていただいたところ、建物のエネルギーについての話を他でも耳にしたことがあるということでしたので、きっとこういう意味も含めての式年遷宮なのだと思います。

天皇陛下が常に日本の平和、日本国民の平和を祈ってくれているように、伊勢神宮は「日本全体の建物のエネルギーを新しくしてくれている」。そう考えたら式年遷宮が今日まで、脈々と続けられてきたことで日本全体が守られているのだと感じました。

ちなみに、今回の式年遷宮の総費用は550億円といわれています。その費用は、伊勢神宮に参拝される方からのお布施、お賽銭、御祈祷などや、神社本庁に属する日本中の神社経由での寄付など、すべて国民の浄財によって賄われているそうです。

そして、建て替えられたあとの古い建築材は、神宮内の他の社殿や施設に使用したり、日本各地の神社に譲り渡したりして再利用されています。また、式年遷宮で余った木材の一部は、神宮のおみやげ物として加工されています。

伊勢神宮には、新しいエネルギーを取り入れていくチカラと、古いものを大切にするチカラと、日本人の真心が込められている、だから特別な場所なんだと感じました。

今度、伊勢神宮にお参りさせていただく際には、建物のエネルギーをもっと感じてみたいと思います。

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

今回は、ココリラ読者のterasaさんより鑑定のご依頼をいただいた~あいさん~のことだま鑑定をさせていただきます。

あいさんの「あ」とても明るく積極的。そこにいるだけで、周りをパッと明るくするパワーを表しています。
「い」は、興味を持ったことについて全力であたり活路を切り開いていくパワーを表しています。

「あい」さんは、とても素直で好奇心旺盛。思ったことがそのまま顔に出やすい感情表現の豊かな人です 。何かをひらめくとすぐに行動に移したくなり、行動力は抜群。反面、やる気がある時とない時の差が激しく、気分の上下が激しい部分があったり、チャレンジ精神旺盛で、試してみてもカタチにならないこともありますが、自分を信じてまっすぐ進んでいくことが大切な人です。

次回は、ココリラ読者のまっちょ さん、ななえ さんさんより鑑定のご依頼をいただいた「ことみ さん」のことだま鑑定をさせていただきたいと思います。

あなたの気になるお名前もぜひ投稿してみてくださいね。

■ ことだま伝道師 水蓮 プロフィール
ことだま伝道師 水蓮ことだま伝導師水蓮流家元・作家・ライター
いくつもの会社で OL 経験をするものの何となく自分の居場所がみつからず…
2008年 ベストセラー『名言セラピー』の著書、ひすいこたろう氏のメルマガに感銘を受け、命名言霊学協会・山下弘司先生のもとで「名前のことだま」についての学びをスタート!
ことだま師として日本古来の “ひらがな” に焦点を当てた「ことだま鑑定」で 2,000名の鑑定に携わるうち、名前の持つ音の響き『ことだまの波動』が性格にも影響していることに気づく。
2011年11月~『水蓮流ことだま開運術』としてオリジナルメソッドを発信。
ブログ 水蓮流ことだま開運術

著書『人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方』
(ソフトバンククリエィティブ社 2010年10月リリース)。