「1回の受講で、顔つきが変わる、5回の受講で体質が変わる、10回の受講で人生が変わる」と話題のヨーギック・ロゴセラピー

10月23日に開講し、ヨーガのイメージが大きく変わったと話題の「ヨーギック・ロゴセラピー」。今回は、初回に参加された方の感想を交えながらレポートをお送りします。

今回、インタビューにお答えいただいたのは30代で営業職として働いている女性Aさんです。講座を体験された直後にお話を伺うことができました。


―今回、大村先生の講座に参加されたきっかけと、今回の感想を教えてください。

「スピリチュアルな健やかさを実現する」という言葉に惹かれて参加させていただきました。
大村先生の講座を受講するまでは、エクササイズのイメージでヨーガを捉えていたんですが、先生のお話を聞いていると、身体を動かすだけではない奥深いヨーガの世界、そして精神世界とヨーガの深い繋がりを感じることができました。


―座学があるヨーガ教室って珍しいですよね?

ヨーガをやる気まんまんで来てたので、ちょっと驚きました(笑)。でも、座学を聞いていると、先生の中から泉のように次々と湧き上がる知識のシャワーを浴びているような感覚になりました。先生が伝統ヨーガの聖地へと旅されたお話だったり、『禅』が実はヨーガの一部分から派生したものだというお話が、とても興味深かったです。座学があることで、より後から実践するヨーガへの理解が深まっている感じがしました。


―今回の講座では、目を閉じてヨーガを実践していましたが、どうでしたか?

これまで思っていたヨーガだと、一番ポーズが大切だと思っていたんです。最初は「正しいポーズを取れているんだろうか?」という戸惑いが心を占めました。
終わったあと先生にお話しを伺ったら「もちろん、どうしても『正しいポーズが取れていないかも?』と気になったら薄目を開けて見ても良いです」と仰っていただけて、ちょっと安心しました。


―ヨーガはこれまでに体験されていたんですか?

ジムで少し体験した程度ですね。先生の声に導かれながら、ポーズを変えて行くのは同じでしたが。ジムのエクササイズを重視した「そんなポーズ身体柔らかくなきゃ無理でしょ!?」というものは、大村先生の講座には一切ありませんでした。
適度に筋肉にストレスを与えることで刺激し『緊張と緩和』を身体に与えることで、徐々に無駄な筋肉の張りや、緊張がほぐされていくのがわかりました。


―これまでのヨーガのイメージとは全然違うものだったんですね?

ホントにそうです!身体全体が深くリラックスしていく感覚が、すごく心地良い時間でした。床に仰向けになるポーズのときは、あまりの心地良さにそのまま眠りに落ちそうな状態でしたから(笑)。


―読んでいただいている方に、実際に体験してみてのオススメポイントを教えてください。

実技中は、目を閉じ、視覚情報を遮断することで、心の深い部分と向き合いながらヨーガをしている感覚です。先生の声が、本当に心地良くて、誘導瞑想を受けているような気分にもなりました。
表面的なエクササイズを越えた、自分の奥深くへとアプロ―チしていく感覚は、他の講座ではなかなか味わえないものだと思います。


―ありがとうございました!

インタビューにお答えいただいたAさんに、「体験してから何か変化が起きましたか?」と後日連絡してみたところ、「アーサナ(ヨーガ体操)を寝る前に少しやるようになってから、眠りが深くなった気がします」とおっしゃっていました。

大村慈心さんによるヨーギック・ロゴセラピーは今後隔週火曜日に開催される予定だそうです。11月は6日(火)と20日(火)、12月は3日(火)と17日(火)に開催されるようですので、気になっている方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

大村慈心「ヨーギック・ロゴセラピー」オフィシャルサイト http://www.jma-inc.jp/ylt/