運命の人と結婚する方法はシンデレラが教えてくれた(マガジンハウス)
≪ 運命の人と結婚する方法はシンデレラが教えてくれた(マガジンハウス) ≫

先日、「運命の人と結婚する方法はシンデレラが教えてくれた」の著者、斎藤 芳乃 さん とお話させていただく機会がありました。芳乃さんは、幼い頃から霊能力があり、読まなくても本の内容が分かる・人の悩みの原因を読み取るなどのリーディングを行っていたそうです。私もメッセージをいただいたのですが、込み入った内容を、一気によどみなく伝える様子を見て、芳乃さんのカウンセリングを受けると1度で劇的に現実が変化する理由がよく分かりました。また、「時代の流れが速くなっている」という話題が出たのですが、これについて興味深いことに気づいたので、シェアさせていただきます。

芳乃さんのリーディングによれば、「時代の流れが速くなっている…」というよりも「潜在意識が現れてきている」そうなのです。

今、時代の変化が早く、人々の意識が変わりやすいと感じていらっしゃる方も多いかも知れません。

けれども、それは単に、2012年を迎えたことで時代の流れが速くなっている…ということではなく、「潜在意識にくすぶっていたものが、次第に現れている」ということが起きているんですね。

~中略~

今時代の流れが速いと感じているということは、3年ほど前に考えていたことの現実化が始まっている…ということなんですね。

人はおおよそ2年半~3年くらいのスパンで、自分自身の意識を大幅に書き換えていきます。言ってしまえば、今、考えていることは3年後には確実に現実化するということです。

記事の中にある、「人はおおよそ2年半~3年くらいのスパンで、自分自身の意識を大幅に書き換えていきます。」という言葉に触れたとき、頭の中に「石の上にも3年」ということわざが浮かびました。

「石の上にも3年」とは、冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえですが、スピリチュアルな視点から見ても3年経つと現実化していくということを知って、古人は潜在意識の書き換え期間を感覚的に知っていて例えたんだろうなぁ、と感じたのです。「ことわざ」には、古人の知恵がいっぱい詰まっていることを再認識しました。

また、芳乃さんの著書「運命の人と結婚する方法はシンデレラが教えてくれた」の第一章を、特設サイト にて無料で読むことが出来ます。運命の人に巡り逢い、幸せな結婚をしたいけれど、どうしたらいいのか分からないという方に、きっとヒントを与えてくれると思います。ぜひチェックしてみてくださいね♪

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

今回は、ココリラ読者の さくら さんより鑑定のご依頼をいただいた~さなえさん~のことだま鑑定をさせていただきます。

さなえさんの「さ」は、世間の常識に縛られず、自分が楽しい・心地よいことを求めて、常にアンテナを張り巡らせている性質。

「な」は、理想が高く、完璧主義な個人プレーヤーで、協調して物事に取り組むよりは、一人でコツコツ積み上げていく部分。

「え」は、自分が興味を持ったことに対して一直線に突き進むチカラをあらわせいています。

さなえさんは、好き・嫌いの感覚で物事を判断していくチカラに優れた人です。苦手なことをムリに続けると、極端にストレスがたまってしまうので、好きなコトが出来る環境を整え行動していくことが大切です。
一度決めると、周りがびっくりするくらいのスピード感で行動していくチカラがあり グループ行動よりも一匹狼的に自由に動き回っていた方が性にあっています

次回は、ココリラ読者の 慧子さん、ぱんちゃんさん、ころんさん、コロンさん、ゆんたんさん より鑑定のご依頼をいただいた「けいこ」さんのことだま鑑定をさせていただきたいと思います。

あなたの気になるお名前もぜひ投稿してみてくださいね。

■ ことだま伝道師 水蓮 プロフィール
ことだま伝道師 水蓮ことだま伝導師水蓮流家元・作家・ライター
いくつもの会社で OL 経験をするものの何となく自分の居場所がみつからず…
2008年 ベストセラー『名言セラピー』の著書、ひすいこたろう氏のメルマガに感銘を受け、命名言霊学協会・山下弘司先生のもとで「名前のことだま」についての学びをスタート!
ことだま師として日本古来の “ひらがな” に焦点を当てた「ことだま鑑定」で 2,000名の鑑定に携わるうち、名前の持つ音の響き『ことだまの波動』が性格にも影響していることに気づく。
2011年11月~『水蓮流ことだま開運術』としてオリジナルメソッドを発信。
ブログ 水蓮流ことだま開運術

著書『人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方』
(ソフトバンククリエィティブ社 2010年10月リリース)。