日本で初めての芸能人?

日本で初めての芸能人というと、どんなイメージがあるでしょうか? テレビに最初に登場した人? それともラジオ? 能や歌舞伎役者をイメージする人もいるかもしれません。

日本で最初に芸能を生業とするようになった人、つまり芸能人は「傀儡師(くぐつし)」と呼ばれる人々だったのではないかと言われています。

彼らの存在は平安時代ごろから記録に登場するのですが、それより以前にも活動していたそうです。それが芸能人として認知されたのは、一部の傀儡師たちがお寺や神社のお抱えとして雇われたからなのです。

元々は全国各地を旅しながら狩猟と芸能で生活していた集団だったのですが、寺社に雇われることで芸能に専念することができ、さらに貴族からのバックアップを受けることもできるようになった結果、その技術が後の能楽や歌舞伎へとつながっていったのです。まさに芸能の大元とも言える存在です。

彼らは、自分たちも踊ったり、手品を見せたり、歌ったりしていたそうですが、メインとなるのは操り人形を使った芸だったとされています。これは後に人形浄瑠璃(じょうるり)や文楽などへとつながるのですが、この人形を使った芸は呪術的な力を持っていたとも言われています。

現在でも踊りは、神楽や剣舞として寺社に伝わっていますが、人形を使って舞を舞うことで、祈祷(きとう)や祓(はら)い託宣なども行っていたのだそうです。また傀儡師の女性は巫女(みこ)のような行為を行う一方で、遊女的な役割もこなしており、世界中の古代の巫女に共通するいわゆる神聖娼婦だったそうです。

人形を使った呪術的な儀式は現代ではほとんど姿を消してしまいましたが、比較的最近までその伝統を続けていた神社があります。それは全国のえびす神社の総本山である「西宮神社(にしのみやじんじゃ)」。

この神社は境内に百太夫社という社(やしろ)があるほど、傀儡師の一族とつながりが強かった神社であり、室町時代頃には、神社の参道で傀儡師がご祭神であるえびす様の人形を使って、さまざまな芸を行っていたのだそうです。

西宮神社に使えていた傀儡師たちは「えびすかき」と呼ばれており、全国各地をまわってえびす様の人形を使った芸を見せて、西宮神社を宣伝していましたが、明治時代に入ってすぐに彼らは姿を消してしまいました。一体どうして姿を消したのかは定かではないのですが、後継者不足にプラスして、時代が変わって商売が成り立たなくなったので廃業したのではないかと言われています。

現存する全ての芸能の大元になった傀儡師の芸。彼らは人形を使ってどんなことを行っていたのか? 無理とはわかっていても、一度は見てみたいものです。