師弟の絆と天使のエネルギー

7月14日(土)に開催されるはずだった「ドリーン・バーチュー 1day ワークショップ in 横浜」が、航空便が欠航という予期せぬハプニングによって中止となってしまいました。多くの方たちが楽しみにしていたイベントということもあり、急遽別の形で会場を活用することになりました。いったい、どんな形になったのか、さっそくその様子をレポートしたいと思います。

7月13日(金)、会場設置中にドリーンさんが来日できないということが確定し、14日のワークショップは中止。チケット代は全額返金ということで、参加者の方々にはスタッフが一人ひとり電話をかけて説明をしました。

そんな中、遠方の方で、すでに出発してしまっていた方がいたり、予定を空けていた方や楽しみにしていた多くの方々のために、急遽ドリーンさんの弟子である ATP® の方々が無料リーディングをしてくれるということが決定! 14日に無料リーディングと商品販売会が行われることになったのです。

当日は、10名以上の ATP® の方がブースを用意して、各自の得意な方法でリーディングを行っていました。この無料リーディングは大好評で、筆者が訪れた時には、すでに満員御礼といった感じでしたが、リーディングを受けている方の顔をみると、真剣な様子、楽しそうな様子と人によって違いはあれど、みなさんがリーディングの内容に非常に満足しているようでした。

会場に入ってすぐの場所には、今回の来日中止に関する、ドリーンさんからのメッセージを見ることが出来る PC が用意されていました。会場の入口にもドリーンさんからのメッセージを訳したものが貼ってあったのですが、多くの方は会場に入ってから、もう一度 PC で直接ドリーンさんからのメッセージを受け取っていたようです。

さらに、ドリーンさんにメッセージを書くことのできるノートも用意されていました。通常のボールペンだけでなく、羽根をかたどったペンが用意されているのが、天使のワークショップにふさわしい心遣いであり、多くの人が羽根ペンを使っていました。

みなさんのメッセージは心のこもったものばかりで、ノート1ページを丸々使ってメッセージを書く人が多いようでした。書かれた内容は後ほどスタッフが英訳して、ドリーンさんに渡す予定なのですが、中には英語と日本語を併記している方もいらっしゃいました。

当初は ATP® の方による無料リーディングと物販だけの予定だったようなのですが、急遽 ATP® の方が無料で「オラクルカードの選び方」「天使とつながる瞑想法」などのワークショップを開催してくれることになり、大会場も有効活用されることになりました。大会場は、休憩所のような形で開放されていたのですが、ドリーンさんという共通の話題があるためか、参加者同士が楽しそうに交流している風景を見ることができました。

飛行機がハワイから飛べないという予想外の出来事があったにも関わらず、ATP® のみなさんがとても協力的で、来日ワークショップの中止をフォローしてくれていたのがとても印象的であり、日本とハワイで離れていても、ドリーンさんと ATP® の方々の間には確かに師弟の絆が繋がっていると感じられました。

予定されていたワークショップに比べると規模は小さくなってしまったものの、会場内にピリピリとしたエネルギーはなく、常に暖かさに包まれているような感じがありました。これは、ATP® の方々はもちろんですが、会場を訪れた方の多くが天使を好きだったことにも関係があるように思えます。

ドリーンさんが再来日できるかどうかはまだわかりませんが、何か情報が入りましたらまた、ココリラ上で報告したいと思いますので、続報にご期待ください。