占い学校スタッフから見た『イージーアストロロジーカード』

前回 は現役の占い師の方に『イージーアストロロジーカード』を、試用してもらいましたが、今回は自らも占い師でありながら、占い師を養成する学校のスタッフをされている水森太陽さんにカードを試用してもらいました。

バランガンメソッドでスタッフをやっております、占い師の水森太陽と申します。

まず、最初にデザインが綺麗だと思いました。学校の生徒さんに見せたところ、皆綺麗だという感想を持ちます。タロットやオラクルカードのコレクターなら、欲しくなってしまうように思いました。

また、タロットカード、オラクルカードを使う占い師の中には、他の人と違うカードを使いたいというニーズがありますので、そういう占い師さんは欲しくなるだろうなと感じました。

簡単に使わせていただいた感想としては、これから占星術を勉強しようという人には良いんじゃないでしょうか? というのも、デザインからサインや天体などのイメージを連想するのに最適なデザインなので、最初に占星術を覚えるときにぶつかる、マークや意味合い、サインとハウスの違いなどをクリアする学習教材として、使いやすそうなのです。

デザインのイメージから想像力を膨らませることもできるので、機械的に情報を丸暗記するより、実占の際に必要な象徴からの連想のトレーニングになるのではないかと思いました。

ただ、占い師として、実占の場で使うことを想定すると、占星術の知識があり、タロットなどでの鑑定に慣れているため、解釈で混乱するのではないかと思います。ですので、オラクル的に使う分には使えるかもしれないなというのが率直な感想です。