古代から伝わる薬草で冷えを退治!

寒い日が続きます。体が冷えると抵抗力が落ちて風邪などをひきやすくなってしまうといわれていますので、本日は、体を温め免疫力を高めるだけでなく、さらに鼻づまりや咳止め、解熱効果もあるという薬草の使い方を紹介したいと思います。

その薬草とは「波士加美(はじかみ)」。古事記にも登場するほど古くから存在しており、インドや中国では紀元前500年には医薬品として使われていたというもの。なんとこの薬草は、私たちを 2,500年以上癒し続けてくれているわけです。

ちなみに山椒のことも波士加美と呼ばれていたようで、区別するために「ふさはじかみ」「くれのはじかみ」などとも呼ばれていたようです。ここで気が付いた方もいるかもしれませんが、この薬草は現在では別の名前で呼ばれています。

現在の名前とは「生姜(しょうが)」。食材としても使われている非常にポピュラーな品物ですが、前述したようにさまざまな薬効を持っています。生姜に含まれているジンゲロールやショウガオールなどといった成分は胃液の分泌を促して、消化を助けてくれたりしますし、いくつかの菌や寄生虫を死滅させる効果もあるのだそうです。

生姜は薬草としてさまざまな使われ方をしています。生の生姜を薄切りにしたものをツボの上において、さらにその上からお灸を据えることで、熱さを軽減するだけでなく生姜の成分を体にしみこませるという方法や、生姜のすり下ろした汁を塗ることで頭痛や肩凝りの解消法にもなるのだそうです。

そんな中で、もっともポピュラーな使用法というと「生姜湯」があげられます。体を温めて冷え性を改善すると共に、免疫力を高めてくれることから、風邪のひきはじめに飲むことで、早く風邪を治してくれるというもの。

それでは簡単に生姜湯の作り方を紹介しましょう。

・ まず最初に生姜を皮付きのままおろし金ですり下ろします。
・ すり下ろした生姜をキッチンペーパーなどで包み、汁を搾り出します。1人前なら小さじ2杯程度の量がとれれば充分です。
・ 絞り出した汁に熱湯を注ぎましょう。だいたい 100~150cc 程度が目安です。
・ あとはお好みで蜂蜜を入れて味を調整します。

ポイントとなる点は2つ。

まずひとつ目は、生姜を皮付きのままですり下ろすこと。生姜にはさきほど紹介した成分以外にも 400種類以上の成分が含まれており、それが皮の下の細い管に沢山流れているので、皮をむいてしまうとせっかくの成分が抜けてしまうのです。

ふたつ目は、温度に気をつけること。さきほど紹介したジンゲロールは免疫力を高める作用があるのですが、これが加熱されて 30℃を越えると血行をよくし、体を温めてくれるショウガオールに変わるのです。だいたい 60℃で半々の割合になり、100℃を越えるとショウガオールが優勢になるようです。

ですので、免疫力を高めたいならば 40~50℃程度、体を温めたいならば 90℃程度、両方をほどよくというのならば 70℃程度のお湯を使って生姜湯を作るのがベストということになります。

身近に有りながら、非常に強い薬効を持つ生姜ですが、さらにスピリチュアルな要素と、以前紹介した 麹(こうじ)のパワー を併せ持つ飲み物があります。その名も「神社エール」。

ジンジャーエールをもじった冗談のような名前ですが、神社の参道という素敵な立地に位置する「古町糀製造所」 というところが、麹と生姜の絞り汁を混ぜて作ったという非常に健康に役立ちそうな飲み物です。

自分で生姜湯を作るのも手軽でオススメですが、3つのパワーがあわさった神社エールを手に入れて飲んでみるのも面白いかも知れませんよ♪